暖かくなってきました♪


by kappy
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:旅行( 26 )

今年も行きました♪

韓国♪
今年も行ってきました(^^)v
昨年行ったことは、このブログには書けずに終わってしまいました(;_;)
今年は書きます!えらく長いです!

今年は3人旅でした。
昨年同様、アルファベット3文字の旅行会社にお世話になりました。
(2つありますな(笑)ご想像にお任せします)
ネットで初売りを狙い、2泊3日19,800円で行く予定でしたが、
3人でネットでがんばったものの、それはゲットできず(T_T)。
次にお安い2泊3日で20130円をゲットしました。
実際には、直行便を選んだため、これに1900円をプラスして22030円也。
いやはや。
国内旅行よりお安く海外に行けるんだなぁ~♪

旅行に行く前に、3人で集まって旅の計画を立てました。
各々のやりたいことや行きたい所を赤裸々に語ってみたところ、
今回の旅の目的は次のようになりました。

☆行きたい所:韓国風のカフェ
☆やりたいこと:極上エステ
☆買いたい物:化粧品、メガネ、洋服
☆食べたい物:レバ刺し、タッカンマリ、お粥、韓定食

この目的をすべて達成するべく、立てた行程はこんな感じ。
<1日目>
 ホテルチェックイン→明洞へ→めがね屋→露店&化粧品屋でお買い物→
 東大門へ→晩ゴハン(タッカンマリ)→東大門ファッションビル
<2日目>
 朝ゴハン(お粥)→ロッテアウトレットでお買い物→お昼ゴハン(韓定食)→三清洞へ→
 カフェ→明洞へ→お買い物→晩ゴハン(レバ刺し&焼肉)→極上エステ
<3日目>
 帰るだけ

さて、実際はどうだったかというと…

2月18日 月曜日
午後の飛行機で仁川空港へ。
機内食でちょっと遅いお昼ゴハン。
f0057453_1183214.jpg

数独に没頭しているうちに、仁川空港に到着。
小金井市で日本語を勉強したというガイドさんに連れられて、バス移動。
まず、ホテルに荷物を置いてチェックイン。
バスにまた乗り込んで、ロッテ免税店へ。
ロッテといえば、韓国の大企業。
免税店が入っている建物は本当に大きくて、ビルの入り口はクリスマスのよう。
f0057453_227982.jpg

ここで1時間、放たれます。
化粧品コーナーに行きましたが、あまり魅かれる物はなく、
ひと通りぐる~っと見て、1時間経過。
やっと自由行動♪

免税店に寄るのはお約束になっており、パスできないのであります(>_<)
しかしながら、ロッテ免税店だったのは、場所的にはとてもラッキーでした♪
私たちの行程では免税店の後は明洞に行く予定て、
ロッテ免税店からは歩いてすぐの場所なのでした。
自由行動になったのが19時過ぎ。
予定では、晩ゴハンはもうちょっと先でしたが、
さすがにお腹がすいて、小腹を満たすために屋台でひと休み。
f0057453_2214188.jpg

この屋台には昨年も来ました。
お客さんがいっぱいいて、トッポギがとっても美味しかったのです!
お店の人が、わざわざテーブルと椅子を出してくれたので、
寒かったけど、ちょっとゆっくりできました。

小腹を満たして元気になり、露店を物色しながら、
気になるお店があれば、のぞいてみました。
そして到着したのがめがね屋さん。
私は、昨年来た時にもめがねを買いました。
韓国はめがねが安いので、今年も買おうと決めていました。
めがね屋さんへ到着し、いろんなめがねを試してみました。
種類がありすぎて迷っていると、店員さんからどんな感じがいいかを日本語で訊かれ、
「今、かけているのとは違う感じで」とザックリしすぎるオーダーをしたところ、
店員さんは、1つに絞るには迷うほど、ステキなめがねを次々に私にかけてくれました。
最終的に決めためがねは、韓国で買ったにもかかわらず、デンマーク製でした(笑)。
日本のめがね屋さんと同じように、視力を測ってくれて、翌日に取りに来ることにしました。

お店を出て、また露店を物色しながら、化粧品屋さんへ。
露店は、靴下、カバン、ベルト、お菓子など、いろいろなお店が出ています。
途中で思わず目に留まり、食べたものがこちら。
f0057453_22301459.jpg

ジャガイモを皮むき器のようなものでクルクルとカットしたものを
棒に差して油で揚げたもの。
そこにチーズ味やちょっと辛めのパウダーがかかっています。
棒に差したソーセージにジャガイモをカットしたものが巻いてあるバージョンもありましたが、
美味しい晩ゴハンを食べるために、今回はチーズ味のジャガイモのみにしてみました。
ポテトチップスよりは柔らかく、フライドポテトよりはちょっと歯ごたえがある感じ。
美味しいけれど、少々食べにくい(^_^;)

このあたりで、既に21時を過ぎていましたが、人・人・人。
人をかき分けつつ、目標の化粧品屋さんへ。
今回の旅の目的を化粧品ゲットにしていたチングは、
なんと事前にネットで調べて、ブランド・品名を書いたメモ持参!
私は、特に買う気はなかったけれど、
「このお店のこれがいい!」と言われると、思わず前のめり(笑)。
お土産用のパックやら、自分用にシミに効く美白クリームやら、
かわいい容器に入ったマッサージピーリングクリームやら…。
お店に寄るごとに、荷物が増えていきました(^^;)

この日に寄るお店は網羅したので、タクシーで東大門へ移動。
韓国のタクシーはとっても安い!
基本料金は、日本の3分の1ぐらい。
明洞から東大門までは、ちょっと距離がありますが、気兼ねなくタクシーに乗れます。
しかも、タクシーの座席は革張りで、とっても乗り心地がいい♪
外の景色を見ながらしゃべっているうちに到着。

仙台で言うと壱弐参横丁の雰囲気に似た場所が「タッカンマリ横丁」と言われているエリア。
タッカンマリは、鶏一匹という意味。
いろんなお店がありましたが、勘で入ってみました。
飲み会をやっているグループがいたり、
親戚なのか、知り合い同士なのかはわかりませんが、
おじちゃん・おばちゃんたちのグループがいたり、
地元の人たちでとてもにぎわっているお店でした。
そのお店のメニューはタッカンマリだけ。
おばちゃんが鶏のぶつ切り、ジャガイモ、キノコなどが入った鍋を持ってきてくれました。
f0057453_22575562.jpg

それを火にかけて、グツグツ煮込みます。
f0057453_22582650.jpg

その間に、おばちゃんがタレを作ってくれました。
食べてみたら、鶏が柔らかくて美味しい!
スープだけ飲んでみると、さっぱりしているけれど、鶏のダシがしっかり出ていて美味しい!
最後はラーメンを入れて〆るらしいけれど、
鍋を完食したら、お腹がいっぱいで、それ以上は入りませんでした。
あのスープにご飯と溶き卵を入れておじやにしたら、美味しいだろうなぁ~♪

