暖かくなってきました♪


by kappy
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

タグ:チング ( 21 ) タグの人気記事

怒涛の11日間(4)

かれこれ3週間前のことになりますが…(苦笑)

3月1日(日)
高校の同級生Mちゃんのお家でのホームパーティーにお呼ばれしました♪
彼女とは、高校の時は一度も同じクラスになったことがありません。
でも、友だちの友だちが彼女だったり、
中学の時、テニスの試合で対戦したことがあったり、
という妙なご縁がありました。
7年前、横道AGOの移転記念パーティーで会って、
旦那さま共々、初めていろいろな話をして、
それ以来、私にとっては大事な相談相手になりました。

で、お呼ばれしたほかの面々は、みんな高校の同窓です。
同じ学年では知らない人はいない、有名人のOちゃん。
バスケ部で美人三姉妹の末っ子である、Cちゃん。
Cちゃんは、旦那さまとジュニアも一緒の参加です。

MちゃんジュニアとCちゃんジュニアは1年違い。
Mちゃんジュニアが一生懸命おもちゃをCちゃんジュニアに貸そうとします。
微笑ましい光景。

そんな様子を見ながら、久々に会った面々は話が弾みました。
話が多岐に渡り過ぎて、ご披露するのは難しいので、ご勘弁を(苦笑)

そんな休日のひとときがあるからこそ、
ウィークデーの毎日ががんばれるのですね。
[PR]
by k_kappy | 2009-03-22 22:34 | チング

怒涛の11日間(2)

2月28日(金)

志立 生きるちからスクールで開催した、
「デジカメ講座 取扱説明書が苦手なあなたへ」に参加してきました。

講師である、Fちゃんは昨年、ほぼ初対面だというのに、
同じお部屋に泊まった仲であります。

このブログでも、たまに画像を載せますが、
もうちょっとステキに撮れないものかと思いながら、
毎回載せてます(苦笑)
今回、この講座を受けて、少し気をつけるところが分かってきた気がします♪
講座の内容をかいつまんでご紹介します。

<フィルムカメラとデジタルカメの違い>
フィルムカメラ:シャッターを押した瞬間を印画紙に記録する。
デジタルカメラ:シャッターを押した時には、CCDを通っている最中。
その後、メモリーカードに保存されている。
CCD→メモリーカードまでの時間は約0.2秒。

デジカメで写真を撮る時にぶれてしまうのは、
フィルムカメラで撮っているのと同じ感覚で撮ってしまい、
シャッターを押したら、すぐにカメラを動かしてしまうからだそうです。
メモリーカードに記録されるまでの0.2秒を意識して、
シャッターを押した後もカメラを動かさなければ、ブレがなくなるそうです!

<画像のサイズ>
携帯によくある、保存サイズ。
例えば、「240×320」とか「76×76」とか。
数字が大きければ大きいほど、保存に時間がかかるのだそうです。

<画素数>
最新のデジカメは1000万画素とかなんでしょうか?
私のデジカメは300万画素なので、ずいぶん古いのですが、
400万~800万画素ぐらいあれば、十分きれいな画像が撮れるそうです。
撮影する際に、「S」「M」「L」でサイズを設定できますね。
「S」サイズで撮影しても、A4サイズぐらいまではきれいに引き伸ばせるそうです!

<シャッタースピード>
速ければ速いほど光は入ってこないそうです。
その速さは数字で表され、数字が大きくなればなるほど速いとのこと。
動いているものを撮る時は、速い方がいいそうです。

<オート>
とりあえず、これで撮っておけばきれいに撮れるんだろうと思ってました(苦笑)
しかし!ちょっと違うらしいです。
自分が撮ろうとしている物がどんなものであろうと、
暗い物を明るく撮ろうとする機能なのだそう。
明るく撮ろうとするということは、シャッタースピードが遅いということ。
だから、動いている物をオートで撮ろうとすると失敗するのですね。
納得です。

