暖かくなってきました♪


by kappy
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
お笑いライブ鑑賞の翌日。
午後からチングとランチの約束があり、それまでは時間があいていたので、
「パワースポット」巡りをすることにしました。

事前にネットで調べてみたところ、
代々木八幡宮と明治神宮が都内のパワースポットとのこと。
しかも、2ヶ所は遠くない。
というわけで、パワースポットのはしごをすることにしました。
まずは、代々木八幡宮へ。
交通量のとても多い幹線道路沿いにありました。
階段を上っていくと、とても静かな空間が広がります。
そこだけ別世界のような感じ。
f0057453_21494012.jpg

日陰でひと休みして、いざ出発!と歩き出すと、竪穴式住居を発見!
f0057453_2150615.jpg

どうやら、昔はここにあったらしく、何年か前に復元したとのこと。
こんな都会に竪穴式住居があるなんて、とても不思議な感じ。
近所にこんなスポットがあったら、通うのになぁ~と思ったのでした。

次に向かったのが、明治神宮。
原宿駅から歩いてすぐでしたが、歩いても歩いても、砂利の参道で、
なかなかお社が見えてきません。
一つ目の鳥居をくぐり、
f0057453_21503237.jpg

またしばらく歩いて、二つ目の鳥居をくぐると
f0057453_21505437.jpg

やっとこお社が見えてきました!
それまでの両脇に木がうっそうとしていた景色とは違って、
広々とした清々しい空間が広がっていました。
流れる空気が何となく違う感じがしました。
お参りをして、ベンチでひと休み。
とにかく立派な御神木に癒されます。
f0057453_21512115.jpg

私が休んでいたベンチの隣りに、外国人のカップルが座っていました。
疲れたらしく、男性が女性に膝枕をしてもらっていると、
警備員の方がしずしずとやってきて、注意していました。
さすがに、神聖な場所だということなのでしょうか?
とにかく、外国人比率が高くて、隣り合ったベンチに座っていた人たちが、
同じ土地から来たらしく、話が盛り上がってました。

そうこうしているうちに、約束の時間が近づいてきたので、ハチ公前へ移動。
チングと無事におちあって、ランチに出かけました。
平日の昼間だというのに、並んで待っている人がいます!
さすが、都会(笑)
ホテルの最上階にあり、見晴らしがとてもいいところで、
お昼からアルコールをいただきながら、デザートまでバッチリいただきました。
しかも、話に花が咲きすぎて、閉店時間ギリギリまで…(苦笑)
楽しい時間を過ごすことができました。

帰りは経費削減のため、新宿から3000円の高速バスを利用。
これがけっこう快適で。
また使ってみようかなぁ~と思いました。

勢いで決まった今回の旅でしたが、声をかけたチングが快く時間を作ってくれ、
おかげでとても充実した2日間でした。
みんな、ありがとう!
[PR]
by k_kappy | 2008-07-06 15:18 | 旅行

那須へ(2)

昨日に引き続き、那須旅行2日目をお伝えします。
(1日目はこちら

ペンションでの朝食は、とってもゆったりした時間の中で美味しくいただきました。
サラダ、卵料理、ブロッコリーのスープ、白パン&ロールパン、バナナヨーグルト。
コーヒー又は紅茶が飲み放題。
パンについていたバターといちごジャムは自家製だそうです!
とてもヘルシーな朝ゴハンでした。

チェックアウトの時には、オーナーさんが写真を撮ってくれました。
そういえば、フロントの壁にたくさんの写真が貼ってあったなぁ~と思ったのですが、
泊まったお客さんの写真を撮っているようです。

前日の天気とはうってかわって、真っ青な空が広がる快晴でした。
メインストリートに出ると、10時過ぎだというのに、もう渋滞が…。
最初に向かったのは、那須ステンドグラス美術館
ここもまた洋風な感じで、建物の中を歩いたり敷地内を移動すれば、
日本じゃない感じがしました。
きれいなステンドグラスがそこここにあり、
時間によっては、教会のような建物で
オルゴールやパイプオルガンの演奏を聴くことができました。
敷地内には、教会があって、ここで結婚式を挙げることができるそうです。
その教会の中にもキレイなステンドグラスがたくさんありました。
最終日ということもあり、買い物魂に火がついてしまいました(笑)

次に向かったのは、チーズガーデン
行く時に見かけて、お土産を買うならここがいいなぁと思っていたのでした。
チーズガーデンというだけあって、いろいろな種類のチーズやチーズケーキ、
他にはワインやらサンドイッチやサラダなどの食品やらがたくさんありました。
そこここに試食品が置かれていて、とりあえず次々と味見をしてみました♪
美味しゅうございました~♪
そして、また買い物魂に火がつき、買い物カゴガいっぱいに…。
お買い物が終わったところで、ちょっと小腹が減りました。
お土産が売っている建物の向かいにはカフェがあったので、そこで一休みしました。
朝ゴハンをしっかりいただいたので、時間的にはランチの時間でしたが、
そこまでしっかり食べられそうになかったので、スイーツ&お茶にしました。
天気がよかったので、テラスの席で美味しいチーズケーキをいただきながら、
美味しいお茶を飲みました。
なんだかとっても優雅な気分でした。
お腹にもうちょっと余裕があったら、お食事系もいただきたかったです。

