暖かくなってきました♪


by kappy
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
新しい年になりました。
遅ればせながら、今年もよろしくお願いしますm(__)m

どうしても、「明けましておめでとうございます」とは年賀状に書けませんでした。

2012年がスタートして14日。
年末年始はあっという間に過ぎていきました(^_^;)

12月30日
NLPを一緒に学んだ同期生のご夫婦が山形にいます。
「時間を忘れる空間」と言われるほど、居心地のいいショップをされています。

空間企画工房そら・いろショップ→http://www.ku-kansorairo.com/shop.html

いつもは高速バスで山形県庁前まで行って、
こちらのショップの奥さまに車で迎えに来てもらっているのですが、
今回は、ふと「レンタカーで行こう!」と思い立ちました。
そうしたら、
ついでに灯油も♪
とか、
ついでに使わなくなったテニスグッズを売りに行こ♪
とか、やりたいことが浮かんできました。

朝起きたら、雪が積もっていましたが、
レンタカーを借りて、一路山形へ。
高速代を浮かすために、国道48号線をひた走り、
雪に埋もれながら山形へ。
ナビって便利ですねぇ(^^)
ナビの言う通りに走っていたら、あっという間に到着♪

ここに来ると、いろいろと買ってしまうのです(^_^;)
今回もあれこれ買いました。
その中でも、面白いものをご紹介します!
f0057453_011785.jpg

「リトープス」という植物だそうです。

Yahoo!百科事典によりますと
 [学名:Lithops]
 ツルナ科リトープス属の総称。メセンブリアンテマムの仲間で、37種56変種と
 地方型180品種が発見されている。属名は、ギリシア語のlithos(石)とops(顔)の二語からなる。
 原産地は南アフリカ・ナミビアの極度に乾燥した地帯で、片麻(へんま)岩大地の南斜面岩床の割れ目や
 崩壊した礫砂(れきさ)に覆われた立地に埋もれて自生している。
 リトープスはこの礫砂に頂面の色彩と模様が酷似するため発見が困難であり、
 動物の食害からも擬態により身を守っている。

 植物体は極度の乾燥に耐えるため、一対の葉を高度に多肉化させ、雨期に水分を蓄え乾期に備えている。
 秋になると一対の葉の割れ目からつぼみを出し、開花結実する。花は白、黄色であるが、まれに赤色もあり、
 植物体よりも大きい。成長期は秋から春で、夏眠する。


とあります。

「リトープス増殖計画」というポップと一緒に、
いくつも植木鉢が並んでいました。
植物担当は、旦那さまの方で、育て方を訊いてみたら、
年に6回ぐらいしか水をやらなくていいとか。
どうしても、手をかけたくなってしまうところですが、
手をかければかけただけ、育たないかもしれない植物…。
いかに手をかけず、目をかけてあげられるか。
そして、この何とも言えない風貌が、今後とのように変化していくのか。
コツコツお伝えしていきたいと思います。


今年のお正月は、自分のアパートで迎えました。
f0057453_0251421.jpg

このリースは、RQ被災地女性支援センターで作られたものです。
仮設住宅で暮らしているお母さんたちが作ってくださったものです。
これを買うことで、売上の何割かがお母さんたちの手元に入ります。
これも1つの支援だと思います。
これから毎年、このリースを飾ることで、作ったお母さんたちのことを思い出します(^^)


1月2日
何を思ったか、年が明けてからおせちを作ってみました。
と言っても、こちらの2品↓
f0057453_0375335.jpg

伊達巻きは、まきすがなくて、ギザギザをつけることができませんでした。
作ってみると、何を材料にしているかが分かります。
そして、どれだけ手間がかかるのかが分かります。
売っている物よりも、甘さ控えめのあっさり味にできあがりました。


こんな年末年始を過ごして充電し、
今年も本格始動です!
すでに、ハイスピードで物事が動き始めております♪
ハイスピードではありますが、マイペースで行きたいです(^^)
[PR]
# by k_kappy | 2012-01-15 00:49 | 日記
またもやずいぶんとごぶさたをしておりました(苦笑)。
今日は、大晦日でございます。

