暖かくなってきました♪


by kappy
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:スポーツ( 26 )

チームのために

今日は長嶋さんと松井さんの
国民栄誉賞の授与式がありました。

大好きな『モヤモヤさまぁず』を観終わって、
チャンネルを変えたら、
ちょうど、始球式が始まるところ。
ちょうどよかった!

長嶋さんの名前がアナウンスされて、
バッターボックスに向かう姿を見て、
涙が出ました。

始球式は、
長嶋さんがマジで打ちにいったけど、空振り。
その光景は、とても微笑ましかった001.gif

巨人のファンの方々だけではなく、
野球ファンも、
野球はよく分からない人も、
今日の国民栄誉賞授与式と始球式を見て、
何かしら感じることがあるのでは?

身体が不自由になってからの長嶋さんは、
あまりテレビでは姿が見られなくなりました。
身体が資本の職業だった方が
その身体が不自由になることは、
想像以上のショックだったのではないかと思うのです。
でも、テレビを通してたまに見る長嶋さんは、
いつもと同じ笑顔で、肌がツヤツヤ072.gif
やはり、ただ者ではないのかも…
と感じました。

夜のNHKのスポーツニュースで、
松井さんのインタビューを観ました。

たとえ自分がホームランを打っても
チームが勝たなければ嬉しくない

自信を持って言えるのは
ずっとチームの勝利を一番に考えて
プレーしてきたこと


私が考えていた「チームプレー」を
遥かに越えた「チームプレー」でした。

自分自身の目標があり、
それは同時に、チームが勝つこと。
だいたいのプロ野球選手は
そう考えているのだと思っていました。
でも、松井さんは違っていました。
とにかく、
チームが勝つこと
チームが優勝すること
これが彼自身の目標。

「チームのために」
という想いは、人それぞれ。
松井さんは野球を始めてから、
ずっとこの想いでやってきたのでしょう。
今、ふと星稜高校時代の全打席敬遠を
思い出しました。
松井さんにとって、
ヒットが打てなくてチームに貢献できないより、
敬遠されて、何もできなくてチームに貢献できない方が
悔しいのではないかしら?
と、勝手に思い巡らせてみました。


スポーツは元々大好き♪
そして、人好き♪
選手の人となりや、
人間関係が垣間見られると
より一層楽しめます003.gif
[PR]
by k_kappy | 2013-05-05 23:21 | スポーツ
バンクーバーオリンピックが閉幕しました。
始まる前は、

「へぇ~。オリンピックねぇ~。」

ぐらいのテンションだったのに、
始まれば、すっかりくぎづけでした。

本当は、ちょこちょこ語るつもりだったのに、終わってしまったので、
まとめて感じたことを書いておきたいと思います。

・プラスアルファのチカラ
開幕してすぐの男女のモーグル競技を観ました。
観ての感想は、プラスアルファのチカラが必要だということ。
特にそれを感じたのが女子のモーグルでした。
決勝で、勝負する選手がたくさんいました。
いい滑りができていいタイムが出る選手もいれば、
いいタイムを出すためにコースアウトしたり、
いい点数を出すためにエアの着地を失敗したりする選手もいました。
みんな実力はあるのです。
でも、オリンピックという舞台でその実力を出すことは大変なこと。
ましてや、勝負するということは実力以上の
「プラスアルファのチカラ」を出すことなんだなぁと思ったのでした。

モーグルつながりで、余談です。
前回、男子モーグルにかつて働いていた学校で
隣のクラスにいた彼が出るというお話をしました。
当日は、上司にまじめな顔でテレビをつける許可をいただき(笑)、
職場の皆さんで観戦しました。
スタート前の気合いの入った表情に、面影を感じつつ、
20数秒という短い間に、長い間の努力が凝縮されていました。
転ばずに無事にゴールできたことにホッとしたら、涙が出てきました。
人生で初めての経験でした。
ほんの数十秒で人を感動させられる職業って、スゴイ!と思ったのでした。

