暖かくなってきました♪


by kappy
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:サッカーW杯( 7 )

W杯は終わったけれど、いまだに尾を引いている話題がある。
「ジダンの頭突き」
これについては、「イタリア、おめでとう!」でちょこっと触れた。
その時の感想と変わりはないけれど、
それ以後、テレビやらネットやらを見て、分かったことがあって、
それを踏まえて、あらためて「ジダンの頭突き」を考えてみようと思う。

<分かったこと その1>「ジダンは短気である」
ジダンは見た目で得をしているのかもしれない。
見た感じは物静かで、有言実行タイプではなく、不言実行タイプ。
日本人で言えば、高倉健に近いかな?と私は思っていた。
でも、今までレッドカードをもらった数は少なくないという。
ということは、物静かに見えるだけに、怒りを最大限までガマンして、
表に出る時には、周りがビックリするほどの表現になってしまう、
という図式は成り立たないだろうか?

<分かったこと その2>「マテラッツィは常習犯」
マテラッツィの存在をジダンの頭突きで知った私は、彼がどこのチームにいるかすら分からない。
調べりゃあいいんだろうけど、調べる気にすらならない。
それはさておき、テレビで誰かが言っていた。
「彼はそれが常套手段ですからね」
マテラッツィは言葉で相手をよく挑発するらしい。

<分かったこと その3>「日本人には分かりにくいかも…」
フランス人は、言葉を深刻に受け止めやすい国民性があるそうだ。
そして、ヨーロッパサッカーでは人種問題が深刻らしい。
島国である日本人にはちょっと分かりにくいなぁと思った。
他の国と陸続きの国は、外国人が頻繁に出入りしている。
それに、日本人のように単一民族ではない。
サッカー選手という以前に、それぞれがある国の一員。
W杯は国と国との戦いと言われるように、みんなが自分の国を背負って出てきている。
そういう姿勢も日本ではちょっと理解しがたいところがある気がする。

こうやって考えてみると、いくつかはっきりすることがある。

<その1>「ジダンのやったことは許されないこと」
マテラッツィが何を言ったにしろ、頭突きはいかん。
手を出してしまった(正確には頭だけど)わけだから…。

<その2>「マテラッツィの言ったことは相当ヒドイ」
言われたジダンが具体的に語れない。そして、言ったマテラッツィも具体的に語れない。
ということは、あらためて口に出すことすらためらわれることを言ったってことじゃなぁい?

そうは言っても、これは私という一個人の考え。
本当のところはどうなのよ?って思っちゃう。
でも、本当のことは最後までジダンとマテラッツィにしか分からないと思う。
今、ふと思うのは、当人たちはどういう気持ちでいるんだろうってこと。
本当のスポーツマンなら、お互いに悪いと思っているんじゃないかしら?
週末のテレビでテリー伊藤さんが言ってた。
FIFAが中に入るだの、制裁がどうのってことはどうでもいい、
ジダンとマテラッツィがピッチの上で握手をすれば済む問題だって。
もしかしたら、解決方法はそういうシンプルなことなのかも。

この一件が世界に投げかけた波紋は大きい。
今回のW杯で人種差別を訴えたということは、実際にそういうことがあるからで。
考えすぎだと思うけど、
ジダンは自分を犠牲にしてでもその問題をみんなに考えてほしいと思ったのかもしれない。
マテラッツィの言ったことが人種差別に関係なかったとしても、
今までにそういうことがあったことは事実なわけだから、
選手一人ひとりが、言葉で相手を挑発することを武器として使わないようになってほしい。
「くち」は、試合中は味方を鼓舞したり、戦術を話し合ったりすることに使ってほしい。

当たり前だけど、世界には私の知らないことがいっぱいあるなぁ~。
この話題、ぜひ外国人の人と話してみたい。
(あ、でも日本語を話せる外国人限定で^_^;)
[PR]
by k_kappy | 2006-07-17 22:10 | サッカーW杯

イタリア、おめでとう!