今年は、震災があったこともありますが、
個人的にも本当にいろんなことがあった1年でした。
「いろんなこと」にはいいことも悪いこともあるわけですが、
自分の捉え方次第で「いい」にも「悪い」にもなるのだということを
今年1年で、体験をしながら体得することができた気がします。

大晦日の今日、私は実家ではなくアパートにおります。
1人でおります。
このことも、今年、気づき、実践したことの1つです。
今まで良かれと思ってやってきたことが、
必ずしもいい結果を生んでいなかった、
というより、関わる人にいい影響を与えていなかったことが分かりました。
「家族」というもののあり方。
これを考えた1年でした。

大晦日の今日、仕事をしておりました。
今年の1月に会社を辞めてから、
「カレンダー」があってないようなものになりました。
「平日」と言われる日に休むのもよし。
「休日」と言われる日に仕事をするのもよし。
自分のペースを作って、守ること。
自分のカラダのコエを聴きながら過ごすこと。
これをいつも忘れずにいることで、
「カレンダー」にこだわらず、自分のペースで楽に過ごすことができそうです♪

おまけでお知らせです(^^)
このブログとは別に、お仕事のことを書くブログを始めました~!
しかも今日から(爆笑)!
よろしければ、ごひいきにm(__)m
http://ameblo.jp/assist-office


今年一年を振り返ると、人の温かさや人との繋がりを感じました。
たくさんの人と出会い、
出会った人たちの温かさに助けられ、
思わぬ繋がりで人の和が広がり…
出会ったすべての方々に感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございました!
[PR]
# by k_kappy | 2011-12-31 22:47 | 日記
今日のブログのタイトル通りなイベントが19日(土)に仙台で行われるのです。
その名も、

☆踊らないダンスパーティー☆

ダンスパーティーは、「私、踊れないし…」と思って、参加することためらうけど、
「踊らない」なら、参加したいかも♪
ということで、私も参加します(^^)v

「東方神起」ならぬ「東北神起」がやって来るとか、来ないとか…

何やら楽しそうです♪
ぜひ(^^)

詳細は↓

アートブライダル主催
★踊らないダンスパーティー★

ストリートダンスやポールダンスなど、
なかなかお目にかかれないダンスは
見ているだけでも大興奮!!

気になる相手を見つけたら
プレゼントチェンジでアタック!

おいしい料理とお酒
そしてダンスに酔いしれながら
熱く燃える出会いの夜を楽しもう♪

◇日時/2011年11月19日(土)
◇時間/OPEN16:30・START17:00

◇参加資格/年齢20歳以上の男女(未婚既婚問わず)
◇参加費用/男性:5,000円・女性:4,000円
◇人数/限定100名
◇ドレスコード/♂ ダンディー&スマート
        ♀ セクシー&キュート

◆プロダンサーのダンスパフォーマンス
◆ドレスクイーン&キングコンテスト
◆♂♀プレゼントチェンジ
(1,500円程度のものを用意して下さい)

◆場所/ラテンカクテル
仙台市青葉区中央2-10-20 Human 広瀬通ビル 9F
(地下鉄広瀬通駅東1番出口隣1Fサンクスのビルの9F​)
TEL/022-397-9030

◆お申し込み/
電話・お名前・年齢・電話番号・メールアドレスを
お知らせください TEL/022-721-1122

申し込みフォーム
http://www.artbridal.co.jp​/event/20111119.html

[PR]
# by k_kappy | 2011-11-14 01:08 | 告知

子どもたちのパワー

今日でまた1つ年をとりました(苦笑)。
年をとるというと、なんだかマイナスイメージですね(^_^;)
また1年、人生経験を積みました。
ちょっとカタいけれど、この方がいいかな(^^)