まだまだ周りたいところはありましたが、仙台から遠くないことが分かったので、
またの機会にとっておきたいと思います。
暖かい季節にはとってもいいし、
何回か来ることでお気に入りの場所を見つけられるところだなぁ~と思いました。
日帰りで行ける関東圏の皆さまがうらやましいです!
[PR]
by k_kappy | 2008-05-10 21:21 | 旅行

那須へ(1)

「黄金週間」ラスト2日で、那須へ行ってきました。
仙台からはけっこう近く、新幹線だと1時間です。
今回は、那須塩原まで新幹線で、その後はレンタカーで移動しました。

デジカメを持って行ったにもかかわらず、一枚も撮ってません(苦笑)
文章とリンクだけでお伝えしますが、ご了承ください。

9時台の新幹線に乗って、那須塩原へ。
11時前には那須塩原駅へ到着。
駅でレンタカーを借りて、一路那須塩原高原方面へ。
高速道路の入り口のちょっと手前から渋滞です。
関東圏の人たちは、日帰りで楽しめる距離ですよねぇ~。
それに、那須は公共交通機関があまりないので、動く時は自家用車が多いでしょう。
だから渋滞するんですね。
道路の両側がお店でにぎやかになってくると、渋滞も便利なものです。
どんなお店があるのかチェックできるので、よかったです。

まずは、石の美術館へ。
フツーののどかな町並みの中に突然水と石の空間が広がります。
のどかな町並みなだけに交通量が少ないので、とても静かな空間で癒されます。
いくつかの建物があり、中に入るとグランドピアノが置いてある建物があったり、
壁から光が差し込むようにデザインされている建物があったりと、
一つひとつの建物に入るたびに新鮮な気分になりました。
この美術館は、那須のメインストリートからはかなり離れています。

那須のメインストリートに戻る頃にはお腹が減ってきました。
ガイドブック片手にどこでお昼を食べようかと悩んでいたら、
美味しそうなスイーツが載っているお店がありました。
ごはんも食べられる所だったので、そこに決定!
その名も三匹の猫
1時過ぎに行ったものの、店内は満員でした。
併設されているギャラリーで待てるということだったので、
そちらで絵や陶器を見ながら待っていました。
席が空き、やっとごはんタイムへ。
注文したのは、海鮮パエリアとシフォンケーキセット。
海鮮パエリアが和の器に入ってきました。
なんだかミスマッチな気がしますが、
黄色いパエリアが黒い器に入っていて、しっくりくるんです!
美味しくいただいた後は、デザートのバナナシフォンケーキが紅茶とともに登場♪
このシフォンケーキ、見た目もフォークを入れた感じもフワフワですが、
食べてみると、そのフワフワ感をいい意味で裏切ってくれました。
フワフワだけど、しっかりしてる…
う~ん。うまく表現できませんが、とにかく美味しかったのでした♪

お腹がいい感じで満たされ、次に向かったのは、エミール・ガレ美術館
こちらは、エミール・ガレさんのガラス作品がたくさん展示されています。
またショップがあり、食器やアクセサリーがありました。
建物自体がとても洋風で、イタリアかフランスあたりにでも来たような錯覚に陥ります。

黄金週間直前にもかかわらず、奇跡的に空いていたこの日の宿、アルタニー
チェックインの時に、水筒を渡されました。
中身はジャスミン茶。うれしいサービスです♪
部屋には液晶テレビ・DVDビデオプレーヤー・ラジカセがありました。
階段の踊り場には洋画・邦画のビデオ・DVD、音楽CD、
サッカー・野球のビデオ・DVDがあり、好きなものを部屋で観ることができます。
この日の宿泊プランは晩ゴハンがついていなかったので、
晩ゴハンを食べに行くまでの間に、映画を1本観ました。

晩ゴハンを食べに車を走らせたわけですが…。
昼間とはうってかわって開いているお店が少なく、
お店によっては外まで行列ができていました。
そんな中、決めたのはイタリアン。
決め手は看板の「薪窯焼ピッツア」の文字。
カフェ ロルモというお店です。
ここもご多分にもれず並んでました(泣)
でも、くじけずに並びました。
正確には、お店の軒下にあった椅子に座って待ってました。
この日は夕方から雨が降ったり止んだりし始めて、外で待つにはさすがに寒くなってきました。
そんな時、お店の人がひざ掛けとメニューを持ってきてくれました。
メニューを見ると、空腹感がさらに増してきます。
やっと入って、いただいたのは
「具だくさんのミックスピッツァ」と「なすとベーコンのトマトソース」。
えらくお腹がすいていることもありましたが、二つともとても美味しゅうございました!
店内はウッディーな感じで、とても居心地がよかったです。
車じゃなきゃワインもいただけたのに~!