教わったことが多くて、1回ではまとまりません(汗)
運動会でうまく撮るポイントをご披露して、次回へ続きます。

<運動会でゴールに走りこんできた子どもをうまく撮るには>
ゴールテープを写すつもりで、そこに合わせて半押しで準備。
子どもがどの辺に入ってくるのかを予測して撮る。
そのとき気をつけることは、シャッターを押した0.2秒後の映像が
撮れることを頭に入れて、早目にシャッターを押すということ。
子どもさんがゴールテープを切った瞬間にシャッターを押すと、
撮れている画像では、お子さんはゴールテープを切った後で、
最悪、お子さんが写っていないことに…(汗)
また、動いている物を撮る時は、撮りたい範囲にある、
動かないものに焦点を合わせると上手に撮れるそうです。
「ゴールテープを写すつもりで」というのは、この点を気をつけるためなのですね。

ではでは。
次回もお楽しみに♪
[PR]
by k_kappy | 2009-03-16 00:44 | アウトプット

怒涛の11日間

2月26日から11日間、私の手帳がすべて埋まりました!
今までの人生の中でこんなことは初めてで、
せっかくなので、記録に残しておきたいと思います。

2月26日(木)
毎月第3木曜日に行われているBee会がありました。
26日(木)は第4木曜日です。
なぜ1週間ずれたのかというと、それには訳がありまして♪
で、その訳をお話しするには、
滞っていた11月からの報告をした方が分かりやすいかと。
長くなりますが、お付き合いくださいませm(__)m

11月20日(木)
11月の例会。
ちょうどこの日はボジョレー・ヌボー解禁日ということで、
ボジョレーが飲める、隠れ家的なステキなお店へ。
根っこから食べられるセリ鍋をいただきました。
本当に美味しかったです。
この日も新しいメンバーが数人。
どんどん大きくなる予感です♪

12月18日(木)
12月の例会。
つい数日前から光のページェントが始まり、
ページェントのメイン会場の近くには、出店やスケート場ができていました。
せっかくなので、まずはスタンディングバーで体を温めることに。
そのバーはある酒造メーカーがやっていて、
ここに行こう!と提案してくれたMちゃんの仕事でのお知り合いがいらっしゃいました。
みんなで飲むはずが、名刺交換が始まり、
名刺を見たら、「この人も知ってるんじゃないかと思って…」と
また、名刺交換が始まり…。
人のつながりってステキです。
1時間ちょっとそこで美味しくいただいたあと、メイン会場に移動。
途中、ちょうど8時になったとき、ページェントは一度消え、
またいっせいに点灯するという瞬間にも立ち会えました。

この日は、和食。
目の前に美味しそうな料理が並ぶ中、
一生懸命考え込むみつばちたち。
仙台商工会議所が募集する、「杜の都歩ってツアー」への応募を決めたため、
その応募内容について考えていたのでした。
とりあえず、みんながお気に入りの場所を3~5つ出してきて、
地図に落としてみよう、ということで冬休みの宿題となりました。

1月15日(木)
1月の例会。
なんと、「杜の都歩ってツアー」の締め切り前日でした。
19時から集まって、ツアーの詳細について詰めました。
みんなのお気に入りの場所をうまく繋げていこうと、話し合っていた時、
途中から来たNちゃんの10分間演説がスタート。
そこにいた誰もがポッカリと口を開けたまま聞き入りました。
で、できあがったのは県外からのお客さまに芋煮会を体験していただく、
1泊2日の年3回ツアーでした。

この日は、名前入りのメニューがいただける、ステキなお店。
和洋折衷で、宮城県内の食材を使っているお店です。
何度か来たことがありますが、お腹がすいているときに来たのは初めて。
たっぷり美味しくいただきました。

というわけで、やっと2月26日(木)につながります。
「杜の都歩ってツアー」の結果発表が2月中旬ということで、
祝勝会をするために(どんだけ自信があるんでしょ?)、1週ずらしたわけです。
ずらした甲斐があって、結果はなんと優秀賞!
1万円の旅行券獲得です♪

祝勝会の会場は11月の会場と同じ場所。
セリがそろそろ終わるということで、最後のセリ鍋を堪能しました。
しかも、祝勝会と伝えておいたら、
乾杯はフルーツ入りシャンパンを、
最後にはお赤飯を用意していただきました!