満腹になりながら、東大門のファッションビルへ。
その途中で、暗闇の中に銅像を発見!
f0057453_1231352.jpg

この方がどなたか分からないけれど(笑)、記念撮影。
次の日にネットで調べてみたら、チョン・テイルさんという方の銅像だと分かりました。
東大門で労働運動していた方で、
22歳(1970年)の時、理不尽さを訴えて焼身自殺をして亡くなったとのこと。
それが分かっていたら、もうちょっと礼儀正しい記念撮影したのに…(>_<)

チョン・テイルさんに別れを告げて歩いていると、問屋街に入りました。
帽子、ベルト、靴下、スカーフ、傘など、いろんな種類のお店がありました。
この辺りに着いたのは23時半ぐらいでしたが、
閉まっているお店の方が少ないぐらいでした。
いろんなお店を物色しながら、目的のファッションビルに到着♪

いくつかあるビルのうち、私たちが行ったのはドゥータ。
洋服が欲しいというチングの目的を達成するために、地下2階からスタート。
どのお店もオシャレ。
特に靴屋さんとかばん屋さんは、とってもステキなデザインのものが豊富。
しかも、お値打ち価格!
いいものは、やはりそれなりのお値段がしますが、
見た感じで値段を予想して値札を見ると、思ったより安いものがたくさんありました。
来年は、東大門で問屋街&ファッションビルを周って、靴とカバンをゲットした~い!

東大門のファッションビルは明け方の5時まで営業。
夜中でも、人がけっこういるんです!
現地ガイドさんが、「帰るまで寝ないで遊んでください!」と言うのに納得。

すっかり荷物が増えて、タクシーでホテルまで。
乗ったタクシーの運転手さんが本当に流暢な日本語を話していました。
自分で勉強して覚えたとのこと。
私もがんばって韓国語を覚えよう!

ホテルの部屋が、とても韓国らしいオンドル部屋でした。
写真を撮り忘れたので、ネットで探したものでご紹介。
f0057453_23332476.jpg

画像では分かりにくいと思いますが、
写っている布団の隣に、あと2枚、川の字に布団が敷かれていました。
真ん中の布団はは完全に両側の布団に重なっていて、この部屋に3人で寝るのはどうなの?と思い、
チェックインの時にガイドさんに訴えてみましたが、
残念ながら満室で、この部屋を使わざるを得ないことに(-_-)
真ん中の布団を既に敷いてある布団の足側に移動して、
どうにか気兼ねせずに寝られる環境を作りました。
この日の就寝時間は、確か夜中の2時をまわっていたかと(^^ゞ



2月19日 火曜日
確か、10時過ぎにホテルを出発。
前日、フロントの人にお粥屋さんが近くにあることを教えてもらっていたので、
そこを目指して、テクテクと。
ホテルから150メートルぐらい歩いた所にあると言われていたのに、
それらしきお店が見つからず。
通り過ぎたのかと思い、戻ってみても、やっぱり見つからず。
あきらめてロッテリアに入ろうとした時、
ふと目に入ったお店は食堂っぽかったので、ダメもとで入ってみると、ありました!
フロントの人が言ってたお店(^^)
こんなお粥を食べました。
f0057453_23462457.jpg

アワビらしき食感があり、野菜も入っていて、優しいお味でした。
お通しのキムチやカクテキを入れて食べると、味が変わって、また美味♪
このお店では、テイクアウトでのり巻きを売っていて、
私たちが食べている間に数人、のり巻きを買いに来ました。
私たちの他にも数組お客さんがいましたが、
そんなことはおかまいなしで、
りんごを食べながら仕込みをしているおばちゃんが忘れられません(笑)。

タクシーで向かったのは、ソウル駅にあるロッテアウトレット。
ここにZARAのアウトレットがあります。
お店に入ったとたん、暗黙の了解で自由行動(笑)。
私はあまり買う気はなく、
安くて気に入ったものがあればラッキーぐらいのテンションだったのですが…
「これ、絶対似合う!」と一着渡され、それが自分では選ばない感じだったもので、
そこからエンジンがかかってしまい…荷物が増えました(^^ゞ

次は、ロッテアウトレットの隣りにあるロッテマート。
日本でいうと、イオンみたいなスーパーマーケット。
昨年は、泊まったホテルの向かい側にスーパーがあって、
そこでずいぶん楽しませていただきました(^^)
今年もスーパーは寄りたいと思っていたので、ちょうどよかったです。
欲を言えば、ここももうちょっとゆっくりと見たかったぁ(;_;)
ここでも荷物が増え(^^ゞ、
レジの近くにあった大きなバッグを買って、それに詰め込みました。

ロッテマートで買ったヨーグルトドリンクを飲みながら、
f0057453_23593256.jpg

この後の作戦会議。
この時の時刻が14時半過ぎ。
朝ゴハンのお粥が思いのほか腹持ちがよくて(笑)、
お昼ゴハンに予定していた韓定食を夜にスライドし、
晩ゴハンに予定していたレバ刺し&焼肉を、レバ刺し&軽く何かに変更。
そして、極上エステを送迎付きのあかすりエステに変更。

次に向かったのは三清洞(サンチョンドン)のカフェ。
本屋さんに行った時に見つけた
『ソウルカフェ』という本に載っているカフェへ向かいました。

タクシーの運転手さんにがんばって韓国語で伝えてみたけれど、
おじちゃんには理解不能だったようで、
行きたいカフェの地図が載っているページを見せると、ナビに登録してました(笑)。
景福宮(キョンボックン)を通り過ぎて、狭い道の通りに入った所でタクシーが停車。
無事に着きました!
チャマシヌントゥルというお店♪
(リンク先は、この本の著者さんのブログです)
案内してもらった席は、とても落ち着ける席でした。
(著者さんのブログを後から見たら、「特等席」と書いてありました!)
席から見える中庭。
f0057453_0171079.jpg

頼んだお茶の名前は忘れましたが(^_^;)、消化を促す作用があったような…
f0057453_0185728.jpg

本にも載っていたカボチャの蒸し餅♪
f0057453_020495.jpg

モチモチしていて美味しかったぁ(^^)
お茶のポットが置きながら温められる優れもの。しかもハートでカワイイ♡
f0057453_0215623.jpg

とても日当たりのいい席だったので、ゆっくりまったり休憩できました。
帰りに席から見えた中庭をパチリ。
もう少し暖かくなると、この中庭もキレイだろうなぁ♪
f0057453_0252887.jpg

タクシーが拾える大通りまで歩いたら、気になるお店が次々と目に入ります。
来年は、このエリアを1日ゆっくり堪能した~い!