OFF日だった今日は、1日お家でまったりと過ごしました。
ま、昨日は日付が変わるころまで飲んでいた、ということもありますが…(苦笑)。
なんともふしぎだったのは、行ったお店の親方も同じ誕生日だったということ!
同じ誕生日の人とあったのは、高校時代以来。
何とも奇遇で、昨日、あのお店に行ったのは偶然じゃなかったなぁと思ったのでした。

人生の5本の指に入るくらい飲みました。
大好きな梅酒がたくさんあるお店だったから。
そのお店は、こちら


さて。
飲んだ話を書こうと思ったのではなく(笑)、
先週あった、ジュニアエコノミーカレッジin仙台の販売実践のことを書きたかったのです。

10月30日(日)
マルシェ・ジャポン センダイにて、オトナに混ざってお店を出した2チーム。

2チームとは…
○株式会社TM RUSH
小学校6年生の男子3名、女子3名のチーム。
会社名は、メンバーの名前の頭文字を並べたものとのこと。
取り扱う商品は、
・ミサンガ
・ストラップ
・農家さんから直接仕入れた野菜

○株式会社Happy Smile
小学校5年生の女子4名のチーム。
メンバー数は少ないが、チームワークでカバー。
取り扱う商品は、
・ティッシュケースカバー
・コースター(2枚組)
・ブックカバー(マンガ単行本サイズ)

開店前、TM RUSHにハプニング発生!
斜め向かいのお店で、ミサンガを1本50円で販売するとの看板を発見!
そこで、彼らがとった行動は、
自分たちのミサンガの値段を100円から30円に変更。
子どもたちに聞くまで、私は気づきませんでした(苦笑)。
自分たちの開店準備で大変だっただろうに、
よくぞ、他のお店のことまで目に入ったなぁと感心。

そうこうしているうちに、開店時間の11時。
本来、大きな声を出しての宣伝は控えるように言われていたのですが、
子どもたちからは自然に声が出て、にぎわいました。
中には、1人ひとりのお客さまに対して、目線を合わせながら声をかける女子が!
大人顔負けです。

滑り出しは上々で、お店をのぞいてみると、
なかなかカワイイ品物が並んでいました。
これは、完売する前に買わねば!ということで、
Happy Smileさんからブックカバーとコースターをゲット♪
f0057453_21995.jpg

かわいいラッピングです(^^)
開けてみると、こんな感じでした。
f0057453_20282726.jpg
f0057453_20283889.jpg

ブックカバーはマンガの単行本サイズということでしたが、
文庫本にしたい場合は、サイズに合わせて縫えばいいですよ(^_-)
との店員さんからのアドバイスがありました(笑)。

お店を遠巻きに、お母さん方が心配そうに見ていらっしゃいました。
ジュニエコの大前提は、

オトナが口を出さない

お母さん方に、準備の様子をうかがったところ、
とにかく口を出さないようにするのが大変だったとか(笑)。
オトナから見れば、
「もっと楽な方法があるのに…」
「こうすればいいのに…」
と思うことがたくさんあるのですが、それをグッとガマンして、
子どもたちに任せることで、彼らはオトナもビックリなパワーを出すのです。

TM RUSHでは、お客さまからの野菜に対する質問に
一生懸命対応している男子がいました。
彼は、自分の親戚から野菜を仕入れたことで、責任感が生まれたのだと思います。

大きな声を出すのが恥ずかしくなるお年頃だと思いますが、
男子が一生懸命大きな声を出してお客さまを呼び込んでいました。

午後になり、子どもたちも疲れてきたのか、
声があまりでなくなってきました。
残っている商品の数を見て、16時の閉店までに売り切れるのかを不安に思ったのか、
TM RUSHでは、値下げを敢行!
100円だった長ネギを80円に。
その訳を訊いてみると、
「お客様の目に付くところにあるのに、売れないので、安くすれば売れると思って…」
とのこと。
彼らが彼らなりに考えた決断なのでしょう。
その反面、Happy Smaileは値下げすることなく、
メンバー2人がお店を離れて、チラシ配りへ。
もらったチラシを持って、お客さまがいらっしゃり、
自分たちの行動がお客さまを呼ぶことに繋がった経験は、
本当に貴重だったと思います。