というわけで。
3月は来週例会がありますが、
オプションで、昨日「レモン会」なるものがありました。
それについては、後日詳しく。
[PR]
by k_kappy | 2009-03-14 22:36 | Bee会

仲間が集まるタイミング

え~と。
これから何回か、時系列がグチャグチャになります(苦笑)
今回、すでに前回のネタから2日ほどさかのぼります(苦笑)
ま、あまり気になさらずお読みくださいませ。

10月11日(土)
大学時代からのチング(注:韓国語で「友だち」という意味です)の披露宴がありました。
会場は、我が職場でよく使う、老舗ホテル。
トイレの場所から、レストランの場所までバッチリです(笑)
いつもは、外側からしか見ていない、チャペルで彼女は式を挙げました。
とってもキレイだったわぁ~
その後、披露宴へ。
そこで起こった、すごい偶然。
彼女の職場の社長は、私が学生時代にお世話になった方でした。
たまたまトイレに行こうと思ったら、前にその方がいらっしゃったので、
声をかけてみると、発覚!
いやぁ~世間は狭いっ!

終始ホンワカムードだった披露宴が終わり、しばし休息して、2次会へ。
新婦であるチングとは、大学時代に同じ部活にいました。
男子ソフトボール部のマネージャーです。
2次会には、一緒にマネージャーをしていたダブルTちゃん、
(二人とも、イニシャルがTなのです)
プレーヤーだった男子が4人集まりました。
全部で10人だったので、なんと80%の出席率!
夜景のきれいなお店でBINGOゲームで盛り上がりました。

その後、ソフト部チームで3次会へ。
山形からやってきた3人が、この日は仙台にお泊りということで、
心置きなく飲めたわけです。
2次会会場から3次会への移動中。
おのぼりさんのような、山形チーム。
「なにこれ!いつできたの?」
「ここって、映画館だったよね?」
すでにお酒が入っているため、声もデカイ!
ちょっと恥ずかしかったです(苦笑)

お店に到着し、近況報告をしつつ、美味しいワインをいただいているうちに、
「気を遣わないで酒が飲めるのはいいよねぇ~」みたいな(笑)
確かに、職場で飲む時には、気を遣うかも…。
そして、卒業してから十数年たっているのに、みんな学生のときのままなのね(笑)
ジンロのボトルをお持ち帰りし、
プレーヤー3人はラーメンを求めて夜の街に消えていったのでした。

この日は、大学時代から仲良くしているチングたちとも久々に会え、
ソフト部チームとも久々に会え、
まるで大学時代に戻ったような感じでした。
卒業してから十数年。
誰かの結婚式でもないと、こうやって集まれないですね。

最後にひとこと。
Mちゃん、結婚オメデトウ!
いつまでもお幸せにね♪
[PR]
by k_kappy | 2008-10-20 23:02 | チング

すごい偶然

8月26日。
同僚O氏が元気な男の子を出産しました。
チュカヘ~!

この出来事に、すごい偶然が隠されていました。

同僚O氏が産むことを決めた病院を聞いた時、
「あれ?」と思ったのでした。
というのも、私の高校時代の部活の後輩(以下「プル」彼女の部名であります)が、
その病院の産婦人科のお医者さんになったことを知っていたからです。
「もしかしたら、診てもらうことになるかもよ~」なんて、言っていたものです。

プルは、既に結婚していて、苗字が変わっていました。
同僚O氏が病院のHPで調べてみたら、確かに女医さんがいることが発覚。
でも、私はプルの苗字を忘れていました。
そんな中で、手がかりがあることに気がついたのです。
プルの名前は変わった読み方をするのです。
その手がかりのおかげで、彼女が確かにその病院にいることが確認できました。

産休に入った同僚O氏からプルに診察をしてもらったというメールが来ました。
これは、無事に出産した暁には、ベイビーに会いに病院に行かなくちゃ!と
決心したのでした。

そして、無事に出産した翌日。
たまたま休暇をとっていた私は、同僚O氏のところへ。
かわいいベイビーに会うことができ、
O氏とも久々の再会で、幸せなひと時を過ごしました。
ただ一つ残念なことに、プルがいなかったのです。

