暖かくなってきました♪


by kappy
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:植物( 5 )

桜の季節に思い出すこと

仙台も土曜日に桜の開花宣言がありました。
今日も暖かい一日だったので、一気に満開に近づきそうです。
毎年、この桜の季節に思い出すことがあります。
しんみりしたネタというより、笑えるネタです。

母上は植物がとても好きで、公団アパートから一戸建てに引越した時、
庭にどんなものを植えようかと楽しそうに考えていました。
庭に桜があることが彼女の夢だったようで、
知らないうちに桜が庭に植わっていました。
植わって3回ぐらい春が来たはずだけど、部屋から花見をした覚えはあまりなく…。
そんなにパッと咲いてなかったのかも。

14年前、父上が亡くなり、彼の兄さん(以後、太平さんと呼ぶ)が
はるばる山口県の周防大島からやってきました。
2週間近く太平さんが我が家に滞在。
父上がお見舞いにもらっていた胡蝶蘭を株分けしてくれたり、
芝生を整えてくれたりと、庭いじりに精を出していました。
そんな時、太平さんが言ったのです。
「キミコさん(母上の名前です)、『桜切るバカ、梅切らぬバカ』って言葉、知らんか?」
そう。母上の夢であった、庭の桜の木。
これが問題らしい。
「今はまだ大きくなってないからいいけど、隣りの家の方に枝が伸びよるよ。
それに花が散った時に掃除がたいへんじゃ。」
(注:山口県は広島弁に似ているのです)
どうやら、我が母上、それを知らなかったらしいのです。
「あら!そうなんですか?桜がある庭に憧れてたから植えちゃったんですけど…」
という母上に、
「まぁ、あと何年かはおいといても大丈夫じゃろ」と太平さん。

『桜切るバカ、梅切らぬバカ』という言葉は、私もその時に初めて聞きました。
そういえば、キレイに枝が切りそろえられた桜の木って見たことない…。

その後、次の春だったか、もっと後だったかうろ覚えですが、
ある日庭を見たら、桜の木があった場所がぽっかり空いていました。
母上に聞いてみると、驚くべき答えが返ってきました。

「太平おじさんが、枝が伸びるって言ってたじゃない。
だから、手に負えなくなる前に公園に植えてきたわ」

え~!それって、姥捨て山ならぬ、桜捨て山?
これって、不法投棄?
(14年前だから、時効でしょうか…?)
今ごろ、周りの木とは調和してない桜の木が花を咲かせていることでしょう。
私も気づかない間に母上は木をかついで公園に行っていたかと思うと、
その姿を想像するだけで笑えてしまうのでした。
[PR]
by k_kappy | 2008-04-07 22:15 | 植物

今年の桜

仙台の桜はとうとう葉桜になってしまいました(;_;)
毎年の行事として、同僚O氏とお花見ランチをしています。
職場から歩いて10分ほどのところに大学のキャンパスがあって、
立派な桜の木がたくさんあります。
そして、芝生が植えられているところもあり、
どう見てもそのキャンパスにいる人とは思えない人々がたくさんいるのです。
幼稚園生連れの親子とか、私たちのような制服のOLとか…。
キャンパスに行く途中に2軒ほどコンビニがあるので、
お昼に食べたいものを調達しながら行くのです。
今年はこんな感じでした。
f0057453_21551242.jpg


我が家は4階建てアパートの3階なのですが、
ベランダから見える公園には桜の木がたくさん植えられています。
ベランダに居ながらにして、お花見ができます♪
f0057453_2031564.jpg

ちょっと電線がジャマですが、それはおいといて。
朝起きて、カーテンを開けて、ちょっと左を見るとこの風景が目に入ります。
今は、花が散って地面がピンク色になっています。

桜を見るだけで、心が和むというか癒されるのはなぜでしょう?
花びらのきれいなピンク色がそうさせるのでしょうか?
また来年まで楽しみにすることにしましょう♪
[PR]
by k_kappy | 2007-04-26 21:55 | 植物

どこまで育つか?

昨年、むつに出張に行った時、コーヒーの木の苗をもらった。
あの、「アランドロン」を食べた喫茶店のマスターがくれた。
(「アランドロン」についてはこちら
f0057453_21203997.jpgどうやら、コーヒー会社さんが持ってきたそうな。
売っているのかと思って、
「ゆずっていただけますか?」って聞いたら、
「あげるよ」って言ってくれたので、
お言葉に甘えていただいてきた。
コーヒー豆はもともと暑い地方で作られているので、
日本の、しかも東北地方で育つかどうかは分からない、
とマスターが言ってた。
うまく育てば、1mぐらいまで育つらしい。
マスターは、新聞にそこまで育った写真が
載ってるのを見たことがあるらしく、
写真が載るぐらいだから、
そこまで育つのは珍しいんじゃないか、と言ってた。
では、がんばってみようじゃないか!
箱の底に育て方が書いてあった。
とりあえず、
強乾燥状態にしないように注意することが大事なんだって。

そして、鉢の底から根っこが出てきたら、
ひとまわり大きな鉢に植え替えるんだって。
で、書いてあったとおり、鉢の底から根っこが出てきたので、
植え替えてみた。
f0057453_21284861.jpg