・コメントにうなる
メダルを獲った人も獲れなかった人も、コメントに重みがありました。
そう感じるのは、私が歳をとったせいでしょうか…(苦笑)。
「なるほどなぁ~」と思ったり、
「だからメダルが獲れたんだねぇ~」と思ったり。
オリンピックに出ることは、十分成功者だと思います。
そんな成功者の人たちのやっていること、思っていることは、
私たち一般人にも参考になることがたくさんありそうです。

・ピークはいつ?
真央ちゃんが今回銀メダルを獲ったこと。
カーリングが予選敗退したこと。
高木美保ちゃんの成績が振るわなかったこと。

何か意味があるんでしょう(占い師風に)。

人生のピークというか、選手時代のピークが、
今回のオリンピックじゃなかったってことのような気がしました。
たぶん、次のソチオリンピックの時にも彼女らは出場するでしょう。
そして、「前回のバンクーバーがあったので…」
みたいなコメントするのかなぁ~、なんて思うのです。

今の自分は、昨日までの自分からできているわけで。
勝負の神様か、氷の神様か分からないけれど、
「今じゃな~い!」と思ったのかなぁ~、なんて思うのです。

勝負の世界にはいないけど、果たして私の人生のピークはいつなのか??
ま、それは置いておいて(笑)。

いろいろ語りましたが、要するに(?!)、

「スポーツって、やっぱりおもしろい!」

ということを再確認しました。
時差に悩まされなくて、本当によかったぁ。

<きょうのひとこと>
オリンピックで感じたことを自分の毎日に生かしていこう!

[PR]
by k_kappy | 2010-03-02 22:42 | スポーツ

ハニカミ王子、優勝!

スポーツ好きの私ですが、ゴルフにはどうも興味がなくて…(苦笑)
自分でやろうとも思わないし、週末にあるテレビ中継も見向きもしません。
しかし、情報は自動的に耳に入ってくるわけで…。

今朝、「渇っ!」でおなじみの某番組を見ていたら、
ハニカミ王子が昨日の時点で3位とのこと。
「へぇ~」と思いつつ、今日がスタートしたのでした。

食料品の買出しから帰ってきて、テレビをつけるとハニカミ王子が映っていました。
他に見るものもなかったので、今朝のことをふと思い出して、
そのまま見てみたら、すごいことになりました~!
私が見始めた時には2位に順位を上げてました。
そして。1位に並び、単独1位になり…。
最後は池にボールが落ちて、どうなるかと思いましたが、
スコアをキープして優勝!

17歳ですよ?!
すごいですねぇ~!
プレーしている最中に泣きたくなったそうです。
フツーのプロがそんなこと言ったら、「何言っちゃってんの?」と思うけど、
王子が言うと、「そうだったのねぇ~。がんばったねぇ~」って思います(笑)
そんなことを思いながらプレーしていたとは思えないぐらい、
強靭な精神力を持っていると思います。
これからどうなっちゃうんでしょうね?
日本版タイガー・ウッズって感じでしょうか?
とにかく、このまま伸びてほしいです。

これからは、ゴルフにもちょっと目を向けてみましょうか♪
[PR]
by k_kappy | 2008-11-02 23:52 | スポーツ

がんばれ!同学年

ゴールデンウィークが終わりました。
「黄金週間」というだけあって、これだけ祝日が続くのは、この5月だけ。
毎年、カレンダーやら手帳やらを新しく買った時に
まずチェックするのが、ゴールデンウィークが何連休かということ。
あぁ~また1年がんばって、来年の「黄金週間」に備えましょう!