しか~し!チャンスはまたやってきました。
その3日後。
わが職場のボスがO氏の元へ行くというのです。
一人で行くのはちょっと気恥ずかしいので、一緒にどう?と言われたので、
「喜んで~♪」と、ご一緒させていただきました。
O氏がいる病棟に続く廊下をボスと歩いていると、
何mか先に、小柄なセンセイが歩いていました。
「もしや…」と思いつつ歩いていると、行き先は私たちと同じ。
ナースステーションで面会カードを書いていると、
センセイがこちらにやってきました。
「センセ~イ!」と声をかけると、「ハイ」という元気な声とともに振り返り、
まさに、「センセイ」の表情でこちらを見ました。
次の瞬間、「センセイ」の顔から一変。
「せんぱぁ~い!」という、高校時代のプルの顔。
(部名で呼ばれなくてよかったわぁ~)
やっと再会できました!
このやりとりを「何事ぞ?」と見ているうちのボス(笑)
手短に関係を説明し、同僚O氏の病室へ向かいました。
「やっと会えたよ~」とO氏に報告し、ボスと3人でしばしご歓談。
帰り際に、同僚O氏のことをしかと頼んで、私の連絡先を知らせました。

いやぁ~。ベイビーが繋いでくれた縁かもしれないですね。
同僚O氏がその病院でベイビーを産まなければ、
私とプルは再会することができなかったかもしれません。
O氏、コマウォヨ~!


で、話は昨日の中山マコトさんのことに飛びます(笑)
昨日の告知に立ち読みファイルがついたので、
もう一度ご紹介させていただきます。
----------------------------------------------------------------------------------------------
中山マコトさんが、『バカ売れキラーコピーが面白いほど書ける本』
を出しました。
どんな本か?はこの方、「マツダミヒロさん」の推薦文を読んでください。(笑)
『こころのエンジンに火をつける 魔法の質問』 著者 マツダミヒロ氏
「あなたが、資産をすべて失ったとき、一番欲しい力は何ですか? 
ぼくは優れたコピーを書く力です。
今ではぼくの書いた文章を毎日2万人が読み、
全国や海外からセミナーの依頼がきます。
著書もたくさんの方に読んでいただいています。
これもコピーの力かもしれません。
ではなぜそれほどまでにコピーに影響力があるのか? 
その秘密がこの本に書かれています。
あなたもこの本をきっかけにして素晴らしいコピーを作ってみてくださいね。」
こんな内容、ちょっと立ち読みしてみましょう。
http://www.kikidasu.jp/killer/sample.html
で、発売記念のアマゾンキャンペーンをやります。
キャンペーンは9月4日(木)5日(金)の2日間です。
キャンペーンの詳細はコチラ↓。
http://www.kikidasu.jp/killer/
----------------------------------------------------------------------------------------------

というわけで。
ぜひ立ち読みして、いいと思ったら「購入ボタン」をポチッとどうぞ!
[PR]
by k_kappy | 2008-09-03 22:56 | チング

バトンのように

7月12日(土)
チングの結婚パーティーがありました。
彼女は高校の同級生でありながら、親しくなったのはここ6年ぐらいのこと。
我が高校は、そんな繋がりで深まっていくパターンが稀ではありません。
数年来の友だちというか、知り合いというか…
どの言葉もちょっとしっくり来ないのですが、
とにかく数年来の付き合いだった男性と結婚しました。
彼のことは私も知っていて、何度か話をしたこともあります。
とてもステキな青年です。
しかも、国際結婚なのであります!