15時前。
事務局がお店からちょっと離れた場所でミーティング。
あと1時間、どうするかを話し合いました。
「完売する」という経験をさせてあげたい、という点では満場一致。
オトナのチカラ(買い占め)を出すのはラスト15分で、と決めてミーティングは終了。

子どもたちにあと1時間ということを伝えました。
子どもたちの声が一段と大きくなり、
TM RUSHでは、まとめ買いで安く提供するようになりました。
そして気がつくと、子どもたちは商品を持って、
私たちオトナのところにやってきます。

Sクン:「ミサンガ、4本で80円ですよ!いかがですか?」
わたし:「4本で?安いね。これは、好きなのを選んでいいのかな?」
Sクン:「いいですよ。」
わたし:「どれがオススメ?」
Sクン:「これとこれがいいと思います。」
わたし:「それじゃあ、これをください。」
Sクン:「ありがとうございます!」

熱意にけて買いました(笑)。
TM RUSHから買った商品はこちら。
f0057453_2116488.jpg

ミサンガの1本は、この後会ったチングに1本あげました。
ストラップは、カワイイなぁ~とお世辞抜きで思って、
午前中にゲットしてました。

Happy Smileでは、女の子のカワイさを前面に押し出した営業方法(笑)で、
事務局スタッフにすり寄ってました。

最終的には、事務局スタッフやお母さま方が買い取った形で、
両チームとも完売しました。

この日、子どもたちがお店を構えた隣近所のお店では、
子どもたちから刺激を受けたり、
いつものマルシェよりにぎわっていたという感想があったり。
子どもたちのパワー、恐るべしです(^^)


昨日行われたまとめセミナーでは、
売上から仕入れ分や株主への配当金などを計算しました。
当初の予想より、自分たちが得られる利益は少なかったけれど、
純粋に自分たちががんばった結果をお金として手にできたということは、
子どもたちにとっては、貴重な体験だったと思います。

お母さま方に話を聴きましたが、当日の夜は興奮気味だったり、
翌日は、いつもと変わらず学校に行ったり、
こちらが心配したことは、全く起こらなかったそうです。
やっぱり、若いっ!
ただ、事務局スタッフ及びお母さま方は、
翌日はちょっと疲れが出たという点で意見が一致していました(苦笑)。

ジュニエコは、19日の修了式で今年の一連の活動を終わります。
私たちオトナからの感謝の気持ちを込めて、
ステキな修了式にしたいです(^^)
[PR]
# by k_kappy | 2011-11-06 21:17 | ライフワーク

新しいスタート

11月になったというのに、暖かい日が続いています。
例年では、この時期にコタツをいつ出そうかと悩んでいたはず。
まだまだそんな悩みは出てこなそうです。

さて。
1月末にOL業を終了し、細々と「個人事業主秘書」というお志事をしておりました。
何の準備もなく始めたものの、
たくさんの方々のおかげで、今も続けております。
流れのままに、そのまま続けていても何ら問題はないのです。
けれど、「けじめをつける」というか、「腹をくくる」というか、
手続きを踏むことによって、一線を引くことができるというアドバイスをいただきました。

そんなアドバイスをいただいたのが、9月の下旬。
そこから、屋号を何にしようかと考えていました。

「地域×業種×お客さまのメリット」

を盛り込むといいよというアドバイスもいただき、
ブランド・サルベージの新潟でのセミナーに向かう高速バスの中で、
ガツガツ書き出し、組み合わせ…
「おっ!」と思える組み合わせができました♪

仙台個人事業アシストオフィス

私のお志事は、事務仕事をお手伝いすることなのです。
よく「サポート」というコトバを使いますが、
「アシスト」というコトバもあることに、ある日、ふと気がつきました。
でも、どちらにどんな意味があるかなど調べもせず…(苦笑)。
そんな時、サポートは「後方支援」であり、
アシストは「側方支援」なのだというお話をある方から聴きました。
その時、
「私は側方支援がしたい!」
と思ったのと同時に、
教えてくださった方からも
「あなたの仕事は側方支援でしょ?」
と言われました。
というわけで、サポートではなくアシストというコトバを使いました。