ペンションに戻って、おフロへ。
部屋ごとに入る時間を決め、40分間の入浴タイムです。
おフロが2つありました。岩風呂とジャグジー。
両方にゆっくりつかりたかったので、早々に洗うことを済ませました。
岩風呂はちょっと熱めで、こちらにちょっとつかった後にジャグジーへ。
ここでゆ~ったりつかりました。

ペンションで晩ゴハンが食べられなかったのがちょっと残念でしたが、
かなり充実した1日目を過ごせました♪
2日目はまた次回!
[PR]
by k_kappy | 2008-05-09 21:23 | 旅行
昨年、能登旅行へ行った時に出会ったSちゃんは、
日本制覇まであと4、5県と言っていた。
お父さまが転勤族ということもあり、
どこの県に行ったことがあるかを、ある日、数えてみたら
日本制覇も遠くないということが分かったらしい。
それからは、意識的に行ってない県に旅行に行くようにしているとのこと。
そこで、私もSちゃんにならい、自分の記憶をたどってみようと思う。
第1回の今回は、「北海道・東北」編。

北海道
釧路:社会人1年目の洋上研修で寄港。摩周湖、納沙布岬、釧路湿原を訪問。
札幌:春スキーをしに行き、札幌市内のホテルに宿泊。夜はすすき野へ♪
キロロリゾート:これまた、スキーをしに。
小樽:キロロへスキーをしに行った時に、一日観光。

青森県
五所川原市:大学時代、部活の試合で。
青森市・むつ市・六ヶ所村・東通村・弘前市:出張です(泣)

秋田県
男鹿市:社会人になってから、夏休みにチングたちと車で旅行。男鹿温泉に宿泊。
     その後、昨年仕事で訪問。
大曲市:大学時代、部活の試合で。
能代市:昨年、仕事で訪問。

岩手県
宮古市:大学時代、チングたちと車で旅行した際、気仙沼に宿泊後、足を伸ばしてドライブ。
雫石町:小岩井農場へ家族旅行で行ったり、チングとドライブで行ったり。
     何度行っても楽しい所♪
盛岡市:夏に行われる、「さんさ踊り」を観に大学時代にチングたちと。
滝沢村:大学時代、部活の試合で。

山形県
山形市:大学時代のチングの結婚式で。
天童市:↑このチングの実家へお泊り。
鶴岡市:大学時代のチングの嫁ぎ先へお泊り。
東根市:半分仕事で…。

福島県
福島市・郡山市:出張で(泣)
会津若松市:開運旅行♪
磐梯町:チングたちとアルツ磐梯スキー場へ。

こんな感じで、北海道・東北エリアは制覇です!
まぁ仙台に住んでいるので、車で気軽に行けるし、日帰りできる場所も多いので、
当然といえば当然でしょうか?
続編をコツコツとお送りします!
[PR]
by k_kappy | 2008-04-13 20:10 | 旅行

大人の修学旅行(5)

今日でラストです!
今までの記事はこちら↓
「大人の修学旅行(1)」
「大人の修学旅行(2)」
「大人の修学旅行(3)」
「大人の修学旅行(4)」

9月24日(月)
最終日はスタッフの皆さんが作ってくださった朝ごはんをいただきました。
とてもヘルシーで美味しかったです!
スタッフの皆さんは何時に起きて作ってくれたのかしら?と思うと、
感謝の気持ちでいっぱいです。

朝食後はバスで輪島の朝市に移動です。
輪島の朝市は、何度かテレビで見たことがありました。
現地に着いて、ちょっと笑ってしまったことがあります。
それは、道路の看板。
左に曲がると輪島の朝市という表示があったのですが、
「朝市」と書いてある下に、英語で次のように書いてありました。
「Asaichi Market」
ん?これじゃあ、朝市市になっちゃう(笑)
高速道路にある、川の表示と一緒ですね。
広瀬川が、「Hirosegawa River」って書いてあるやつ。
ちょっと笑っちゃいました。

さて、朝市ですが、道路の両側にいろいろなお店がありました。
右も左も見ながら歩くのは大変なので、まずは右側のお店を見て、
最後まで行ったら、逆側を見て帰ってくることにしました。
10時を過ぎていたせいか、お魚類は生のものはほとんど売れていて、
残ったものを叩き売りにしている状態でした。
干物はとっても魅力的だったけれど、5種類で1000円也。
買っても食べきれないなぁと思って断念。
私の戦利品は…
①いしる(いかといわしを使った魚醤)
②いしるクッキー(いしるを原料に使ったクッキー)
③青のりと岩のりの佃煮
④金箔入りあぶらとりがみ
⑤わかめ

①はちょっと興味があって、安かったので買ってみました。
パスタに使ってもいいそうです。
②は輪島実業高校の生徒さん達が売っていて、試食させてもらったし、
前日の稲刈りに参加してたなぁ~なんて思ったら、
親心で(誰が親よ?)思わず買ってしまいました。
けっこう美味しかったです。
③これまた試食させてもらったんですけど、美味しかったんですよ~!
2個で500円という破格のお値段だったので、買っちゃいました。
デパートの催事場で行われる物産展に出展しているとのことで、
その時は、1個500円で売るそうです。
ホントかどうか分からないけど、得した気分でした♪
④昔、金沢土産で友だちからもらったことがあった気がして、
友だちのお土産と自分へのお土産に買ってみました。
そうしたら、菜ばしをオマケにくれました♪
⑤5個で1000円で売っていたのを、一緒に歩いていた友だちが買いました。
「5個は私には多いんだよね~」とつぶやいたら、
「んじゃ、1個売ってあげるよ!」と言ってくれたので、譲ってもらいました。
おばちゃんの話だと、はさみで細く切っておみそ汁に入れてもいいし、
細かくしてご飯にかけてもいいそうです。