パーティーは彼女のチングや妹さんたちが準備をして、企画しました。
すごくホンワカした温かい感じのパーティーで、
高校の同窓会かと思ってしまうぐらい、たくさんの人たちに久々に会いました。
パーティーの準備をしていた人たちの中にも、
半年以上ぶり出会う人たちがいて、
そんな人たちにも会えた、とてもいい機会でした。
そして、何よりもびっくりしたのは、彼女と私ともう1人のチングに
韓国語を教えてくれていた先生が、わざわざ韓国から来ていたこと!
彼女へのサプライズゲストとして呼ばれたそうです。
先生とはかれこれ3、4年ぶりに会いました。
これも、うれしかったわぁ~♪

そして、何よりもうれしかったし、驚いたのは、ブーケトスでブーケをゲットしたこと!
フツーは新婦がブーケを投げます。
そう思っていたら、出てきたブーケがこんなに大きくて↓
f0057453_15172857.jpg

「これ、投げちゃう?」と思っていたら、
何本もの赤いリボンが結ばれていて、それを一本ずつ選ぶのでした。
(画像の下の方に赤いリボンが写っているのが見えますかしら?)
なにげなぁく、一本選んで静かに引っぱっていくと…
周りの人はどんどんリボンが外れていきましたが、あらら。
私のリボンがブーケにくっついてました!
バトンのように、彼女からハッピーと一緒にブーケを受け取ったので、
私もそれにあやかれるといいなぁ~と思ったのでした。

クンミル・ハアイ、本当にオメデトウ!
末永く、お幸せにね!
[PR]
by k_kappy | 2008-07-20 15:25 | チング
お笑いライブ鑑賞の翌日。
午後からチングとランチの約束があり、それまでは時間があいていたので、
「パワースポット」巡りをすることにしました。

事前にネットで調べてみたところ、
代々木八幡宮と明治神宮が都内のパワースポットとのこと。
しかも、2ヶ所は遠くない。
というわけで、パワースポットのはしごをすることにしました。
まずは、代々木八幡宮へ。
交通量のとても多い幹線道路沿いにありました。
階段を上っていくと、とても静かな空間が広がります。
そこだけ別世界のような感じ。
f0057453_21494012.jpg

日陰でひと休みして、いざ出発!と歩き出すと、竪穴式住居を発見!
f0057453_2150615.jpg

どうやら、昔はここにあったらしく、何年か前に復元したとのこと。
こんな都会に竪穴式住居があるなんて、とても不思議な感じ。
近所にこんなスポットがあったら、通うのになぁ~と思ったのでした。

次に向かったのが、明治神宮。
原宿駅から歩いてすぐでしたが、歩いても歩いても、砂利の参道で、
なかなかお社が見えてきません。
一つ目の鳥居をくぐり、
f0057453_21503237.jpg

またしばらく歩いて、二つ目の鳥居をくぐると
f0057453_21505437.jpg

やっとこお社が見えてきました!
それまでの両脇に木がうっそうとしていた景色とは違って、
広々とした清々しい空間が広がっていました。
流れる空気が何となく違う感じがしました。
お参りをして、ベンチでひと休み。
とにかく立派な御神木に癒されます。
f0057453_21512115.jpg

私が休んでいたベンチの隣りに、外国人のカップルが座っていました。
疲れたらしく、男性が女性に膝枕をしてもらっていると、
警備員の方がしずしずとやってきて、注意していました。
さすがに、神聖な場所だということなのでしょうか?
とにかく、外国人比率が高くて、隣り合ったベンチに座っていた人たちが、
同じ土地から来たらしく、話が盛り上がってました。

そうこうしているうちに、約束の時間が近づいてきたので、ハチ公前へ移動。
チングと無事におちあって、ランチに出かけました。
平日の昼間だというのに、並んで待っている人がいます!
さすが、都会(笑)
ホテルの最上階にあり、見晴らしがとてもいいところで、
お昼からアルコールをいただきながら、デザートまでバッチリいただきました。
しかも、話に花が咲きすぎて、閉店時間ギリギリまで…(苦笑)
楽しい時間を過ごすことができました。

帰りは経費削減のため、新宿から3000円の高速バスを利用。
これがけっこう快適で。
また使ってみようかなぁ~と思いました。

勢いで決まった今回の旅でしたが、声をかけたチングが快く時間を作ってくれ、
おかげでとても充実した2日間でした。
みんな、ありがとう!
[PR]
by k_kappy | 2008-07-06 15:18 | 旅行