屋号が決まりました。
次に、いつ付で書類を出すかを考えました。
キリのいいところで「1日」がいいなぁと思っていました。
最速の「1日」が10月1日。
そこで、コズミックダイアリーをチェック♪
すると、この日は、

完全性 調和させる かたどる 誕生 育む 存在

というキーワードの日。
おおっ!「誕生」 「育む」
ピッタリ(^^)
そして、この日は、亡くなったアボジの誕生日なのです。
もう、この日にするしかないじゃない!


創業の日にちも決まりました。
次に、いつ出しに行くかきめるのに、手帳とにらめっこ。
すると、10月27日と28日がポッカリ空いていました。
ジーッと手帳を見ていると、27日のところに「新月」の文字。
あら♪
この日にするしかないじゃない!


Facebookには、書類を出してきた日に書き込みましたが、
ブログではまだだったので(^^;)、ご報告です。

10月27日木曜日に、
2011年10月1日付けで「仙台個人事業アシストオフィス」という屋号で
仙台中税務署に個人事業主の届けを出してきました。



届けを出そうと「腹をくくる」きっかけをくれた方
腹をくくったことを後押ししてくれた方
屋号を考える時にアドバイスをくれた方
考えた屋号を聞いて、「いいねぇ~!」と言ってくれた方
報告に「おめでとう!」と言ってくれた方

さかのぼれば、もっともっとパワーをくれた方々はたくさんいます。
何年かかっても、そんな方々にお礼を言いつつ、
ステキにできあがった名刺をお渡ししていきたいです。


これからも、どうぞよろしくお願いしますm(__)m
[PR]
# by k_kappy | 2011-11-04 21:22 | お志事

うれしい便り

10月も折り返しです。

9月の怒涛のようなバタバタ具合よりは、ゆったりした感じ。
スケジュール的に、一定のリズムで毎週を過ごせるようになってる(笑)。
だんだん、自分のリズムができつつあるなぁと感じる今日この頃です(^^)


昨日、うれしい便りがありました。
「便り」というと手紙な印象なのは、大人になってから携帯を使い始めたからでしょうか?
「便り」は手紙ではなく、メールでした。
メールの主は、教え子クン。

「よーやく受かりましたー!先生に憧れてついに先生になりましたよ(晴れマーク)」

という内容でした。
教員採用試験の大変さは、私も経験しているので、自分のことのようにうれしかったです(^^)

彼は、私が4年間教員をしていたうち、
5年・6年と2年間担任をしたクラスにいました。
誕生日が私と一緒という偶然もあり、卒業してから何かとメールをくれていました。

大学を選ぶ時、教員になりたいという話を聴きました。
無事に大学に合格し、教員免許をゲットすべく勉強をしたのでしょう。

震災の時にもメールをくれました。

その後、すっかりごぶさたしていたのですが、
メールの文面から、
教員採用試験に挑戦しながら、臨時採用で5年生の担任をしていることが分かりました。


彼にとって、
私と過ごした2年間がどのように思い出に残っているかは分かりません。
私にとっては、
自分の人生の中でも5本の指に入るほどのヘビーな2年間でした。
教員を辞めて数年は、小学校生活最後の2年に、
いい思い出を作ってあげられなかったことへの申し訳なさが、いつも心のどこかにありました。
そんな私に憧れて教員になろうと思った人がいる。
もしかしたら、文字通り「体当たり」だったことが、何かを伝えられたのかもしれません。