戦利品を持って、集合場所である「ふらっと訪夢」に向かいました。
ここは、旧輪島駅だそうで、ここに辿り着くまでの街並みは
「ふらっと訪夢」と同じような建物が並んでいました。
景観を保つために補助金を出して、改装したお店が並んでいました。
ソフトバンクのお店もすっかり和風でした。

「ふらっと訪夢」でお昼を食べたあとは、2時間ほど時間があったので、
工房長屋でMy箸づくり体験をしてみました。
沈金という方法で、箸に自分の好きな図柄を彫っていき、そこに漆を塗りこみ、
その後すぐに金粉をつけます。
そうすると、彫った図柄に金粉が入っていくのです。
絵心がない私は、こういうのがとても苦手。
でも、せっかくなのでがんばりました!
最初は、プレート状のものに練習。
しかし、何分もやっていく間に、手が疲れてくることに気づきました。
あまり練習しすぎると、本番に余力がなくなるという悲しい結果に…。
そうなる前に、あきらめて(?!)本番へ。
細い箸に描いていくのはとても難しかったです。
しかも端が丸くなっているので、勢い余って変な筆跡が残ります。
ま、これも味ということで、とあきらめて、お店の人に仕上げをしてもらうことに。
目の前で出来上がっていく様子を観ていたら、ものの5分ぐらいで出来上がりました。
f0057453_2039392.jpg

ちょっと見にくいかもしれませんが、ハングルで名前を彫ってみました。
金粉をつけたら、自分の彫った図柄がステキに見えるから不思議です。
ステキなMy箸ができました♪

ちょっと時間があったので、その後足湯につかりに行きました。
飲める温泉が出ていて、飲んでみたらしょっぱい!
ちょっとビックリでした。
湯船に足を入れてみたら、あっつい!
これまたビックリでした。
42度ぐらいということで、上がる時にはお湯に使っていた部分だけ
靴下を履いていたように真っ赤になりました。
足はポカポカで帰りのバスでは、グッスリでした。

私は翌日仕事が休めなかったので、高速バスでは帰らず、
東京組の皆さんと一緒に飛行機で羽田空港まで行き、新幹線で帰ってきました。
この旅行、本当に行ってよかったです!
充実した2泊3日(実質は3泊4日)を過ごすことができました。
輪島っていいところだなぁ~と思ったけれど、
せっかくの3連休なのに思ったより旅行客が少なくて、残念でした。
本当にいいところなので、ぜひ行ってみてくださいね!
それから、全国から集まってきたので、色んななまりが聞こえました。
中でも、女の子の関西弁のカワイイこと。
恥ずかしくて仙台弁なんて話せません(汗)
でも、仙台に住んでて関西弁をつかうのも変だし…。
あの関西弁のゆったりした感じだけでも
自分のしゃべり方に取り入れてみようかなぁと思ったのでした。
最後はなんだか変なまとめ方になってしまいましたけど…。
ま、とにかく本当に楽しかったのでした♪
[PR]
by k_kappy | 2007-10-03 20:55 | 旅行

大人の修学旅行(4)

第4弾です。
今までの記事はこちら↓
「大人の修学旅行(1)」
「大人の修学旅行(2)」
「大人の修学旅行(3)」

稲刈りの後は、この日の宿舎である健康の森に行きました。
バンガローで一息ついて、きな粉作り&おもちつき。
この組み合わせ、私を知っている人は同情してくれることと思います。
和菓子が苦手な私には、ちょっと辛い組み合わせ(涙)
父上は、晩ゴハンのデザートとして大福が食べられた人なのに、
その娘である私は大福はこの世になくても生きていけるのです。
アンコ、きな粉は苦手。
というわけで、この時間はとても静かでした。
石臼できな粉を作るのを遠巻きに見つつ、
腰痛持ちのため、餅つきにも参加できず、
でも何かしたいと思って、できあがったお餅にきな粉をまぶす作業だけは
がんばって参加してみました。
皆さん、美味しそうに食べてました。

その後は、バーベキュー♪
なんと、一人に1パック、シーフード(ほたて、えび、いか)が配られました。
なんと細かい気配り!
今まではほぼアルコール抜きでしたが、ここでアルコールが登場。
あまり強くない私も、せっかくなのでいただきました。
美味しく食べていると、御陣乗太鼓の準備ができたとのこと。
御陣乗大ことは何かというと…
天正5年(1577年)、上杉謙信の能登攻略のとき、古老の一計で、奇妙な面を付け、陣太鼓を打ち鳴らし上杉軍に奇襲をかけ敗走させたのが始まりといわれる。
<輪島市ホームページより抜粋>
この説明を受けて、いざ見てみるとビックリ!
太鼓の音色が予想していたよりピンと張り詰めていて、
驚かされたようにビックリしてしまいました。
太鼓は一つ置かれていて、最初は一人出てきて叩き始めました。
始まる前に違う人が出てきて御陣乗太鼓の説明をしていたので、
この二人でやるのかなぁ~と思っていたら!
次々と出てくる出てくる!
f0057453_2130037.jpg
f0057453_21301583.jpg
f0057453_21302950.jpg