カフェでお茶とお菓子を食べたのですが、
次に向かったのは明洞の韓定食のお店(^_^;)
頼んだら、2人のおばちゃんがウヮーッと来て、ウヮーッとお皿を並べていきました。
f0057453_027522.jpg

それぞれにご飯とお味噌汁付きで、これを3人でいただきます。
この他に、焼酎(チャミスル)と海鮮チヂミを頼んでみました(^^)。

美味しくいただいた後は、お買い物♪
昨日に引き続き、化粧品屋さんを周ります。
ちょうどなくなりそうになっていた口紅とチークをゲット。
どのお店も、本当に日本語の流暢な店員さんがいて、全然困りません。
しかも、化粧品について、とても丁寧に説明してくれました。

全てのお買い物を終えて、レバ刺しを食べに行きました。
席に座って注文したら、「今日は入ってない。明日は入る」ですって~!
どうやら、牛の屠殺場が毎日開いているわけではないらしく、
屠殺した日じゃないと、レバ刺しはお店に出ないそう。
しかも、本来は予約制。
レバ刺しが好きで、日本では食べられなくなった今、
韓国なら食べられると楽しみにしていたチングはガッカリ(>_<)
荷物も足取りも重く、あかすりエステに備えて、一度ホテルへ。
晩ゴハンを食べたはずなのに小腹が空いて、
ホテルの隣にあるセブンイレブンへ。
このセブンイレブン、24時間営業ではなく、何時から開いているか定かではないけれど、
夜は、22時ぐらいには閉店でした。

22時。
あかすりエステのお迎えが来ました♪
どこを走っているのかさっぱりわからないと思いつつ、20分もしないうちに到着。
これまた日本語が流暢なおばちゃんにお店のシステムについて説明を受けて、
自分が受けるエステのメニューを決めます。
今回の旅の私の最大の反省点がここ。
おばちゃんの流暢な日本語の説明にすっかり信じ切ってしまい、
フルコースにしてみましたが、おばちゃんが言っているほど手応えはなく…
確かに、送迎付きは魅力的だけど、
旅行会社がすすめるエステは、もういいっ(>_<)
とボヤキながらホテルに戻ってきたら、既に夜中の1時過ぎ。
荷物を詰めて、おやすみなさい(-_-)zzz

2月20日 水曜日
6時15分にお迎えが来ました(-_-)
空港到着後の免税店と同じように、
パスできないお約束のお土産屋さんへ。
ここに寄らなければ、もうちょっと遅く出発できるのに…。
何度来ても、このお土産屋さんのシステムには脱帽。
一緒にバスに乗った人たちは同じテーブルに案内され、
数々のお土産品のプレゼンを聴かなければならないのです(^_^;)
救いなのは、温かいコーン茶と、キムチやチャンジャなどのお土産品の試食。
でも、キムチやチャンジャを食べたら、白いご飯が欲しくなります(笑)。
15分ぐらいのプレゼンの後、解放。
前日、ロッテマートで買ったものと同じものが、おどけでないお値段で売っている!
ひと通り、そんな確認をしているうちに、出発時間。
仁川空港まで爆睡。
すっかり増えた荷物を預けて身軽になって、免税店でお買い物♪
無事に飛行機に乗り込み、美味しく機内食をいただき、
また数独に没頭しているうちに、仙台空港に到着。
楽しい旅は終わったのでした。

今回で3回目の韓国でしたが、
1回目にちょっと観光をしたぐらいで、昨年、今年と観光はしていないのです(^^ゞ
今回の観光といえば、タクシーから見た景福宮ぐらい(^_^;)
次回は、観光らしいことをしたいなぁ。
他にも、行きたい所ややりたいことがまた見つかりました♪
今年中にもう1回行きたいなぁ(^^)
ダメなら、来年は確実に3泊4日だぁ!
[PR]
by k_kappy | 2013-03-29 01:41 | 旅行
お笑いライブ鑑賞の翌日。
午後からチングとランチの約束があり、それまでは時間があいていたので、
「パワースポット」巡りをすることにしました。

事前にネットで調べてみたところ、
代々木八幡宮と明治神宮が都内のパワースポットとのこと。
しかも、2ヶ所は遠くない。
というわけで、パワースポットのはしごをすることにしました。
まずは、代々木八幡宮へ。
交通量のとても多い幹線道路沿いにありました。
階段を上っていくと、とても静かな空間が広がります。
そこだけ別世界のような感じ。
f0057453_21494012.jpg

日陰でひと休みして、いざ出発!と歩き出すと、竪穴式住居を発見!
f0057453_2150615.jpg

どうやら、昔はここにあったらしく、何年か前に復元したとのこと。
こんな都会に竪穴式住居があるなんて、とても不思議な感じ。
近所にこんなスポットがあったら、通うのになぁ~と思ったのでした。

次に向かったのが、明治神宮。
原宿駅から歩いてすぐでしたが、歩いても歩いても、砂利の参道で、
なかなかお社が見えてきません。
一つ目の鳥居をくぐり、
f0057453_21503237.jpg

またしばらく歩いて、二つ目の鳥居をくぐると
f0057453_21505437.jpg

やっとこお社が見えてきました!
それまでの両脇に木がうっそうとしていた景色とは違って、
広々とした清々しい空間が広がっていました。
流れる空気が何となく違う感じがしました。
お参りをして、ベンチでひと休み。
とにかく立派な御神木に癒されます。
f0057453_21512115.jpg

私が休んでいたベンチの隣りに、外国人のカップルが座っていました。
疲れたらしく、男性が女性に膝枕をしてもらっていると、
警備員の方がしずしずとやってきて、注意していました。
さすがに、神聖な場所だということなのでしょうか?
とにかく、外国人比率が高くて、隣り合ったベンチに座っていた人たちが、
同じ土地から来たらしく、話が盛り上がってました。

そうこうしているうちに、約束の時間が近づいてきたので、ハチ公前へ移動。
チングと無事におちあって、ランチに出かけました。
平日の昼間だというのに、並んで待っている人がいます!
さすが、都会(笑)
ホテルの最上階にあり、見晴らしがとてもいいところで、
お昼からアルコールをいただきながら、デザートまでバッチリいただきました。
しかも、話に花が咲きすぎて、閉店時間ギリギリまで…(苦笑)
楽しい時間を過ごすことができました。

帰りは経費削減のため、新宿から3000円の高速バスを利用。
これがけっこう快適で。
また使ってみようかなぁ~と思いました。

勢いで決まった今回の旅でしたが、声をかけたチングが快く時間を作ってくれ、
おかげでとても充実した2日間でした。
みんな、ありがとう!
[PR]
by k_kappy | 2008-07-06 15:18 | 旅行
かれこれ1ヶ月たちますが、先月、上京してきました。
どうして上京したかといいますと、これがちょっと話すと長いんですが、
せっかくなので、説明させていただきますね。