現在、苗の高さは約10cm。
うまく育つといいなぁ~♪
[PR]
by k_kappy | 2007-02-05 21:35 | 植物

サボテン日記

わが職場の窓際にサボテンが置いてありました。
窓際の席に座っていた、私の直属の上司が毎朝水をあげていました。
毎年赤い花もつけていました。
その上司がわが職場を離れる時、
「俺だと思って水をあげてくれ」
と言いました。
それからかれこれ3年がたち、気がつけばそのサボテンは瀕死状態。
乾燥に強いサボテンがここまでくるとは…。
放っておきすぎたことに反省し、我が家へ持ち帰りました。
f0057453_1712310.jpg


鉢の下からは根っこが出てきていたので、
ちょっと大き目の植木鉢に植え替えました。
植え替える時に、手で触れただけでポロポロと取れてしまった葉たちを
取り除いたら、スッキリ。
f0057453_1716858.jpg


この、緑の部分が最後の望み。
とりあえず、忘れた頃に水やりをしました。
そうしたら…!チョロチョロと葉っぱが増えてくるではありませんか!
f0057453_17245598.jpg

どれだけ葉っぱが出てきたか、分かりにくいと思うので、
上から撮ってみました。
f0057453_17255280.jpg


植物の生命力を感じます。
とりあえず、元上司に顔向けはできそうです。
今後もこのサボテンちゃんの生育状況をお知らせしていきます(^^)
[PR]
by k_kappy | 2007-01-13 17:28 | 植物

サボテンの花

明日で10月が終わり。
そして、明日はハロウィン。
といっても、ハロウィンといえば、カボチャってことぐらいしか知らない。
今日は、仕事で福島まで行ってきた。
いつもは同僚O氏と離ればなれだけど、今日は一緒に出張♪
講演会の受付を終えて、帰りにちょっとひと休み。
福島駅の中にある花屋さんの前を通ったら、カボチャが売っていた。
食用じゃなくて、飾り用のやつ。
そして、そばの小さなかごには眉毛やら目のシールが入っている。
「ご自由にお取りください」だって♪
顔を吟味して、シールと一緒にカボチャをレジへ。
105円也。
さすがに、ずっと置いておくと腐ってくるらしい。
とりあえず、きれいなうちに撮ってみました(^^)v
f0057453_19552421.jpg


さて。今日の本題へ。
我が家のベランダにはいくつか植物が並んでいる。
なぜかといえば、たぶん母さんの影響だと思われる。
うちの母さん、とても花好き。
かつて県外で仕事をしていた時、久々に実家に帰り庭をふと見ると、
その度に植えられているものが変わっていたり、増えていたりしていた。
一番傑作なエピソードは、父が亡くなったときのこと。
葬儀に出席するために、
父の実家である山口県の周防大島から太平さんがやってきた。
(太平さんとは、うちの父さんの兄である)
葬儀が終わり、何日かゆっくりしていくことになった太平さん。
もともと働き者なので、我が家の庭をひとまわりしてこう言った。
「君子さん(うちの母さんの名前である)、
『桜切るバカ、梅切らぬバカ』って言うじゃろ?
この桜、今はええけど、何年かたったら隣りの家まで枝が伸びよるよ」
その後、私は県外へ就職した。
そして久々に実家へ帰ってきて、庭に桜の木がないことに気づいた。
どうしたのかと聞いてみると、
「おじさんが、枝が伸びたらたいへんだって言ってたでしょ?
だから、この間公園に植えてきたの」ですって。
は?公園に植えてきた?
確かに、我が家から歩いて5分ぐらいの所に公園がある。
そして、その公園には桜の木が何本も植わっている。
どうやら、その仲間にひっそりと入れてきたらしい。
白昼堂々ではなく、夜にひっそりと。
姥捨て山ならぬ、花捨て山だ。

やはり、実家にいろいろな植物があると、それが普通になってしまい、
一人暮らしを始めてみると、
自然と実家と同じ状態が居心地よくなったりする。
それが、我が家に植物が集まった理由かも。
で、我が家の植物で一番多いのがサボテン。
これは、通販のフェリシモで
花の咲くサボテンを1ヶ月に1種類ずつ届くってのを
何ヶ月か買い続けたから。
送られてきた時は小さな植木鉢に入っていて、
育ててみたけど、肝心の花が咲かない。
どうしたもんかと思って、大き目の植木鉢に植え替えてみた。
そうしたら、次の年ぐらいから花が咲き始めた!
f0057453_21423419.jpgf0057453_21425022.jpg










両方とも黄色い花が咲いた。
でも、よく見ると花の感じが微妙に違う。
この花たち、10時ぐらいから15時ぐらいまでしかこんな風に↑開かない。
パートのおばさんのよう(^^)
でも、ベランダに出てふと見た時に、こんな風に咲いていると、
すごく幸せな気分になる。
残念ながら今年のシーズンは終わったので、
来年の5月か6月ぐらいまで楽しみに待つことにしよう♪
[PR]
by k_kappy | 2006-10-30 21:44 | 植物