最後の一枚はかなりピントがずれてますが、
最後にはこれだけの人数が出てきました。
すごく迫力があって、子どもはたぶん泣くよね、という話を皆でしていました。
御陣乗太鼓をやっている人たちの中でも、
私たちの前でやってくださった皆さんは、有名な人たちとのことでした。
しばし撮影会が始まりましたが、早々に次のお仕事に向かわれました。
事務局の皆さんも感動されていて、地元にいてもなかなか観れないそうです。
本当に貴重なものをみせていただきました。

興奮冷めやらぬうちにバーベキューに戻りました。
とにかくよく食べました♪
その後、会場を屋内に移して、みんなで自己紹介をしたり、
いろんなお題でトークをしたりしました。
バンガローに戻ってからは、代わる代わるおフロに入って、
その間にいろいろな話をしました。
なにせ、7人で一つのおフロを使ったので、
けっこうな時間、みんなでいろいろと話していました。
前日の民泊で一緒だった人たちに加えて、この日初対面の人がいましたが、
不思議と打ち解けて話が盛り上がりました。
いつもは日付が変わる前に寝ている私でも
この日はずいぶん夜更かししました。

では、今日はここまで。
いよいよ次回はラストです!
[PR]
by k_kappy | 2007-10-02 21:45 | 旅行

大人の修学旅行(2)

昨日に引き続き、輪島旅行の続きです。
(昨日の記事はこちら→「大人の修学旅行(1)」

22日(土)のすべての行程が終わり、
民泊でお世話になるお家の方々とご対面。
なんと、お寺でした!
「高野山真言宗 白雉山 岩倉寺」
こちらで、私を含めて5人がお世話になりました。
雪が降ったら上れないし、下りれなそうな急な坂を車で上がっていきます。
上から車が下りてきたら、まずすれ違えません。
そんな狭い道を車で上っていくと、境内が見えてきました。
歴史を感じる、渋い造りのお寺でした。
着いて一息ついてから、お寺の本堂を案内していただきました。
聞いてビックリ!このお寺、今の建物は1507年にできたそうで、今年で500年!
ふと天井を見ると、本堂にあるのはちょっと「?」と思われるシャンデリア。
このお寺は檀家さんを持たないお寺で、寄付から成り立っているとのこと。
このシャンデリアも寄付とのことで、使わせていただいてますとおっしゃってました。
このお寺のご本尊は、千手観音像。
実は私は千手観音好きで、大学の卒業旅行で奈良・京都のお寺を周った時、
唐招提寺と三十三間堂で千手観音像に見入っていたのでした。
ご本尊は奥の方に祀られていましたが、
近くまで見に行っていいと言っていただいたので、
遠慮なく間近で見ることができました。
そうこうしているうちに、晩ゴハンの時間。
用意されている部屋に入った途端、「わぁ~!」という歓声があがりました。
なんと、旅館のようなお食事です。
f0057453_1152832.jpg

この品数に栗ゴハンとお味噌汁、その後お刺身が出てきました。
この辺は、海も近いし反対側には山もあります。
海のものと山のものを両方いただけるのはとても幸せ♪
みんなとの話も弾んで、お腹もいっぱいになってきたところで、
なんと!天ぷらが出てきました。
f0057453_1110103.jpg

お腹がいっぱいと言いつつも、完食させていただきました。
このお寺は、住職さんであるおじいちゃんとその奥さまのおばあちゃん、
お2人の息子さんである若住職さんとその奥さま、
この若夫婦のお子ちゃまが3人(上から男の子・男の子・女の子)。
はるかちゃんという女の子がとても人懐っこくて、
私たちの部屋に遊びに来たり、ゴハンを食べているとひょっこりやって来たり、
いろんな話をしました。
晩ゴハンが終わったところで、おフロをいただくことに。
しかし…5人もいます。
お借りしたおフロはフツーの家庭用のおフロでした。
ご家族の方々はいつ入るのだろうか?とちょっと心配しつつ、
ゆっくりつからせていただきました。
5人が入れ替わり入っている間に、残りのみんなでいろんな話をしました。
この日初めて会った面々でしたが、すっかりと打ち解けました。
12時ぐらいに、みんなで就寝。

翌日、6時過ぎに起床。
寝起きがあまりよくない私は、きちんと起きられるか心配でしたが、
爽やかな目覚めでした。
朝のお勤めに出てみたいと思い、がんばって早起きをしてみました。
私たちの部屋の前を袈裟を着た住職さんが通っていきました。
もしや、朝のお勤め?と思って耳を澄ましましたが、
特に何も聴こえてきません。
とりあえず、本堂に近づいてみると、住職さんがいらっしゃいました。
失礼を承知で、本堂に入らせていただき、座りました。
すると、若住職さんが袈裟を着ていらっしゃり、
朝のお勤めに参加させてほしい旨をお話しすると、
お経が書いてある紙をくださいました。
5人そろって、朝のお勤めに参加です。
お香を手につけるのが慣わしということで、それもやってみました。
ふつうのお香よりちょっとスパイスっぽい香りがしました。
若住職さんの朗々とした声でお経を読み上げていきます。
一つ目のお経が終わって、
私たちがいただいた紙に書いてあるお経を読み始めました。
意味は何となくしか分からなかったけれど、読経のあとに説明していただきました。
「いろはにほへと…」がお経の中に登場しました。
これは空海さんが作ったものだったそうです。
知りませんでした(汗)
お経の最後に、私たちの心願成就を祈願していただきました。
このお寺は、商売繁盛とか家内安全とか、何かについて祈願してくれるのではなく、
お参りに来た人の願いを祈願してくれるお寺だそうです。
そこで、目が出るダルマをいただきました。
自分の願ったことが芽が出るようにという意味があるそうです。
ダルマを傾けると、両目がビヨ~ンと出るのです。
大事にしたいと思います。