ワールドカップが終わってしまった。
日本以外の試合を見るようになったのは、今回が初めてかも。
今朝はがんばって起きてみた。
でも…
起きてテレビをつけたら、青いユニフォームと白いユニフォームの人たちが入り混じっている。
その上、ジョン・カビラやらジローラモさんやらが出てきた。
あら?
携帯のめざましを1時間遅くかけてしまった…。
最近、こんなボケをよくかます。(これについては、後日ゆっくりと)
というわけで、後半から見たのでした。
見てる分には、フランスが終始押し気味に試合を進めていた気がした。
延長に入って、ジダンが退場になったところで流れが変わったのかなぁ~
この試合、流れが変わるところにすべてマテラッツィが絡んでいたね。
ジダンが決めたPKの原因はマテラッツィが足を引っ掛けたからでしょ?
イタリアの1点は、マテラッツィのヘッドでしょ?
しまいには、ジダンが退場になった原因はマテラッツィが何か言って、
ジダンが腹立てて頭突きしたからでしょ?
マテラッツィ、何者?
それにしても、ジダンは何を言われたんだろう?
最初は、笑っていたように見えたの。
ちょっと雑談でもしたんだなぁと思える感じで、ジダンがスタスタと歩いていったと思ったら!
くるっと振り返ってマテラッツィに突進。
そして、胸に頭突き!
相当腹が立ったんだろうなぁ~

MVPはジダンに決まったんだって。
妥当な感じかしら?
フツーは優勝チームから選ばれるんじゃないかなぁと思うけど、
このW杯を通して、イタリアで目立つ活躍をした人って思いつかないもの。
言い方を変えれば、それだけイタリアはチーム一丸となってがんばったってことよね?
イタリアほど選手層の厚いチームはなかったでしょう。
やっぱりイタリアはサッカー王国なのだ。
その中でも、私はこれからは、カンナバーロをチェックしてみようと思います。
あの人の、ディフェンスってすごいわ!
決勝の時だって、玉際でねばるねばる。
あ~いうディフェンスしたら、点は取られないわね。

さて。
4年に一度のお祭りが終わってしまいました。
今回見てつくづく思ったのは、生きているうちに一度生でワールドカップを見てみたい!ってこと。
どうせなら、サッカーの歴史がある国で行われる時がいいかな♪
というわけで、2010年はまたテレビ観戦します。
南アフリカとの時差は何時間でしょうか?
[PR]
by k_kappy | 2006-07-10 21:08 | サッカーW杯
今日のタイトルは、ラ行の文字を巻き舌にして読んでいただきたい。

いやいや、イタリア強い!
昨日から出張に出かけていたので、今朝はホテルで起床。
目が覚めてテレビをつけたら、ちょうどBS1でした。
(というのも、昨夜はウィンブルドン見ながら寝たのね)
一瞬、「これって、もうハイライト?」と思ったけど、
画面の左上を見てみると、「延後」って書いてあるじゃん!
あらっ!
このままPKになったら、ドイツに軍配になってしまう…と思いながら見ていたら、
入りましたわ!1点目。
あれは、パスを出した人がエラかったと思うわ。
残り時間少ないところで1点入れたんだし、それでも十分なのに、もう1点入っちゃいました!
アレッサンドロ・デルピエ~ロ!
キャーッ(^^)
日韓W杯の時といい、今日といい、彼はなぜ、節目節目で決めてくれるのか?
すごく男気があるわ。
こうなったら、優勝していただくしかないかも。

デルピエロの話題が出たので、彼について、もう1ネタ。
愛しの中田ヒデの引退について、アズーリ達にもコメントが求められた。
王子トッティは、あっさりと去り際に「残念だね」だって。
相変わらず冷たいっつうかなんつうか…。
そこで立ち止まってコメントしたってバチは当らんでしょう。
しかし!デルピエロは違う。
戻ってくる資格があると言い、極めつけは、直接電話して話すって~!
キャーッ(^^)
アレッサンドロ・デルピエ~ロ!
さすがだわ!人間味あふれるコメント。
本当に電話しなかったとしても、これから準決勝の試合を控えているのに、
他人のことにそんな風にコメントできるあなたがステキ。