伊達公子さんが現役復帰しました。
初戦はシングルス準優勝、ダブルス優勝!
ねえさん、でかした!という感じです(笑)
伊達さんは私と同学年です。
私も数年前まではテニスやってました。
この2つだけだけど、共通点が多い分、思い入れが強いです。

テニスって、年をとってもできるスポーツです。
かつて試合に出たことがありますが、
おばちゃんたちにコテンパンに、完膚なきまでに叩きのめされたことが何度もありました。
若さではどうしようもなくて、テニスのテクニックや戦術がしっかりしていると、
年齢的下克上は簡単に実現されるスポーツだと思います。
バシバシ打たれても、打たれた力を借りてコースを的確に狙って打ち返したり、
ゆったりとした速さのボールで、確実にコースを突いてきたりと、
試合慣れとゲームの運び方を心得ているおばちゃんたちがたくさんいます。

伊達さんにもそれが通じるのかなぁと思いました。
彼女の独特の打ち方とか、ゲームの進め方とといった、昔の感覚は
試合を重ねれば重ねるほど、よみがえっていくんじゃないかと思うのです。
一つ心配なのは、体力でしょうか?
勝ち進めば連戦になります。
現役時代はシングルス主体でしたが、今はダブルスにも参戦しています。
1日2試合をこなすのはかなりキツイと思われます。
その点を考えて、なるべく体力を温存できる試合運びをこれからしていくのでしょう。

今日も試合があったようです。
ダブルスは負けてしまいましたが、シングルスは勝ったそうです。
ぜひがんばって、勝ち残ってほしいです!

伊達さんの復帰の目的は、若手を育て、テニスファンを増やすことなのだそう。
その道の第一線で活躍した人が、みんなこうやって何らかのアクションを起こしたなら、
日本のスポーツ界はどんどんよくなっていくでしょうねぇ~♪

これからも伊達さんから目が離せません!!
[PR]
by k_kappy | 2008-05-07 21:49 | スポーツ

Qちゃんの精神力

日曜日に名古屋国際女子マラソンがあった。
Qちゃんこと高橋尚子選手が北京オリンピックを狙える最後の選考レース。
マスコミは騒ぎ立てた。
今までのマラソン人生で、名古屋国際というレースは
Qちゃんにとって節目のレースだったそうな。
ということは、今回も…という期待があった。

当日、私は別の番組をテレビで観ていたけれど、
途中で気になってチャンネルを変えてみた。
そうしたら、先頭集団にQちゃんがいない…。
なんでいないのぉ~?と思いつつ、Qちゃん情報が得られるまで、ずーっと観ていた。
すると…。先頭集団から離れること2分以上。
やっとQちゃんの姿が見えた。
その姿は素人目に見ても、スピードがなかった。
体も太もも辺りが太い気がしたし、上半身もちょっと丸い感じがした。
(といっても、一般人に比べればえらく締まってますけど…)
レース前日の記者会見の様子を思い出したら、
その後は、なんだかいたたまれなくなって、チャンネルを戻した。

結果、Qちゃんは27位。
そんな順位でも記者会見はしなくちゃいけないらしい。
悔しいんだろうけど、ムリして明るく振舞っている感じには見えなかった。
そこで明らかになった、8ヶ月前の半月板の手術。
その事実を明らかにする時、Qちゃんはちょっと言いにくそうな感じだった。
やっぱり、同情されたくなかったのかしら?
だったら、27位という順位はしょうがない、と思われるのがイヤだったのかしら?
手術をしたという事実が分かれば、レース展開もうなずけるし、
素人目に見ても違う体型もうなずける。