おそらく、彼も「体当たり」で子どもたちに接する教員になると思います。
いつか、彼が担任する子どもたちに会ってみたいです♪


そういえば…
子どもたちに感じていた「申し訳なさ」をスッキリさせてくれたのは、これで2度目。
一度目は、数年前に行われた同窓会。
「いろいろあったよねぇ~」と数人で話していた時、
私は、この「申し訳なさ」を素直に伝えました。
その時、彼女らから返ってきた答えは、
「あれはあれで楽しかったよ」
そして、後日、ある教え子クンからのメールは
「今回、先生に会えてよかったです」
彼らが大人になったんだなぁと感じつつ、
これらのメッセージを素直に受け取ったことを覚えています。
そして昨日のメール。

本当にステキな教え子ちゃんたちに出会えたことにしみじみと幸せを感じます。
[PR]
# by k_kappy | 2011-10-16 22:42 | 日記
9月2度目の3連休、中日です。
今日は、Facebookページセミナーの2回目を受講してきました。
最近、広がってきていると言われているFacebook。
それを使って自分の会社をPRしていこうよ!
んじゃ、どうやってやればいいの?
というところを、先週と今日の2回でレクチャーを受けました。
仙台あたりでは、まだ、そういう内容のセミナーは早いと言われているようです。

最近、これと同じように、「今はまだ早い」と言われていることが
私の周りにはちらほら…。
「まだ早い」から、やらないで、みんながやり出したらやる。
たぶん、それでは遅い気がします。
だから、「まだ早い」というコトバは褒めコトバだと最近、思ってます(^^)

それはさておき。
このブログでも再三再四、お名前が出ている松尾公輝さん。
私が、この人の下で働きたいと想い、
今や、それがある意味叶っています。
外部秘書をさせていただいています。

その松尾さんが、「ブランド・サルベージ」という専門家集団を立ち上げました。
震災後、その専門家集団が、
「自分の何が、誰の役に立つのか?」を自問自答しながら、
仙台にある3つの中小企業をサポートしてきました。
その事例発表が来週の仙台(26日・29日)を皮切りに、
新潟(10/6)、福島(10/13)、盛岡(10/20)で行われます。

たぶん、業種が違っていても、何か自分のヒントになることがあると思います。
聴きに来た人たちの中で、ステキな出会いがあると思います。
お時間のある方は、ぜひ、聴きに来ていただければと思います。

「みっつの小さな会社は被災からこうして浮上した発表セミナー」
お申し込みはこちら


で。
セミナーの日程が合わない、場所が…という方に。
「ブランド・サルベージ」の専門家の方々が週替わりで執筆しているメルマガがあります。
私も購読していますが、毎週「へぇ~!」と思うことがたくさん!
無料です。
ぜひどうぞ→http://www.kanpai-kanpai.com/brand/mm.php


私自身も、

「自分の何が、誰の役に立つのか?」

を考えます。
それが、あることを決めるヒントになると思うから♪
[PR]
# by k_kappy | 2011-09-24 21:42 | 告知
今日は、

「第6回 みやぎ・やまがた
     地域を超えてチャレンジする女性の交流会」


に参加してきました。

2月に山形で行われた時には、
申し込んだものの、定員に達したということで参加できませんでした(;_;)
というわけで、今回はお知らせを聞いてすぐに申し込みました。

今回参加してみて、自分の中のテーマは「伝える」だと思いました。

交流会のテーマは、
「東日本大震災からの復興、私たちができること」

第1部はパネルディスカッションが行われ、
4人のパネラーの方から、テーマに沿った発表がありました。
中でも、南三陸町の産業振興課の方のお話で印象に残っているのは、

・チリ地震津波を経験して町内に5メートルの防潮堤を作った。
 地震発生後の気象庁の津波予測は6メートル。
 実際の津波は12メートル。
・「町はなくなっても人はいる」
・今の現状を正しく伝えるために、被災地学習プログラム「まなび旅」

ということ。

自分が、テレビやインターネットで得ている情報と同じものは1つもないと思いました。

町を復興するには、お金が必要。
そのお金を生み出すには、産業・商業を復活させる必要がある。
産業・商業を復活させるには、外からの人たちの協力が不可欠。
だけど、まだ観光客を受け入れられる状態ではない。
だから、「まなび旅」を実施して、
南三陸町の今の現状を目で見てもらって、地元に帰って伝えてほしい。