中田ヒデの引退については、日を追うごとにマスコミが一人歩きしてる気が…。
これについては、後日じっくりと。
本日、出張帰りでヘトヘトのため、ここらで切り上げさせていただきますm(__)m
[PR]
by k_kappy | 2006-07-05 20:14 | サッカーW杯

これが実力

日本代表のワールドカップが終わった。
世界最高峰のブラジルとの実力の差が
こんなにも大きいものだったのかっていうのを痛感させられる試合だった。

先制点を入れたところまではよかった。
あのゴールは、すごくよかった。
ブラジルからあんな迫力のあるゴールが奪えるんなら、
もしかしたら、これはいけるかも!と一瞬思った。
それまで、座椅子のリクライニングを思いっきり倒して観戦していた私は、
あの玉田のゴールを見て、リクライニングを起こしたもの。
でも…それも束の間。
一番イヤな時間に同点にされてしまった。
やっぱり、ロナウジーニョってすごいのね。
彼がボールを持つことで、人を何人も引きつけられるから、フリーになる人が出てくる。
これまで調子が悪いと言われ続けたロナウドがとうとう決めた。
しかも、後半にも。
これで、記録に並んだらしい。
後半は、もう見るからにモチベーションが落ちてたね。
やっぱり、メンタルが弱いよね…。
メンタルってどうやったら、鍛えられるのかしら?

試合終了後、中田ヒデは最後まで起き上がれなかったね。
画面に彼の顔がアップになった時に言葉を失った。
泣いている。
それを見て、私は早朝にもかかわらず泣けてしまった。
冷静と言われている彼が涙を流した。
それぐらい悔しかったんだね。

インターネットで毎日新聞の記事を読んだ。
タイトルは、「イチローになれなかったヒデ」
WBCで日本が優勝した直後から、イチローの役割を中田ヒデが担えれば、
ワールドカップでいいところまでいけるのでは、と言われていた。
メキシコ五輪で銅メダルに導いた人が、
「問題なのは選手の半分が中田の考えを好きではないこと。チーム内で中田がどう振る舞い、仲間が中田をどう扱うかがカギだ」
って言ってたそうだ。
彼なりにがんばったと思うの。
だけど、表現方法というか、コミュニケーションの取り方がぶきっちょだから、
それをみんなには受け入れてもらえなかったんだろうな。
彼のファンだから、と言われればそれまでだけど、
日本代表の中で一番世界を知っている人の言うことややることって、
世界と戦う時には一番参考になるんじゃないのかしら?
「ヒデさんにはできるだろうけど、俺にはムリ」とか
「なんで自分のチームについて批判するんだ」って思っている選手がいたとしたら、
それは甘えのような気がする。
反論があるなら、とことんぶつかればいい。
それで壊れるようなチームワークは、初めからいらない。
ヒデが一番上にいて、他の選手がその下にいるんじゃないでしょ?
マスコミのヒデに対する扱い方が
他の選手たちに影響を与えていないとはいえないような気がする。
人って、実際に接してみなくちゃどういう人かは分からないでしょ?
それをしないで、距離を置いていたとすれば、サッカー以前の問題。
これは、ヒデに対しても言えるし、他の選手たちにも言える。
今回のワールドカップで1勝もできなかった原因には
いろいろなことがあると思うけど、本当にチームがひとつになれなかったっていうのも、
原因のひとつじゃないかしら?