4月25日の夜のこと。
この日は、わが職場年に1度の大イベントで、
無事に終えた安心感で職場の皆さまと美味しいお酒を飲んでいました。
そんな時、メールが来たのです。
かつて教員をしていた時の教え子ちゃんから。
この教え子ちゃん(女子)、短大を卒業後、吉本の養成所なるところへ進んだのです。
しかも、私が担任していた時の同級生(女子)と一緒に。
それを聞いたときは、かなりビックリしたものでした。
昨年3月のクラス会のときには、養成所を卒業していたのです。
で、その教え子ちゃん曰く、お笑いライブをやるために、チケットを売らなければならない、と。
平日の夜に渋谷であるライブ。
フツーに考えたら、ちょっと難しいなぁと思うわけですが、
教え子ちゃんが連絡をくれたうれしさと、酔っぱらってテンションが上がっていたのとで、
読んですぐに「行くわよ~!」のお返事を。
しかも、教員時代の同期と最近都会へお嫁に行ったチングにメール。
3人中2人をゲットし、教え子ちゃんにチケット3枚プリーズのメールを送ったわけです。

そんなわけで、5月22日。お笑いライブに行きました。
チングたちとは、渋谷のハチ公前で待ち合わせ。
いやぁ~話には聞いたことがあったけど、
まさか自分がそんな所で待ち合わせするとは(笑)
都会は、夕方5時だっていうのに、人がいっぱいでした。
だって仙台だったら、広瀬通のディズニーストア前(待ち合わせの定番です)に
5時に待ち合わせしても、そんなに人はいないはず…。
それはさておき。
無事に3人が出会うことができ、会場へ向かいました。
3人のうち、渋谷が分かるのはたった1人。
彼女のおかげで、無事に会場にたどり着きました。

お恥ずかしい話ですが、わたし、ライブハウスなるところに行ったのはお初。
床よりちょっと高くなった舞台があり、その前には、
マットが敷かれた席とその後ろに椅子席があります。
キョロキョロと周りを見ながら入って行くと、「前からお座りくださ~い」という声。
お笑いライブ初心者3人組は、素直にその声に従い、マットの席へ。
しかも、前から2列目。
どれだけよく見えるのかしら?と思っていましたが、幕が開いてビックリ!
近すぎる!思いっきり見上げた感じです。

このライブ、吉本の養成所出身の芸人さんたち6組が出演していました。
全員が同期ではなく、3期ぐらいに分かれてました。

子どものピアノの発表会やら学芸会にドキドキする親の心境って、
こんな感じなんだろうなぁ~という感覚を体験しました(笑)
ステージ上でいきいきとがんばる教え子ちゃんたちは、とても輝いて見えました。
彼女たちの一挙手一投足にお客さんたちがどう反応するのかが、
気がかりでしょうがなかったです。
けっこうお客さんたちの反応がよくって、うれしかったです。

で、肝心な彼女たちのネタですが、「たしかに~」が決まり文句のようです。
その時は↓こんな感じで手でカニを作るのであります。
f0057453_22383045.jpg

かわいいじゃあ~りませんか!
ネタはちゃんとストーリー性があって、なかなかオモローな感じ。
他の5組のうち、もう1組女の子コンビがいましたが、
女の子チームがおもしろかったと思います。
ライブは、コンビでのネタの後は、コンビ関係なく出てくるコントがありました。
f0057453_22385355.jpg
f0057453_2239855.jpg
f0057453_22392489.jpg

コントって、演技力が必要だよねぇ~と、みんなで話していたのでした。
お笑いの要素だけでは、コントは成り立たないのですね。

2時間ちょっとだったと思いますが、盛りだくさんのライブでした。
初心者にはマット席がちょっと辛くて、体勢を定期的に変えないと腰が痛くて…。
お笑いは、テレビで観るのもいいけれど、生で観ると迫力があって、おもしろさ倍増です。

あ、教え子ちゃんたちのコンビ名をお知らせしてませんでした。
微人(ビジン)と申します。
よろしくごひいきくださいませ!

せっかくなので、他に出演したコンビもご紹介しましょう。
・蛸あげ
・少年少女
・井下好井
・タモンズ
・キューティーブロンズ
の皆さんです。

微人をはじめ、この日観たみんなが、テレビで活躍する日を楽しみに待ちたいと思います!
[PR]
by k_kappy | 2008-06-21 22:40 | 旅行

那須へ(2)

昨日に引き続き、那須旅行2日目をお伝えします。
(1日目はこちら

ペンションでの朝食は、とってもゆったりした時間の中で美味しくいただきました。
サラダ、卵料理、ブロッコリーのスープ、白パン&ロールパン、バナナヨーグルト。
コーヒー又は紅茶が飲み放題。
パンについていたバターといちごジャムは自家製だそうです!
とてもヘルシーな朝ゴハンでした。

チェックアウトの時には、オーナーさんが写真を撮ってくれました。
そういえば、フロントの壁にたくさんの写真が貼ってあったなぁ~と思ったのですが、
泊まったお客さんの写真を撮っているようです。

前日の天気とはうってかわって、真っ青な空が広がる快晴でした。
メインストリートに出ると、10時過ぎだというのに、もう渋滞が…。
最初に向かったのは、那須ステンドグラス美術館
ここもまた洋風な感じで、建物の中を歩いたり敷地内を移動すれば、
日本じゃない感じがしました。
きれいなステンドグラスがそこここにあり、
時間によっては、教会のような建物で
オルゴールやパイプオルガンの演奏を聴くことができました。
敷地内には、教会があって、ここで結婚式を挙げることができるそうです。
その教会の中にもキレイなステンドグラスがたくさんありました。
最終日ということもあり、買い物魂に火がついてしまいました(笑)

次に向かったのは、チーズガーデン
行く時に見かけて、お土産を買うならここがいいなぁと思っていたのでした。
チーズガーデンというだけあって、いろいろな種類のチーズやチーズケーキ、
他にはワインやらサンドイッチやサラダなどの食品やらがたくさんありました。
そこここに試食品が置かれていて、とりあえず次々と味見をしてみました♪
美味しゅうございました~♪
そして、また買い物魂に火がつき、買い物カゴガいっぱいに…。
お買い物が終わったところで、ちょっと小腹が減りました。
お土産が売っている建物の向かいにはカフェがあったので、そこで一休みしました。
朝ゴハンをしっかりいただいたので、時間的にはランチの時間でしたが、
そこまでしっかり食べられそうになかったので、スイーツ&お茶にしました。
天気がよかったので、テラスの席で美味しいチーズケーキをいただきながら、
美味しいお茶を飲みました。
なんだかとっても優雅な気分でした。
お腹にもうちょっと余裕があったら、お食事系もいただきたかったです。