朝のお勤めが終わると、朝ゴハンの用意ができていました。
前日の晩ゴハンに続き、また感動でした。
f0057453_11353072.jpg

前日の夜、満腹になったはずなのに、パクパクと食べられました。
この日は秋分の日ということで、おはぎもいただきました。
葉っぱや花がちょこっと飾ってあるのがとってもステキで、
後から聞いてみると、すべて庭からとってきたものだそうです。
自分でゴハンを作った時にはこんな所まで気をつけないので、
たまには、盛り付けまで気をつけてみようかなぁ~と思いました。

出発まで時間があったので、境内を散策してみました。
前日は日暮れ後に着いたので、周りの景色があまりよく分かりませんでした。
明るくなってから見てみると、絶景が見えました!
f0057453_11404470.jpg
この風景を見れば、このお寺がどのくらい高い所にあるか、
少しは想像ができるでしょうか?
f0057453_11424383.jpg

↑これが本堂に入る入り口です。
とても古さを感じます。横から見ると、こんな感じ↓です。
f0057453_11461643.jpg

私たちが使わせていただいた部屋は外から見ると、こんな感じでした↓
f0057453_11491810.jpg

晩ゴハンの天ぷらイチョウの葉が添えられていたのは、
この木からとったものかもしれません↓
f0057453_11502165.jpg
銀杏ができていましたが、我が家の近所でできる銀杏とは
比べ物にならないくらいの大きさでした!
f0057453_11531015.jpg
このお寺自体がかなり高台にありますが、山の中腹ぐらいのようです。

澄んだ空気をいっぱい吸って、しっかり森林浴をしてこのお寺を後にしました。
ぜひ、もう一度来たい!とは思うものの、この道のりを自力で来れるのかが
ちょっと心配です…。

ここまでのお話で、23日午前9時ごろまでです。
その後のお話は、また明日。
[PR]
by k_kappy | 2007-09-30 12:00 | 旅行

大人の修学旅行(1)

先週の3連休に輪島に行ってきました。
これは、「自遊カレッジin輪島2~大人の修学旅行~」というイベント。
石川県に足を踏み入れたことのなかった私は、
行ったことのない所に行けることと、悲しいかな3連休が予定なしだったことで、
参加を決意したのでした。
とりあえず、金沢までは自力で行かなければ行けません。
いろいろ調べてみたら、
①高速バスで8時間30分
②東京まで新幹線→羽田まで出て飛行機で45分
③新潟を経由してひたすらJRで5時間ほど
こんな感じで選択肢がありました。
あとは仙台-小松間で飛行機が飛んでましたが、時間が合わなかったのです。
で、おサイフとも相談して、一番リーズナブルな①で金沢へ。
夜行高速バスは、大学の卒業旅行で大阪に行った以来。
今回は私の人生の中で一番遠くまで高速バスで移動することになりました。

21時45分に仙台を出発。
さすがに連休前夜ということで、バスは2号車まで出ていました。
仙台宮城インターから高速に乗り、30分もたたないうちに消灯。
窓についているカーテンを閉め、車内の電気が全部消されました。
こうなると、寝るしかない。
座席もけっこう倒せたので、思ったより快適に寝られました♪
翌朝5時30分過ぎ、最初で最後の休憩で小矢部川SAに停車。
ふだんは最後の熟睡中。
そんな時間なのに、なぜか爽やかな目覚め♪
しかもきれいな朝日も見れました!
その後30分も走らないうちに金沢駅東口に到着。
とてもきれいな駅でした。

駅にむかえに来てくれていたスタッフの方とひとときを過ごし、
他の参加者の方々と一緒に車で移動。
能登道路を通って健康の森へ向かいました。
能登といえば、3月25日に能登半島地震がありました。
車窓からの景色や道路にもその爪あとが残されている所もありました。
私は小2の時に宮城県沖地震を経験していて、
(あらら…思いっきり年がばれるわ…)
地震の恐ろしさや、その後の大変さは経験しているつもりでした。
でも、子どもの時に経験するのと大人になってから経験するのでは、
捉え方が違ってくるなぁとしみじみ思ったのでした。
そんな深刻なこともかんがえつつ、窓から見えるきれいな海に
すっかり癒されつつ、爆睡させていただきました。