はぁ~。
正直なところ、中田ヒデのあんな姿を目にすると思わなかったから、
ちょっと彼寄りに熱く語ってしまいました。
日本が負けてしまって、これからワールドカップを見る張り合いがかなり
なくなってしまったけれど、
ブラジル戦を見たら、うまいチームを見るのはおもしろいと感じた。
これからの試合はどんどんレベルが上がってくるから、
「サッカー」を見ようと思えば、おもしろく見れる気がする。
決勝戦まで見届けよう。
そしてワールドカップが終わるまでは、ワールドカップねたを書き続けます!
[PR]
by k_kappy | 2006-06-23 21:18 | サッカーW杯

クビの皮いちまい

いやいや…何から書きますかねぇ。
クビの皮いちまい繋がってはいるけど、ちょっと風が吹いたら切れちゃいそうだもの。

まずは、よかったことから書きますか♪
ヨシカツしかないでしょう!
PKを止めた瞬間、私は「キャー!ヨシカツ~!」とさけんでいた。
あのクールな中田ヒデでさえ飛びついて抱き合ってたしね。
そのぐらいすごいことだったのよね。
おかげで、私の「川口」株は値上がりしっぱなしである。

あのPKを止めてなかったら、とりあえず負けてた。
負けてたかもしれないってことを思うと、
あのPKが、あの試合のキーポイントだったってことがよく分かる。
そのキーポイントのPKを止めて、その後の流れがどっちに傾くかっていうのは、
素人でも予想がつく。
しか~し!
その流れを自分たちの方へたぐり寄せられない…。
オーストラリア戦の時から感じていたのは、
このまま一気に流れに乗っちゃえば…ってところで流れに乗れないってこと。
なんなんだろうなぁ~?
やっぱり、中田ヒデが言ってたように技術云々って話じゃないよねぇ?
メンタルっていうか、根性っていうか、要するに精神面だと思うわ。

昨日のクロアチア戦で思ったのは、
一人ひとりの思いが空回りしていて、それぞれが思うばっかりで、
それぞれの思いを感じるってところが欠けてた気がする。
みんな片思い状態。
だから、パスを出しても出した先には誰もいなかったり、
画面の上やら下やらで、「僕、がんばって走ったのにぃ…」と言わんばかりに
がっかりしている姿が目についたりしたんだと思う。

なんといっても、試合後の中田ヒデのインタビューがすべてを物語っていたような…。
悔しさのあまり、ろれつが回ってなくて(疲れてるっていうのもあると思うけど)、
カミカミの状態だったね。
それぐらい悔しかったのよね。
それぐらい勝てるチャンスがあったってことよね。
さすがの彼も後半、キレてたなぁとおもうプレーがいくつかあった。
それは、精神的にも体力的にも。
それぐらいこの試合に賭けてたのよね。

神様ジーコについても言わせていただきたい。
愛しの福西→稲本の交代は賛成です。理解できます。
しか~し!
なぜあそこまで柳沢をひっぱるのか。
私なら、後半開始の時点で柳沢→大黒。
ちょっくら様子を見つつ、そして控え選手のアップ具合を見つつ、
万全なところで高原→巻。
神様ジーコは柳沢とか玉田とかがお好みなのかな?
彼らが調子がいい時のプレーは確かに魅力があるし、
昨日のような状態で、彼らがドリブルでゴール前までがんがん行ってくれれば、
それこそPKなんかもらえちゃったかも♪
でも~!現実は違うわけよ!
その調子のいい状態を今、この本番に出せないんだからぁ~!
久保を落としたようにぃ~鬼になって代えたらいいじゃ~ん!と、思うわけです。

まぁ、文句は尽きないところだけど。
次はツネ様が出られない、そして、俊輔の風邪は治ったのか?ってところが不安要因。
でも、極端な話、もう倒れたって、けがしたっていいわけよ!
フランス大会でゴンちゃんが日本初ゴールを決めたとき、
彼は足を骨折してたって言うしね。
ヨシカツも言ってたけど、足がつるまで、倒れるまでやってこい!と思うわけです。
結果として悪くても、見ている人たちが最後までがんばったね、って
納得できるぐらいの試合をしてほしいなぁ。
あ、ついでに欲張れば、
絶叫できるぐらいのスカッとしたゴールを決めていただきたい。
日本では朝っぱら4時からみんな応援するんだからね~!
[PR]
by k_kappy | 2006-06-19 21:44 | サッカーW杯

いや~ん(>_<)