まだまだ周りたいところはありましたが、仙台から遠くないことが分かったので、
またの機会にとっておきたいと思います。
暖かい季節にはとってもいいし、
何回か来ることでお気に入りの場所を見つけられるところだなぁ~と思いました。
日帰りで行ける関東圏の皆さまがうらやましいです!
[PR]
by k_kappy | 2008-05-10 21:21 | 旅行

那須へ(1)

「黄金週間」ラスト2日で、那須へ行ってきました。
仙台からはけっこう近く、新幹線だと1時間です。
今回は、那須塩原まで新幹線で、その後はレンタカーで移動しました。

デジカメを持って行ったにもかかわらず、一枚も撮ってません(苦笑)
文章とリンクだけでお伝えしますが、ご了承ください。

9時台の新幹線に乗って、那須塩原へ。
11時前には那須塩原駅へ到着。
駅でレンタカーを借りて、一路那須塩原高原方面へ。
高速道路の入り口のちょっと手前から渋滞です。
関東圏の人たちは、日帰りで楽しめる距離ですよねぇ~。
それに、那須は公共交通機関があまりないので、動く時は自家用車が多いでしょう。
だから渋滞するんですね。
道路の両側がお店でにぎやかになってくると、渋滞も便利なものです。
どんなお店があるのかチェックできるので、よかったです。

まずは、石の美術館へ。
フツーののどかな町並みの中に突然水と石の空間が広がります。
のどかな町並みなだけに交通量が少ないので、とても静かな空間で癒されます。
いくつかの建物があり、中に入るとグランドピアノが置いてある建物があったり、
壁から光が差し込むようにデザインされている建物があったりと、
一つひとつの建物に入るたびに新鮮な気分になりました。
この美術館は、那須のメインストリートからはかなり離れています。

那須のメインストリートに戻る頃にはお腹が減ってきました。
ガイドブック片手にどこでお昼を食べようかと悩んでいたら、
美味しそうなスイーツが載っているお店がありました。
ごはんも食べられる所だったので、そこに決定!
その名も三匹の猫
1時過ぎに行ったものの、店内は満員でした。
併設されているギャラリーで待てるということだったので、
そちらで絵や陶器を見ながら待っていました。
席が空き、やっとごはんタイムへ。
注文したのは、海鮮パエリアとシフォンケーキセット。
海鮮パエリアが和の器に入ってきました。
なんだかミスマッチな気がしますが、
黄色いパエリアが黒い器に入っていて、しっくりくるんです!
美味しくいただいた後は、デザートのバナナシフォンケーキが紅茶とともに登場♪
このシフォンケーキ、見た目もフォークを入れた感じもフワフワですが、
食べてみると、そのフワフワ感をいい意味で裏切ってくれました。
フワフワだけど、しっかりしてる…
う~ん。うまく表現できませんが、とにかく美味しかったのでした♪

お腹がいい感じで満たされ、次に向かったのは、エミール・ガレ美術館
こちらは、エミール・ガレさんのガラス作品がたくさん展示されています。
またショップがあり、食器やアクセサリーがありました。
建物自体がとても洋風で、イタリアかフランスあたりにでも来たような錯覚に陥ります。

黄金週間直前にもかかわらず、奇跡的に空いていたこの日の宿、アルタニー
チェックインの時に、水筒を渡されました。
中身はジャスミン茶。うれしいサービスです♪
部屋には液晶テレビ・DVDビデオプレーヤー・ラジカセがありました。
階段の踊り場には洋画・邦画のビデオ・DVD、音楽CD、
サッカー・野球のビデオ・DVDがあり、好きなものを部屋で観ることができます。
この日の宿泊プランは晩ゴハンがついていなかったので、
晩ゴハンを食べに行くまでの間に、映画を1本観ました。

晩ゴハンを食べに車を走らせたわけですが…。
昼間とはうってかわって開いているお店が少なく、
お店によっては外まで行列ができていました。
そんな中、決めたのはイタリアン。
決め手は看板の「薪窯焼ピッツア」の文字。
カフェ ロルモというお店です。
ここもご多分にもれず並んでました(泣)
でも、くじけずに並びました。
正確には、お店の軒下にあった椅子に座って待ってました。
この日は夕方から雨が降ったり止んだりし始めて、外で待つにはさすがに寒くなってきました。
そんな時、お店の人がひざ掛けとメニューを持ってきてくれました。
メニューを見ると、空腹感がさらに増してきます。
やっと入って、いただいたのは
「具だくさんのミックスピッツァ」と「なすとベーコンのトマトソース」。
えらくお腹がすいていることもありましたが、二つともとても美味しゅうございました!
店内はウッディーな感じで、とても居心地がよかったです。
車じゃなきゃワインもいただけたのに~!

ペンションに戻って、おフロへ。
部屋ごとに入る時間を決め、40分間の入浴タイムです。
おフロが2つありました。岩風呂とジャグジー。
両方にゆっくりつかりたかったので、早々に洗うことを済ませました。
岩風呂はちょっと熱めで、こちらにちょっとつかった後にジャグジーへ。
ここでゆ~ったりつかりました。

ペンションで晩ゴハンが食べられなかったのがちょっと残念でしたが、
かなり充実した1日目を過ごせました♪
2日目はまた次回!
[PR]
by k_kappy | 2008-05-09 21:23 | 旅行
昨年、能登旅行へ行った時に出会ったSちゃんは、
日本制覇まであと4、5県と言っていた。
お父さまが転勤族ということもあり、
どこの県に行ったことがあるかを、ある日、数えてみたら
日本制覇も遠くないということが分かったらしい。
それからは、意識的に行ってない県に旅行に行くようにしているとのこと。
そこで、私もSちゃんにならい、自分の記憶をたどってみようと思う。
第1回の今回は、「北海道・東北」編。

北海道
釧路:社会人1年目の洋上研修で寄港。摩周湖、納沙布岬、釧路湿原を訪問。
札幌:春スキーをしに行き、札幌市内のホテルに宿泊。夜はすすき野へ♪
キロロリゾート:これまた、スキーをしに。
小樽:キロロへスキーをしに行った時に、一日観光。

青森県
五所川原市:大学時代、部活の試合で。
青森市・むつ市・六ヶ所村・東通村・弘前市:出張です(泣)

秋田県
男鹿市:社会人になってから、夏休みにチングたちと車で旅行。男鹿温泉に宿泊。
     その後、昨年仕事で訪問。
大曲市:大学時代、部活の試合で。
能代市:昨年、仕事で訪問。