大人になったんだなぁ~

先週、飲み会の帰りに国分町を歩いていると、
あるお店の前で10人近くの人たちが集まっていました。
なんか、盛り上がっていて、
「あぁ~飲み会がおひらきなんだなぁ~」ぐらいにしか思っていませんでしたが、
その集団をよく見ると、仕切っている男性がひとり。
その男性、中学の同級生でした(笑)
彼は、中学当時からクラスの中心人物で、とても明るい人です。
大人になってから、2~3度会ったことがありますが、
お酒を一緒に飲んだことがありません。
その時の彼の姿は、ある意味中学時代と変わりなし。
「仕切り」は彼の本能なのかもしれません…。
自分も少々酔っぱらった状態ではありましたが、
「大人になったんだなぁ~、自分」と、しみじみ思ったひと時でした。
[PR]
by k_kappy | 2008-06-01 22:09 | ひとりごと

第2回例会

先月から始まった、高校の同窓生のひっそりとした(?!)集まりは、今週、2回目を開催。
会合の名称も決まり、いよいよ本格始動といったところです。

今回は、新メンバーが合流。
これまた同じ学年で、わが学年の勢力の強いこと強いこと(笑)

今回の集まりに宿題が出ていました。
この会合、今後どうやって発展させていくか?
美味しい食事とお酒をいただきつつ、そんな真面目な話ができるのかしら?と
不安になったものの、最終的にはちゃんと結果が出ているのが不思議なところ。
みんなでいろんな話をしていたら、芸達者な人が多いことが発覚。
せっかくなので、芸達者たちを先生にして、
いろいろ習ってみよう!ということになりました♪
次回6月は、マナー講座の予定。

その他、地場産品販売会も開催の予定。

なんだかおもしろくなってきました♪
このブログで、議事録のように、毎回の例会の様子をお伝えします(笑)
[PR]
by k_kappy | 2008-05-17 22:16 | Bee会

同じ空間で過ごした人々

ちょっとごぶさたしてました(苦笑)
先週から今週にかけて、たくさんの人との出会いがありまして…。
その時々の話をご紹介したいと思います。

今日、ご紹介するお話は先週の木曜のこと。

小・中・高・大と仙台で過ごし、就職で一度県外脱出をしたものの、
Uターン組で仙台にいると、同窓の人々と出会う機会があります。
特に高校の同窓生は、いろいろな分野で活躍している方々がたくさんいます。

昨年、3人ごはんをした彼女たちも高校の同窓。
(3人ごはんの様子についてはこちら
そのNちゃんつながりで、高校の同窓の人々7人プラス1人が一堂に会したのでした。

私を含め同学年が4人、一つ下が1人、4つ下が1人、5つ下が1人。
プラス1人は、え~と…いくつか上です。
(気を遣っているのではなく、単に正しい数字が分からないだけでした^_^;)

私の同学年の人々は、実は高校時代は一度も同じクラスになったことがなく、
しゃべったこともなく、「そういえば、いたよね~」的な顔を見たことがあるくらい。
なのに、同窓だということで、あっという間にうちとけてしまうのです。

これは、わが高校の校風というか、キャラクターというか、特徴であります。
その特徴は、学年を超えても通じるものがありました。

私の同学年のYちゃんは、ある仕事の場でOさんに会いました。
Oさんは私たちから見れば5つ下なのですが、Yちゃんが同窓だと思ったとのこと。
醸し出す雰囲気なのか、野性のカンなのか…。
そのOさんの感じたことは、私も何となく分かります。

延々4時間近く、自己紹介から広がり、いろいろな話をしました。
時は違えど、学校という同じ空間で過ごした人々なので、
学食の話題や授業の話題、先生の話題などで盛り上がりました。

お食事がお店からのサービスのデザートになった頃、プラス1人である、Aさん登場!
お姉さんの自己紹介に皆がしかと聴き入り、
この集いを定期的に行いつつ(来月の開催日も決定!)、
顔ぶれをどんどん広げていこうということで、この日のはお開きとなりました。

この日集まったメンバーだけでも、多彩な職種の方々。
これからまた輪が広がっていくと、そのつながりで、
何かすご~いことができるかも♪という期待がふくらみます(笑)
[PR]
by k_kappy | 2008-04-23 21:47 | チング