↑こんなこともおっしゃってました。


第2部は、フリーディスカッションでした。
震災を経験して思ったことや、震災後に変わったことをシェアし合い、
これからの課題、これからできることをまとめました。

私のいたグループで印象的だったのは、
山形で薪窯で焼くピザ屋さんを経営されている方が、
停電はしたけれど、薪窯だから影響がなく、食材もある程度の量があったので、
営業をしたけれど、営業していることを知らせる手立てがなくて、
お客様がいらっしゃらなかったと話されていたことです。
この情報が分かっていたら、提供する方も、される方もhappyになったと思います。
日の目を見なかったけれど、こんな風に動いていた人もいるのだということを
知ることができただけでも、よかったと思いました。


私が印象に残ったことは、たぶん、
他の人にも知ってほしい!という想いがあるから。
だから、印象に残ったことをこの場で、皆さんに「伝える」ことにしました。


敬愛するね~さんがパネラーとして登壇されて、
相変わらずのパワフルぶりと、きめ細やかで大胆な仕事ぶりを聴けたり、
久々に会えた方々もたくさんいたりして、
本当に参加してよかったなぁ~と思いました。

やっぱり。
女性ってたくましいなぁ~(^^)
[PR]
# by k_kappy | 2011-09-18 22:12 | 日記
気がつけば、今日で8月が終わり。
思えば、こんな書き方を前回もしたっけ…。
1ヶ月ぶりの更新となりました。
もう少し、頻繁に書きたいものです。

この1ヶ月もあんなこと、こんなこと、いろいろありました。

気持ちが軽くなったできごとがありました。
「できごと」というよりは、自分が行動したこと。
実は、お盆に実家に帰るまで、
オモニにはOLを辞めたことを話していませんでした。
(このことを話すと、驚く人あり、ごもっともという人あり、
リアクションがいろいろでした。)
事後報告のベストタイミングを、この半年ちょっと、探ってました(笑)。
7月中旬ぐらいから、お盆に帰った時に話そうと思えるようになりました。

実家に帰り、オモニの様子を静観。
彼女なりに、いろいろあったらしく、しゃべる、喋る!
とにかく、しゃべり終るまで待とうと決め、
ひたすら話をきく、聴く。
たっぶりしゃべってスッキリしたのか、こちらに話を向けてきたので、
カミングアウト開始!
ものの5分で終了。
反応は…
思ったよりあっさりしていて、ちょっと拍子抜け。
これは平静を装っているのか、それとも本当の反応なのか…
いろいろ考えてみたけれど、ふと思い出したことがありました。
オモニは、実はバリバリ働きたい人だったんじゃないかと。
なぜかといえば、
ひとつは、私が小学校の教員をすることが決まった時、
「学校の先生は、女の人が長く続けられる仕事」
と言っていたのを思い出したこと。
もうひとつは、私が小学校4年生ぐらいの時から、
何かしら仕事をしていたこと。
きっかけは、家計を助けるためのパートだったのかもしれないけれど、
アボジが苦言を呈しても、続けていたのを思い出したのでした。

ということは、今の私の状態は、オモニの夢まで行かなくとも、
自分ができなかったことを娘がしている、
と見ているのかもしれないなぁ~と思ったのでした。
何かをしてあげるのも親孝行だけれど、
毎日を楽しく過ごしていることで、自分が生き生きと元気にいることも、
親孝行になるのだと、つい最近気づいたこととちょっと繋がるなぁ~。

というわけで、スッキリとして気持ちが軽くなったのでした。


偶然が重なって、人が人を呼んだ出来事がありました。
教員時代、同じ職場で働いていた先生から、
お盆中にメールが来て、仙台に来るというお知らせをいただきました。
この先生は、何かと私に声をかけてくれ、
冬休みや春休みに、スキーツアーに誘ってくれました。
(あ。今、スキーはやりません(^_^;))