岩手県
宮古市:大学時代、チングたちと車で旅行した際、気仙沼に宿泊後、足を伸ばしてドライブ。
雫石町:小岩井農場へ家族旅行で行ったり、チングとドライブで行ったり。
     何度行っても楽しい所♪
盛岡市:夏に行われる、「さんさ踊り」を観に大学時代にチングたちと。
滝沢村:大学時代、部活の試合で。

山形県
山形市:大学時代のチングの結婚式で。
天童市:↑このチングの実家へお泊り。
鶴岡市:大学時代のチングの嫁ぎ先へお泊り。
東根市:半分仕事で…。

福島県
福島市・郡山市:出張で(泣)
会津若松市:開運旅行♪
磐梯町:チングたちとアルツ磐梯スキー場へ。

こんな感じで、北海道・東北エリアは制覇です!
まぁ仙台に住んでいるので、車で気軽に行けるし、日帰りできる場所も多いので、
当然といえば当然でしょうか?
続編をコツコツとお送りします!
[PR]
by k_kappy | 2008-04-13 20:10 | 旅行

大人の修学旅行(5)

今日でラストです!
今までの記事はこちら↓
「大人の修学旅行(1)」
「大人の修学旅行(2)」
「大人の修学旅行(3)」
「大人の修学旅行(4)」

9月24日(月)
最終日はスタッフの皆さんが作ってくださった朝ごはんをいただきました。
とてもヘルシーで美味しかったです!
スタッフの皆さんは何時に起きて作ってくれたのかしら?と思うと、
感謝の気持ちでいっぱいです。

朝食後はバスで輪島の朝市に移動です。
輪島の朝市は、何度かテレビで見たことがありました。
現地に着いて、ちょっと笑ってしまったことがあります。
それは、道路の看板。
左に曲がると輪島の朝市という表示があったのですが、
「朝市」と書いてある下に、英語で次のように書いてありました。
「Asaichi Market」
ん?これじゃあ、朝市市になっちゃう(笑)
高速道路にある、川の表示と一緒ですね。
広瀬川が、「Hirosegawa River」って書いてあるやつ。
ちょっと笑っちゃいました。

さて、朝市ですが、道路の両側にいろいろなお店がありました。
右も左も見ながら歩くのは大変なので、まずは右側のお店を見て、
最後まで行ったら、逆側を見て帰ってくることにしました。
10時を過ぎていたせいか、お魚類は生のものはほとんど売れていて、
残ったものを叩き売りにしている状態でした。
干物はとっても魅力的だったけれど、5種類で1000円也。
買っても食べきれないなぁと思って断念。
私の戦利品は…
①いしる(いかといわしを使った魚醤)
②いしるクッキー(いしるを原料に使ったクッキー)
③青のりと岩のりの佃煮
④金箔入りあぶらとりがみ
⑤わかめ

①はちょっと興味があって、安かったので買ってみました。
パスタに使ってもいいそうです。
②は輪島実業高校の生徒さん達が売っていて、試食させてもらったし、
前日の稲刈りに参加してたなぁ~なんて思ったら、
親心で(誰が親よ?)思わず買ってしまいました。
けっこう美味しかったです。
③これまた試食させてもらったんですけど、美味しかったんですよ~!
2個で500円という破格のお値段だったので、買っちゃいました。
デパートの催事場で行われる物産展に出展しているとのことで、
その時は、1個500円で売るそうです。
ホントかどうか分からないけど、得した気分でした♪
④昔、金沢土産で友だちからもらったことがあった気がして、
友だちのお土産と自分へのお土産に買ってみました。
そうしたら、菜ばしをオマケにくれました♪
⑤5個で1000円で売っていたのを、一緒に歩いていた友だちが買いました。
「5個は私には多いんだよね~」とつぶやいたら、
「んじゃ、1個売ってあげるよ!」と言ってくれたので、譲ってもらいました。
おばちゃんの話だと、はさみで細く切っておみそ汁に入れてもいいし、
細かくしてご飯にかけてもいいそうです。

戦利品を持って、集合場所である「ふらっと訪夢」に向かいました。
ここは、旧輪島駅だそうで、ここに辿り着くまでの街並みは
「ふらっと訪夢」と同じような建物が並んでいました。
景観を保つために補助金を出して、改装したお店が並んでいました。
ソフトバンクのお店もすっかり和風でした。

「ふらっと訪夢」でお昼を食べたあとは、2時間ほど時間があったので、
工房長屋でMy箸づくり体験をしてみました。
沈金という方法で、箸に自分の好きな図柄を彫っていき、そこに漆を塗りこみ、
その後すぐに金粉をつけます。
そうすると、彫った図柄に金粉が入っていくのです。
絵心がない私は、こういうのがとても苦手。
でも、せっかくなのでがんばりました!
最初は、プレート状のものに練習。
しかし、何分もやっていく間に、手が疲れてくることに気づきました。
あまり練習しすぎると、本番に余力がなくなるという悲しい結果に…。
そうなる前に、あきらめて(?!)本番へ。
細い箸に描いていくのはとても難しかったです。
しかも端が丸くなっているので、勢い余って変な筆跡が残ります。
ま、これも味ということで、とあきらめて、お店の人に仕上げをしてもらうことに。
目の前で出来上がっていく様子を観ていたら、ものの5分ぐらいで出来上がりました。
f0057453_2039392.jpg

ちょっと見にくいかもしれませんが、ハングルで名前を彫ってみました。
金粉をつけたら、自分の彫った図柄がステキに見えるから不思議です。
ステキなMy箸ができました♪

ちょっと時間があったので、その後足湯につかりに行きました。
飲める温泉が出ていて、飲んでみたらしょっぱい!
ちょっとビックリでした。
湯船に足を入れてみたら、あっつい!
これまたビックリでした。
42度ぐらいということで、上がる時にはお湯に使っていた部分だけ
靴下を履いていたように真っ赤になりました。
足はポカポカで帰りのバスでは、グッスリでした。

私は翌日仕事が休めなかったので、高速バスでは帰らず、
東京組の皆さんと一緒に飛行機で羽田空港まで行き、新幹線で帰ってきました。
この旅行、本当に行ってよかったです!
充実した2泊3日(実質は3泊4日)を過ごすことができました。
輪島っていいところだなぁ~と思ったけれど、
せっかくの3連休なのに思ったより旅行客が少なくて、残念でした。
本当にいいところなので、ぜひ行ってみてくださいね!
それから、全国から集まってきたので、色んななまりが聞こえました。
中でも、女の子の関西弁のカワイイこと。
恥ずかしくて仙台弁なんて話せません(汗)
でも、仙台に住んでて関西弁をつかうのも変だし…。
あの関西弁のゆったりした感じだけでも
自分のしゃべり方に取り入れてみようかなぁと思ったのでした。
最後はなんだか変なまとめ方になってしまいましたけど…。
ま、とにかく本当に楽しかったのでした♪
[PR]
by k_kappy | 2007-10-03 20:55 | 旅行