前日の記者会見やレース後の記者会見でのQちゃんの笑顔。
それには、彼女の精神力の強さが表れている気がする。
前日の記者会見では、自分の体調に不安があったに違いないのに
自分を奮い立たせるかのような発言とはつらつとした笑顔。
そしてレース後の記者会見では、重圧から解き放たれた安心感と
結果が出せなかった悔しさが入り混じったかのような、穏やかな笑顔。
私にはそんな風に見えた。
Qちゃんより年上の弘山晴美さんはまだバリバリ現役。
この日も9位という成績を残している。
ならば、Qちゃんもまだまだいけるはず!
だって、こんなに強い精神力を持っているし、走ることが何より好きだから。
[PR]
by k_kappy | 2008-03-11 22:18 | スポーツ
日曜日に大阪国際女子マラソンがありました。
話題は福士加代子選手のマラソン初挑戦。
マラソン初挑戦にしてオリンピック代表を勝ち取るのか?って、大騒ぎしてました。
この日、私はテレビ観戦しないで、夜のスポーツニュースで結果を観ました。
福士選手、壮絶なゴールでしたね。
最初は飛び出して独走状態。
でも、30キロ以上練習で走ったことがなかったらしいですね。
体は正直で、30キロを超えたあたりから、どんどん抜かされ始めました。
その後、転倒しましたね。
練習中の通算距離としては、マラソン何回分かを走ったと思うんですけど、
一度も42.195キロを走ってないから、足が動かなくなってしまったんでしょうか…。
そうやって考えると、本当に人間の体って正直なんですね。
鍛えれば鍛えた分だけ応えてくれる。

素朴な疑問ですが、マラソンに出場するのに、
なぜ42.195キロを走る練習をしなかったんでしょうか?
たとえば、私がマラソンに出ようと思ったら、
まずは長い距離が走れるように練習をするだろうし、
少なくとも一度は42.195キロ走ってみると思うんです。
素人でもそう考えるのに、アスリートである福士選手はなぜ…?

これで、福士選手がマラソンでオリンピックに出ることは不可能になりました。
今後、トラックでオリンピックを目指すんでしょうか?

それにしても、転びながら最後まで走りきったのはすごいなぁと思います。
ゴール手前で転倒した時の表情は苦しいというより、
ちょっと微笑んでいた感じにも見えました。
それだけ走ることが好きなのかもしれません。
この悔しさをバネにがんばってほしいものです。
[PR]
by k_kappy | 2008-01-29 19:32 | スポーツ

遅まきながら

もうある程度の決着はついたようですが、
語らずにはいられないので、
今日は亀田一家の一連の騒動について物申したいと思います。

あの試合は、私は観ませんでした。
スポーツニュースでダイジェストを観て、完敗だったなぁと思いました。
その後、実は反則行為があったことで大騒ぎになりました。
映像として残っているので、亀田パパと興毅クンの言い訳は
かなり苦しいものがあったなぁと思いました。
そして、大毅クンのやったことは、一つ間違えば、
内藤選手の選手生命をおびやかすことになったかもしれないこと。
負けたくない一心でそうしたのかもしれないけれど、
その時点で大毅クンは選手としてまだまだなんじゃないかしら?
そして、彼自身もそれを分かっていたんじゃないかしら?

大騒ぎになって、やっとみんなの前に出てきました。
当人の大毅クンは別人のように、抜け殻のようになってしまいました。
あの姿はちょっとショックでした。
負けてしまったからなのか、その後のマスコミのたたき方にショックを受けたのか、
どうなのかは本人にしか分かりません。
ただ、同じボクサーとして自分のやったことを本当に悪いと思うなら、
あの場で内藤選手に対して「ごめんなさい」の一言でも言ってほしかったなぁ。
自分が逆の立場で同じことをやられたとしたら、
大騒ぎをしたんじゃないかなと思ってしまいます。
そして、パパ。
もともと口下手な人だということはテレビを観れば分かります。
ただ、あの場でのあの態度はいかがなものか?

パパの言動がまた波紋をよんで騒ぎは一段と大きくなりました。
ボクシング協会からの処分も発表されました。
そして、亀田家を代表して、興毅クンが出てきたわけです。
あの記者会見を見て、ちょっとホロッときそうになりました。
興毅クンの、うつむくことなく真っ直ぐに前を向いて、
自分の言葉で一生懸命話す姿と、お父さんへの思いに。
こんなに息子に思われている亀田パパ、もうちょっとがんばれよ!とも思いました。
あれじゃあ、謝罪になってない!って言う人もいるけれど、
私は十分だったんじゃないかと思うのです。
まだ若くて、才能もある彼らをここで潰してしまうのはもったいない。
それに、今ごろになって今までの言動とかパフォーマンスがどうのこうのと
言う人がいますが、その片棒を担いだのはマスコミでは?
それが、このような事態になれば今度は完膚なきまでにたたく。
嗚呼、マスコミってコワイわぁ。

興毅クンの会見の反応で面白いことがありました。
けっこう男性の方で許せないと言う方が多いんですね。
女性の方は、私と同じように十分だったと言う方が多い気がします。
これって、やはり同性の目は厳しいということでしょうか?