その先生と駅前周辺でお茶をすることになった日の午前中、
フェイスブックを見ていて、未読メッセージがあることに気づいて、開いてみると、
5、6年生を担任した時の、隣のクラスにいた女の子から
友達申請が来てました!
しかも1ヶ月ほど放置していた私…。
急いで、お友達になりました。

それから2、3日後。
フェイスブックに友達申請が来ていて、名前を見てビックリ!
教員時代に同じ職場で働いていた、保健室の先生からでした。

同じ時を一緒に過ごした人たちと、こんなに短期間に繋がるとは!
不思議な偶然でした。


他にも、あれも、これもといろいろ感じた1ヶ月でした。
来月「こそ」は、もう少しマメに書きたいです(^^)
[PR]
# by k_kappy | 2011-08-31 23:39 | 日記
お久しゅうございます(^_^;)

今日で7月が終わりです。
6月、7月は本当にいろんなことがありました。
あんなこと、こんなこと。
ダイジェスト版です。

<女子のチカラ>
6月初め、J300という東京でのイベントに参加してきました。
女性300人の集まりは圧巻でした。
たくさんの方にお会いして、とても刺激になりました。

なでしこ世界一は、リアルタイムで観ませんでしたが、
ダイジェストを観て、涙が出ました。
宮城県には常盤木学園という高校があり、そこには女子サッカー部があります。
全国大会でも上位に入る強豪校です。
そこの出身の選手が何人かいたというのを知り、うれしさ倍増でした。

どちらも、「女子のチカラ」を感じたできごとでした。


<人・ヒト・ひと>
東京に行った翌日、教員時代の同期に会いに行きました。
彼女が横浜で自宅の一部をサロンとしてオープンしたので、
そこを見に行き、久々にゆっくりと話ができました。
教員時代の同期で、今でも交流のある3人のうち、教員を続けているのは1人。
私を含めた3人は、全く違う仕事をしています。
かれこれ16年。
これだけ長く付き合えるのは、何かしらの感覚が似ているからかも。

山形でステキなお店をやっているNLPの同期に会いにも行ってきました。
GWに行った時、一目ぼれしたブレスレットがありました。
それがどうしても忘れられず、どうしても欲しくなったので買いに行き、
住宅地の中にある自宅を改装した洋食屋さんでランチをしながら、話に花を咲かせました。

高校時代のチングからの1通のメールがきっかけで、たくさんの人が繋がりました。
NPOファザーリング・ジャパンという団体の方が
岩手で絵本の読み聞かせの被災者支援を行った後、
仙台に寄られてからお帰りになるということで、
約4時間で2件のアポをセッティング。
いずれのアポもその後、諸々、ただ今、進行中。
これからが楽しみです♪

J300でお会いした方が、気仙沼で写真復元のボランティアに参加されるということで、
ボランティアの前に仙台に寄られました。
私がJ300に参加するきっかけをくださった、N子さんにお声がけいただき、
晩ゴハンをご一緒しました。
ボランティアをしながら、
実際に被災した方々が何を願っているのか、何を欲しているのかを伝える活動をされています。
http://www.lunacreation.jp/20110612-19.html


<自分と向き合う>
2年前にNLPを勉強し始めて、
今まで自分のことをないがしろにしていたことに気づきました。
この2年間、少しずつ、自分のことをまず大切にすることができるようになり、
特にこの2ヶ月は、自分と向き合う機会が多く、
また、過去に感じた辛かった想い、悲しかった想いを思い出す出来事がいくつかありました。
過去にフタをしてしまった想いは、何年たったとしても、
鮮明に思い出されるんですねぇ~。
思い出し、感じ切ると、スッキリ♪
まだまだ出てきそうです。
8月は、かんたんな「自分史」を書いて、「思い出し、感じ切る」をやっていこうと思います。



今の自分は、2ヶ月前の結果だという話を聴きました。
ということは、6~7月の結果がこれから出てくる。
どんなことが待ち受けているやら…。
日々、楽しみたいと思います♪
[PR]
# by k_kappy | 2011-07-31 23:34 | 日記