昨日の今ごろは、1-0でちょっと浮かれてたっけ…
まさか、あんな結果になるとは…。
最悪、引き分けぐらいかなぁと思ってたけど。
でも、今日一日ネットでスポーツニュースをほぼ読みつくし、
NHKのダイジェストで元日本代表の小島の話を聞いて、
負けてもしゃあなかったんではないかと、思えてきたのでした。
なんといっても、いつもなら点を取られた後は、
中田ヒデが一生懸命みんなに声をかける姿が見られたのに、
昨日は全然なかったし…。
そこに、ショックの大きさが感じられる。

負けたけど、川口はすごかったと思う。
だって、川口が止めてくれて1-3で治まったようなもんだもの。
私の中の「川口」株が急上昇!
テレビを見ながら、「ヨシカツ~!」って叫んじゃったもんね。
あと2試合、昨日の調子で川口ががんばってくれたら、いい試合になるんじゃなぁい?

NHKのダイジェストを見て、腹が立った。
クロアチアのキャプテンのインタビュー。
クロアチア・オーストラリア・ブラジルの3カ国の戦いになるだろう、だって。
おいおい!ど~いうことよ?
ここまでバカにされて、次の試合負けるわけにはいかないのよ~!

腹が立ったついでに、もうひとつ。
俊輔のゴールは誤審だったって話があるらしい。
オーストラリアのキーパーが言ってたって。
キーパーチャージだったのに、主審がそれを取らなかったって。
しまいには、オーストラリアに不利な結果にならなくてよかった的な発言まで
したらしいじゃない?
それって、思いっきりオーストラリア寄りってことじゃないの?
ど~なの?それって!

選手たちと同じように、昨日の負けは負けと認めて、
その原因を修正して、次のクロアチア戦に備えなくちゃ!
少なくても、まだ望みはある!
[PR]
by k_kappy | 2006-06-13 22:42 | サッカーW杯

始まりました~!

昨日の夜中からワールドカップが始まった。
いま、イングランドVSパラグアイの試合を見ながらこれを書いている。

思い出せば、前回は実家から徒歩30分で会場にいけるという理由で、
ボランティアをやったのでした。
ボランティアとはいえども、さすがFIFAで、支給されたものの多いこと。
制服というか、ユニフォームがあって、気候によって自分で調節するために、
半そでのシャツからトレーナーからウィンドブレーカーのようなもの、
ロングパンツだけでなくハーフパンツまで支給された。
あ、靴も靴下も。ちなみにすべてアディダス。

少しでも関わっていたことがあると、今回のワールドカップの見る目がちょっと違う。
とりあえず、今回のボランティアのユニフォームはどんなもんか、
画面を見ながらチェックしているが、なかなか見えない。
前回は、リアルタイムで見れたこともあって、日本以外の国の試合を見た。
素人の素朴な感想だけど、「みんなうまいなぁ~」とか、
「Jリーグよりおもしろいなぁ~」と思った。
そのせいか、今回もおもしろそうな対戦があれば、見てみたいと思う。
今回、私が注目している日本チーム以外の選手は、
イングランドのジェラードとブラジルのロナウジーニョ。
この2人のいるチームは優勝に一番近いところにいるんじゃないかな?
ジェラードはミーハー根性で、昨年のトヨタカップで来日した時に、
あらカッコいいわぁ~と思ったのでした。
ロナウジーニョは、素人の私が見ていても、
あの人のサッカーの技術が人並みでないことはわかる。
そして、何よりもいつもいつも楽しそうにプレーしているのが印象的。
スペインリーグ、チャンピオンリーグを制しているから、
ワールドカップで優勝しようものなら、個人的には3冠王に輝くよね。

でも…。
ロナウジーニョにあまり活躍されては、日本としては困るんでした^_^;
日本とやる時にはほどほどでお願いしたい。

さて。
とりあえず、月曜日の夜のオーストラリア戦まで、
私も体調万全にしておかなければ!(←なんでやねん!)
[PR]
by k_kappy | 2006-06-10 23:27 | サッカーW杯