大人の修学旅行(4)

第4弾です。
今までの記事はこちら↓
「大人の修学旅行(1)」
「大人の修学旅行(2)」
「大人の修学旅行(3)」

稲刈りの後は、この日の宿舎である健康の森に行きました。
バンガローで一息ついて、きな粉作り&おもちつき。
この組み合わせ、私を知っている人は同情してくれることと思います。
和菓子が苦手な私には、ちょっと辛い組み合わせ(涙)
父上は、晩ゴハンのデザートとして大福が食べられた人なのに、
その娘である私は大福はこの世になくても生きていけるのです。
アンコ、きな粉は苦手。
というわけで、この時間はとても静かでした。
石臼できな粉を作るのを遠巻きに見つつ、
腰痛持ちのため、餅つきにも参加できず、
でも何かしたいと思って、できあがったお餅にきな粉をまぶす作業だけは
がんばって参加してみました。
皆さん、美味しそうに食べてました。

その後は、バーベキュー♪
なんと、一人に1パック、シーフード(ほたて、えび、いか)が配られました。
なんと細かい気配り!
今まではほぼアルコール抜きでしたが、ここでアルコールが登場。
あまり強くない私も、せっかくなのでいただきました。
美味しく食べていると、御陣乗太鼓の準備ができたとのこと。
御陣乗大ことは何かというと…
天正5年(1577年)、上杉謙信の能登攻略のとき、古老の一計で、奇妙な面を付け、陣太鼓を打ち鳴らし上杉軍に奇襲をかけ敗走させたのが始まりといわれる。
<輪島市ホームページより抜粋>
この説明を受けて、いざ見てみるとビックリ!
太鼓の音色が予想していたよりピンと張り詰めていて、
驚かされたようにビックリしてしまいました。
太鼓は一つ置かれていて、最初は一人出てきて叩き始めました。
始まる前に違う人が出てきて御陣乗太鼓の説明をしていたので、
この二人でやるのかなぁ~と思っていたら!
次々と出てくる出てくる!
f0057453_2130037.jpg
f0057453_21301583.jpg
f0057453_21302950.jpg

最後の一枚はかなりピントがずれてますが、
最後にはこれだけの人数が出てきました。
すごく迫力があって、子どもはたぶん泣くよね、という話を皆でしていました。
御陣乗太鼓をやっている人たちの中でも、
私たちの前でやってくださった皆さんは、有名な人たちとのことでした。
しばし撮影会が始まりましたが、早々に次のお仕事に向かわれました。
事務局の皆さんも感動されていて、地元にいてもなかなか観れないそうです。
本当に貴重なものをみせていただきました。

興奮冷めやらぬうちにバーベキューに戻りました。
とにかくよく食べました♪
その後、会場を屋内に移して、みんなで自己紹介をしたり、
いろんなお題でトークをしたりしました。
バンガローに戻ってからは、代わる代わるおフロに入って、
その間にいろいろな話をしました。
なにせ、7人で一つのおフロを使ったので、
けっこうな時間、みんなでいろいろと話していました。
前日の民泊で一緒だった人たちに加えて、この日初対面の人がいましたが、
不思議と打ち解けて話が盛り上がりました。
いつもは日付が変わる前に寝ている私でも
この日はずいぶん夜更かししました。

では、今日はここまで。
いよいよ次回はラストです!
[PR]
by k_kappy | 2007-10-02 21:45 | 旅行

大人の修学旅行(3)

第3弾です。
今までの記事はこちら↓
「大人の修学旅行(1)」
「大人の修学旅行(2)」

9月23日 日曜日
民泊先から千枚田に向かいました。
f0057453_22161586.jpg

まずは、ここで行われる結婚式を見学です。
f0057453_22181779.jpg

見るからにおめでたい感じの立て看板がありました。
春と秋、ここで結婚式ができるそうです。
春は田植えと合わせて、秋は稲刈りと合わせてのようです。
この日は、2組の方々が結婚式を挙げました。
1組は新婦が金沢出身、もう1組は新郎が輪島出身とのことでした。
海を見渡せる神殿で式が粛々と進んでいきます。
f0057453_2223223.jpg
f0057453_2223177.jpg

↑この画像の左側に親族の方々が座っているテントがありました。
他に田んぼの周りにいる人たちは、この後の稲刈りを待ちつつ、
結婚式を見学していました。
輪島市長ご夫婦が媒酌人になっていて、
お祝いとして輪島の特産品が送られました。
最後は2人で稲刈りをしました。
紋付袴に文金高島田姿での稲刈りは、ちょっとたいへんそうでした。
f0057453_22332888.jpgf0057453_22334828.jpg








さて。ホンワカした気分になった後は、力仕事が待っていました。
稲刈りでございます。
お米の産地に暮らしていながら、稲刈りは生まれて初めての体験でした。
軍手と鎌を借りて、いよいよ稲刈り!
田んぼの上の方はほとんど刈り取られていて、
ずいぶん坂を下りないと、黄金色の稲がある田んぼはありませんでした。
田んぼの一つひとつはふつうの田んぼに比べたら、ずいぶん小さくて、
一人で一つの田んぼを刈り取れるぐらいでした。
所々に地元の方がいらっしゃって、刈り取った稲のまとめ方を教えてくれたり、
刈り残しのある田んぼをきれいにしたりしていました。
f0057453_22414386.jpg

私は、この↑画像の真ん中に映っているおじいちゃんにヒトメボレ♪
この服装がいいじゃないですか!
働いている姿はとても絵になります。
f0057453_22433838.jpg

民泊で一緒だったSちゃんがとっても素敵な画像を送ってくれました。
f0057453_2250478.jpg

このお二人、とってもいい感じでしょ?
稲刈りが終わると、刈った稲をトラックに運ばなければなりません。
しかし、ここは段々畑のようになっているので、運ぶのがたいへんです。
そこで考えました。
f0057453_22523226.jpg

バケツリレー風に稲を下から上へ送っていきます。
坂の傾斜がけっこう足腰にくるんです(汗)
ジャージ姿は輪島実業高校の生徒さんたちです。
やっとこさ稲を運び終えると、ふるまい飯をいただきました。
つみれ汁と3、4種類の中から選べるおにぎり、お茶。
私はとろろ昆布のおにぎりをいただきました。
他のおにぎりより大きくて(別にそうだから選んだわけではありませんが…)、
食べ甲斐がありました。
親子連れで参加している皆さんもいらっしゃって、
とてもいいイベントだなぁと思いました。
こうなると、田植えも経験したいなぁなんて(笑)