この一連の騒動が、興毅クンたちの亀田パパからの親離れになる気がします。
これからは、ボクシングで私たちを納得させてほしいですね。
[PR]
by k_kappy | 2007-10-30 22:18 | スポーツ

あっぱれ!

あっぱれ! その1
サッカー日本代表VSカメルーン代表
出張先のホテルで観ましたが、6時半からとは知らず、
見始めたら1-0で勝っていました。
大久保、田中達也、前田、闘莉王の名前が…。
懐かしのアテネオリンピック組です。
その世代がA代表の大半を占めていることに時代の流れを感じます。
カメルーンといえば、バルセロナにいるエトーが有名ですね。
やはり彼がボールを持つとコワイ。
しかも他の選手も足は長いし、走れば速いんです。
身体能力の違いがよく分かります。
アフリカ、恐るべしです。
身体能力とFIFAランキングでは明らかに劣る日本ですが、
国内組だけで勝っちゃいました!
しかも900号のメモリアルゴール!
途中出場の山瀬がスカッとするゴールを決めました。
昨年のワールドカップ以降、ワールドカップに出た人たちより若い人たちが
育っているのか心配していましたが、ちょっとホッとしました。
ワールドカップ予選をがんばらなきゃいけない日本にとっては、
意味のある勝ちだったと思いました。

あっぱれ! その2
夏の高校野球 佐賀北高校優勝
何があっぱれって、公立高校が優勝したことでしょう。
今年は特待生問題があっただけに、とても意味のある優勝だと思います。
今朝の「めざましテレビ」で佐賀北高校のOGである
中越典子さんのインタビューを観て、うらやましくなりました。
母校の応援をしに甲子園に行くのが私の夢だったんです。
が、高校に入った時点で一生叶わない夢になってしまいました(泣)。
なにせ、女子高だったもので…。
それはよしとして、今回公立高校が優勝したことで、
全国の公立高校の野球部は勇気づけられたことでしょう。

その3として、サッカーのオリンピック予選勝利について書こうと思いましたが、
格下相手に1-0ということで、今回は断念しました。
ちょっと大沢親分の気分になって、今日は書いてみました(笑)
[PR]
by k_kappy | 2007-08-23 21:42 | スポーツ

歴史を塗り替える

今日、楽天が勝つと球団史上最多勝利タイ。
今、結果をネットで見てみたら!
勝ったじゃありませんか~!
球団史上最多勝利タイの47勝目。
年間100試合以上あるというのに、今まで47勝以上できなかったんだね…。
今年は、最高で4位まで行ったし、
3度目の正直ならぬ、3年目の正直って感じかな。
とは言っても、今は最下位争い中だけどね。
まだ3年目だから、どんどん歴史をいい方に塗り替えてほしいなぁ。
荒川静香ちゃんが金メダルを取ったときのように、
市内を優勝パレードしてくれる日がいつか来るかしら?
地元に住んでる者としては、弱いといえどもやっぱり気になっちゃう。
[PR]
by k_kappy | 2007-08-16 21:13 | スポーツ

いいぞ!楽天

最近、楽天が調子いいんです♪
勝率も5割を超え、4位になったらしい\(^o^)/
今シーズンはとっても粘り強いのです。
やっぱり野村監督ってすごいんだなぁ~。
昨年は、新庄見たさに見に行ったけど、
今年は純粋に楽天を見に行くために行ってみようかなぁ~♪
見に行ったら、ぜひ勝っていただきたいわぁ~!
[PR]
by k_kappy | 2007-05-31 22:38 | スポーツ