そうこうしているうちに健康の森に到着。
しばしの休憩をとって、大型バスに乗り込みます。
ここから、飛行機で到着する人たちを乗せるために能登空港へ。
そこで参加者の方々を乗せて、次に向かったところは柳田植物公園。
こちらで昼食休憩。
「植物公園」と言われて、温室があって熱帯植物があって…
なんていうものをイメージしていたけれど、全然違っていて、
緑に囲まれたとても広~い公園でした。
公園の中には星の観察館「満天星」という場所があって、
星や宇宙に関する展示があったり、プラネタリウムがあったりしました。
他には、アストロコテージという宿泊施設があって、
天体観測ドームつきのコテージが3棟と
小型望遠鏡付きのコテージが3棟ありました。
ここには、ぜひ泊まってみたいなぁ~と思いましたよ。
いろいろ散策しているうちに、関西方面からの参加者と合流。

次に向かったのは、恋路海岸。
ここにある鐘をカップルで鳴らすといいことがあるとか…。
そんな説明をバスの中で聞きながら、現地に向かったら、噂の鐘がありました。
f0057453_22105531.jpg

ん…ちょっとイメージとは違ったけど、とりあえず鳴らしてみました。
気持ちよく鳴らしたいところだけれど、かなり甲高い音が…。
まさに、近所迷惑な感じ(汗)
夜鳴らしに来る人たちもいるらしく、周辺住民の方々はさぞ迷惑なことでしょう。
鐘のあるところから海のほうに行ってみると、鳥居が見えました。
f0057453_22131463.jpg

これには悲しいお話があるそうで…
恋に落ちた娘と青年は、夜ごと娘が焚く火を目印に逢瀬を重ねていた。ところがある晩、青年の恋仇が娘を閉じ込め、別の場所に火を焚く。おびき寄せられた青年は海の深みに身を取られて命を落とし、娘もその悲しみから海へ身を投じたという
<Yahoo!トラベルより抜粋>
昔話はけっこう残酷なものが多いと聞くけれど、これもしかり、という感じ。

次に向かったのは、見附島。
f0057453_2218339.jpg

岩をたどっていけば、島に辿り着けそうな感じ。
しかし、岩をたどっていっても戻ってきた時にはバスがいないぐらいの
時間しかなかったので、断念。
もう一つ目を惹いたのは、恋路海岸とはまた違った鐘が…。
f0057453_22201014.jpg

こちらは、鐘の真下にハートの石が…。
しかも、鐘の周りの木枠をよく見ると「えんむすビーチ」と書いてあります!
このあたり一帯はそういうテーマな地域なのかしら?

次はすず塩田村へ。
ここは、揚げ浜式の塩作りをしている所だそうです。
テレビで観たことはあったけど、実際に観てみると、また格別です。
ここで作っているお塩は「どっちの料理ショー」に出たこともあるそうで、
ネットなどでの販売はなく、この場所でなければ買えないとか…。
そう言われれば買わずにはいられません!
しかも、他にも売っているけれど、ここで売っているものが本家本元とか。
みんなが買って行ったら、店頭にあったものはあっという間になくなりました。
バスの運転手さんの話によると、ブラックコーヒーにこのお塩を入れると、
甘くなるとのこと。
それが売りのように、ちゃ~んとコーヒーの自販機がありました!
私はもともとコーヒーはあまり飲まないので、
図々しくも、買った人にひと口飲ませてもらいました。
ホントに甘かった!ビックリでした!
そこから少しバスで進んだところに、窓岩という岩がありました。
f0057453_22344469.jpg

岩なのに、窓のように穴が開いています。
これは、どうして開いたのか?すごく不思議です。
この辺の海は日本海なので、私がふだん見ている太平洋側の海とは
何となく違う感じがしました。
みんなで言っていたのは、
「サスペンスドラマに出てきそう」とか「演歌って感じ」とか…。
これで雰囲気が分かっていただけるでしょうか?

こんな感じで1日目は終了。
宿泊は、なんと!民泊。
地元の方のお宅に泊めていただきました。
そこからは、また次回お伝えしま~す!
[PR]
by k_kappy | 2007-09-29 22:48 | 旅行

親孝行旅行(1)

5月4日(金)・5日(土)と母の日前祝親孝行旅行に出かけてきました。
事の発端は、昨年行われたフィギュアスケートのアイスショー。
実家から徒歩20分のところで行われたのでした。
荒川静香さんが住んでいた土地だったからなのか、
ただ会場に近かったからなのか分からないけれど、
回覧板でチケット優先予約がまわってきたのだそうです。
しかし、うちの母上は値段が高~い!と行くのをあきらめたのでした。
その話を聞いていて、3月末にフリーペーパーを見ていたら、
プリンスアイスショーのバスツアーの広告が出ておりました。
1泊2日で約3万4千円。
1日目は鎌倉→中華街。新横浜プリンスホテルに宿泊して、
2日目はプリンスアイスショーの観覧、という行程。
母上に聞いてみると、「行きたい!」とのこと。
「バスだけど大丈夫?」と確認すると、「大丈夫よ~♪」とのことだったので、
即行電話予約したのです。

1日目の、昼食をとったところまでは、先日お知らせしていました。
(その時の記事はこちら→「予想的中(^^)v」
その後、高速を抜け、首都高に入り、
爆睡しているうちに高速をおりてました。
予定よりも1時間遅れで鎌倉に到着。
本来、100分の自由時間のはずが、70分に短縮されてしまいました(;_;)
バスを降りた途端、母上はトイレに直行。
しかし、連休中。トイレには長蛇の列。
私はトイレに行かなくても大丈夫だったので、
母上がトイレに行っている間に鶴岡八幡宮を撮影してみました。
f0057453_1712127.jpg