私が今まで見ていた田んぼの風景は、とにかく田んぼが平ったく並んでいるもの。
でも、こんな風に田んぼと海が一枚の写真に収まる風景って、
とってもいいなぁと思ったのでした。
f0057453_2322628.jpg


まだまだ続きま~す!
[PR]
by k_kappy | 2007-10-01 23:06 | 旅行

大人の修学旅行(2)

昨日に引き続き、輪島旅行の続きです。
(昨日の記事はこちら→「大人の修学旅行(1)」

22日(土)のすべての行程が終わり、
民泊でお世話になるお家の方々とご対面。
なんと、お寺でした!
「高野山真言宗 白雉山 岩倉寺」
こちらで、私を含めて5人がお世話になりました。
雪が降ったら上れないし、下りれなそうな急な坂を車で上がっていきます。
上から車が下りてきたら、まずすれ違えません。
そんな狭い道を車で上っていくと、境内が見えてきました。
歴史を感じる、渋い造りのお寺でした。
着いて一息ついてから、お寺の本堂を案内していただきました。
聞いてビックリ!このお寺、今の建物は1507年にできたそうで、今年で500年!
ふと天井を見ると、本堂にあるのはちょっと「?」と思われるシャンデリア。
このお寺は檀家さんを持たないお寺で、寄付から成り立っているとのこと。
このシャンデリアも寄付とのことで、使わせていただいてますとおっしゃってました。
このお寺のご本尊は、千手観音像。
実は私は千手観音好きで、大学の卒業旅行で奈良・京都のお寺を周った時、
唐招提寺と三十三間堂で千手観音像に見入っていたのでした。
ご本尊は奥の方に祀られていましたが、
近くまで見に行っていいと言っていただいたので、
遠慮なく間近で見ることができました。
そうこうしているうちに、晩ゴハンの時間。
用意されている部屋に入った途端、「わぁ~!」という歓声があがりました。
なんと、旅館のようなお食事です。
f0057453_1152832.jpg

この品数に栗ゴハンとお味噌汁、その後お刺身が出てきました。
この辺は、海も近いし反対側には山もあります。
海のものと山のものを両方いただけるのはとても幸せ♪
みんなとの話も弾んで、お腹もいっぱいになってきたところで、
なんと!天ぷらが出てきました。
f0057453_1110103.jpg

お腹がいっぱいと言いつつも、完食させていただきました。
このお寺は、住職さんであるおじいちゃんとその奥さまのおばあちゃん、
お2人の息子さんである若住職さんとその奥さま、
この若夫婦のお子ちゃまが3人(上から男の子・男の子・女の子)。
はるかちゃんという女の子がとても人懐っこくて、
私たちの部屋に遊びに来たり、ゴハンを食べているとひょっこりやって来たり、
いろんな話をしました。
晩ゴハンが終わったところで、おフロをいただくことに。
しかし…5人もいます。
お借りしたおフロはフツーの家庭用のおフロでした。
ご家族の方々はいつ入るのだろうか?とちょっと心配しつつ、
ゆっくりつからせていただきました。
5人が入れ替わり入っている間に、残りのみんなでいろんな話をしました。
この日初めて会った面々でしたが、すっかりと打ち解けました。
12時ぐらいに、みんなで就寝。

翌日、6時過ぎに起床。
寝起きがあまりよくない私は、きちんと起きられるか心配でしたが、
爽やかな目覚めでした。
朝のお勤めに出てみたいと思い、がんばって早起きをしてみました。
私たちの部屋の前を袈裟を着た住職さんが通っていきました。
もしや、朝のお勤め?と思って耳を澄ましましたが、
特に何も聴こえてきません。
とりあえず、本堂に近づいてみると、住職さんがいらっしゃいました。
失礼を承知で、本堂に入らせていただき、座りました。
すると、若住職さんが袈裟を着ていらっしゃり、
朝のお勤めに参加させてほしい旨をお話しすると、
お経が書いてある紙をくださいました。
5人そろって、朝のお勤めに参加です。
お香を手につけるのが慣わしということで、それもやってみました。
ふつうのお香よりちょっとスパイスっぽい香りがしました。
若住職さんの朗々とした声でお経を読み上げていきます。
一つ目のお経が終わって、
私たちがいただいた紙に書いてあるお経を読み始めました。
意味は何となくしか分からなかったけれど、読経のあとに説明していただきました。
「いろはにほへと…」がお経の中に登場しました。
これは空海さんが作ったものだったそうです。
知りませんでした(汗)
お経の最後に、私たちの心願成就を祈願していただきました。
このお寺は、商売繁盛とか家内安全とか、何かについて祈願してくれるのではなく、
お参りに来た人の願いを祈願してくれるお寺だそうです。
そこで、目が出るダルマをいただきました。
自分の願ったことが芽が出るようにという意味があるそうです。
ダルマを傾けると、両目がビヨ~ンと出るのです。
大事にしたいと思います。

朝のお勤めが終わると、朝ゴハンの用意ができていました。
前日の晩ゴハンに続き、また感動でした。
f0057453_11353072.jpg

前日の夜、満腹になったはずなのに、パクパクと食べられました。
この日は秋分の日ということで、おはぎもいただきました。
葉っぱや花がちょこっと飾ってあるのがとってもステキで、
後から聞いてみると、すべて庭からとってきたものだそうです。
自分でゴハンを作った時にはこんな所まで気をつけないので、
たまには、盛り付けまで気をつけてみようかなぁ~と思いました。

出発まで時間があったので、境内を散策してみました。
前日は日暮れ後に着いたので、周りの景色があまりよく分かりませんでした。
明るくなってから見てみると、絶景が見えました!
f0057453_11404470.jpg
この風景を見れば、このお寺がどのくらい高い所にあるか、
少しは想像ができるでしょうか?
f0057453_11424383.jpg

↑これが本堂に入る入り口です。
とても古さを感じます。横から見ると、こんな感じ↓です。
f0057453_11461643.jpg

私たちが使わせていただいた部屋は外から見ると、こんな感じでした↓
f0057453_11491810.jpg

晩ゴハンの天ぷらイチョウの葉が添えられていたのは、
この木からとったものかもしれません↓
f0057453_11502165.jpg
銀杏ができていましたが、我が家の近所でできる銀杏とは
比べ物にならないくらいの大きさでした!
f0057453_11531015.jpg
このお寺自体がかなり高台にありますが、山の中腹ぐらいのようです。

澄んだ空気をいっぱい吸って、しっかり森林浴をしてこのお寺を後にしました。
ぜひ、もう一度来たい!とは思うものの、この道のりを自力で来れるのかが
ちょっと心配です…。

ここまでのお話で、23日午前9時ごろまでです。
その後のお話は、また明日。
[PR]
by k_kappy | 2007-09-30 12:00 | 旅行