とにかく、これでもか!ってほど人がいっぱいで…
f0057453_173980.jpg

でも、新緑の5月って感じで、緑がとってもきれいでした。

無事にトイレに入れてすっかり落ち着いた母上と一緒に、
小町通りを物色することにしました。
とにかく、こちらもすごい人で…。
ただでさえ狭い小町通りの道に鎌倉駅方向に行きたい人々と
鶴岡八幡宮方向に行きたい人々が入り混じって、歩くのが大変でした。
バスの中で「るるぶ」を見てチェックしておいたので、
とりあえず、入りたい店は決まっていました。
あとは、実際に見てみて、なんか惹かれるお店に入って行きました。
見るだけと思っていましたが、私は肩掛けカバンが壊れかけていたので、
鎌倉帆布巾でトートバックをゲット♪
(このリンクのページの、品番H-3の若草をゲットです(^^)v)
このバッグ、製造番号がひとつひとつについていて、
私の買ったものは630番というキリのいい数字♪
一方母上は、古伊万里の破片で作ったペンダントをゲット。
ロマンスグレーのおじさまが自分で作っているものを売っていて、
この日が最終日ということで、値札より20%オフでした。
そして、鶴岡八幡宮に戻ろうと歩いていると、
ある場所でみんなが上を見て立ち止まっています。
なんのこっちゃと思っていると、「あれ!あれ!」と指差している人がいます。
その方向を見てみると、リスと思われる小動物が電線を…
(↓画像右端をご注目!)
f0057453_17153672.jpg


へ~と思いつつカメラを向けて、また帰路を急ぎます。
母上はトイレがすっかりトラウマになっており、
バスに乗る前にトイレに行きたいと騒ぎ出しました。
私は、鶴岡八幡宮の中のぶどう飴の屋台が気になってしょうがなく、
バスで会いましょうということで、母上と別れました。
1個100円のどこにでもありそうなものですが、私は初めて見たのです!
りんご飴、いちご飴は見たことがあるけれど、ぶどう飴は初めて!
買ってみました♪
f0057453_1720843.jpg

こんな感じで売っていました。
巨峰と思われるぶどう一粒にぶどう味の飴がコーティングしてあります。
りんご飴よりは食べやすいサイズでした。

さて、鎌倉をあとにして、次に目指すは中華街です。
ここで晩ゴハンを食べることになっていました。
どこで食べたらいいのか悩んじゃう上に、90分という時間。
困ったと思っていたら、そこはツアーです。
きちんと、コースメニューが用意されていました。
母上と相談し、このコースをいただくことにしました。
重慶飯店別館でのお食事です。
事前に、ここで母上の弟(私からみれば叔父)と
落ち合う予定になっていたので、彼の分も注文しておいたのでした。
どうでもいい話ですが、母上と叔父、兄弟だからあたりまえなんですけど、
似てるんです。
一緒にゴハンを食べたツアーの人たちもおそらくそう思ったに違いありません…。
やっとこさ、中華街に到着です♪
f0057453_17251819.jpg

90分という時間では、ゴハンを食べて周りをちょっと見たら、終わっちゃいました(;_;)
でも、歩いている間に中華街の雰囲気を堪能できたので、OKでした(^^)

超満腹状態で、あとはホテルに着くばかり。
新横浜駅が見えてきて、もうすぐだなぁと思っていると、
すごい人の波がやってきたのです!
アリの巣に向かうアリのように(この表現はちょっと失礼だったかしら(^^ゞ)、
若いおねえちゃんたちが、わんさかと歩いています。
思えば、新横浜プリンスホテルの目と鼻の先には横浜アリーナがあります。
この日の朝観た、めざましテレビを思い出しました。
関ジャニ∞が、コンサートしてました!
そのコンサートの終了時間と一緒になったようです。
それにしても、すごい人の数でした。
しかも、みんな同じ手提げ袋持ってるし…。
ジャニーズ恐るべしです!

こんな一日目を過ごし、母上を先におフロに入れてあげたら、
私が出たときには、いびきをかいて熟睡してました。
そりゃあ、半日バスの中じゃあ、疲れるでしょう…。

というわけで、二日目に続きます。
[PR]
by k_kappy | 2007-05-13 17:37 | 旅行

予想的中(^^)v

先日、チャンピオンズリーグについて語らせていただき、
希望的観測で決勝カードを予想させていただきました。
(その時の記事はこちら→「最近の出来事」
そうしたら!当たっちゃいました!
totoでもあって、買ってたら…
せっかくなので、優勝チーム予想もしてみましょう。
戦力などの詳しいことは全く分からないので、
お気に入りのジェラードがいるリバプールに優勝していただき、
冬には来日していただきたいと思っております。
結果はどうなることやら…

さて、今日は連休後半2日目です。
ただ今、母上とバス旅行中で、
東北自動車道を南下しております。
朝8時に仙台を出発して、さっき羽生SAで昼食休憩をとりました。
この先、鎌倉で自由行動→中華街で晩ゴハンの予定です。
メインは明日のプリンスアイスワールドです♪
詳しくは、後日アップさせていただきますm(__)m
[PR]
by k_kappy | 2007-05-04 12:31 | サッカー