「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!

チームのために

今日は長嶋さんと松井さんの
国民栄誉賞の授与式がありました。

大好きな『モヤモヤさまぁず』を観終わって、
チャンネルを変えたら、
ちょうど、始球式が始まるところ。
ちょうどよかった!

長嶋さんの名前がアナウンスされて、
バッターボックスに向かう姿を見て、
涙が出ました。

始球式は、
長嶋さんがマジで打ちにいったけど、空振り。
その光景は、とても微笑ましかったemoticon-0100-smile.gif

巨人のファンの方々だけではなく、
野球ファンも、
野球はよく分からない人も、
今日の国民栄誉賞授与式と始球式を見て、
何かしら感じることがあるのでは?

身体が不自由になってからの長嶋さんは、
あまりテレビでは姿が見られなくなりました。
身体が資本の職業だった方が
その身体が不自由になることは、
想像以上のショックだったのではないかと思うのです。
でも、テレビを通してたまに見る長嶋さんは、
いつもと同じ笑顔で、肌がツヤツヤemoticon-0171-star.gif
やはり、ただ者ではないのかも…
と感じました。

夜のNHKのスポーツニュースで、
松井さんのインタビューを観ました。

たとえ自分がホームランを打っても
チームが勝たなければ嬉しくない

自信を持って言えるのは
ずっとチームの勝利を一番に考えて
プレーしてきたこと


私が考えていた「チームプレー」を
遥かに越えた「チームプレー」でした。

自分自身の目標があり、
それは同時に、チームが勝つこと。
だいたいのプロ野球選手は
そう考えているのだと思っていました。
でも、松井さんは違っていました。
とにかく、
チームが勝つこと
チームが優勝すること
これが彼自身の目標。

「チームのために」
という想いは、人それぞれ。
松井さんは野球を始めてから、
ずっとこの想いでやってきたのでしょう。
今、ふと星稜高校時代の全打席敬遠を
思い出しました。
松井さんにとって、
ヒットが打てなくてチームに貢献できないより、
敬遠されて、何もできなくてチームに貢献できない方が
悔しいのではないかしら?
と、勝手に思い巡らせてみました。


スポーツは元々大好き♪
そして、人好き♪
選手の人となりや、
人間関係が垣間見られると
より一層楽しめますemoticon-0102-bigsmile.gif
[PR]

# by k_kappy | 2013-05-05 23:21 | スポーツ

自分との対話

久しぶりに不機嫌にemoticon-0112-wondering.gif

そんな自分をもうひとりの自分がいて、
ウニャウニャと会話を始めた。
会話から分かったことは「自己弁護」

私はちゃんとやっている

私は悪くない

つまるところ、
そんなことが根底にあっての不機嫌だったらしい(^_^;)

不機嫌さを表に出して、
「察してチャン」
になってたなぁ~。


それはさておき、
自分の立ち位置で最善の対応って何だったのかは悩ましいところ。

と書いて気がついた!
でも、それって、やっぱり

自分が周りからどう見られてるか?

ってことが根底にはあるんじゃないのぉ?


周りによく見られたいんだなぁ~(笑)


そっかそっか(^^)
ちょっとスッキリ♪
[PR]

# by k_kappy | 2013-04-16 22:34 | ひとりごと

やっぱり映画は映画館で♪

4月9日(火)のこと。

数年ぶりで映画館で映画を観てきました!
しかも2本(^^)

行こうと思ったきっかけは、『プラチナデータ』の公開。
かつて嵐がベストアルバムを出した頃。
チングからCDをダビングしてもらい、聴き始めたらハマったのでした。
コアなファンのみなさまから見れば、
「ファン」と名乗ることすらはばかられるぐらいの軽さかと思いますが…(笑)。
5人の中でもお気に入りは、ニノとリーダー♪
甲乙つけ難し!
そのお気に入りのニノが主演の映画が公開されるとなったら、
スクリーンでアップが観たいじゃありませんか!!

というわけで、『プラチナデータ』を観に行こうとタイミングを計っていたら
TOKIOの国分さんと乙武さんが主演の『だいじょうぶ3組』という映画も
公開されていることを知りました。
乙武さんがかつて1年間、小学校の教員をやった時のお話。
短いとはいえ、同じ仕事をしていた者として、
とても興味がありました。

で。
ものぐさな私は考えました。
2本立てで観ればいいじゃん♪

というわけで、レディースデーを狙って行ってまいりました(^^)v
ネタバレは避けたいので、モヤッとした感想です。

まずは『だいじょうぶ3組
よく泣きました(;_;)
子どもが、子どもなりに深く悩んでいる様子。
大人がそれに気づいて、
手を出し過ぎず、手を差し伸べることの難しさ。
乙武さん演じる赤尾先生が、
まさに身をもって子どもたちに伝えること。
受け入れる学校側にはいろいろな負担があるけれど、
身体に障がいを持っていても、教員という職に就いていいと
個人的には思います。
国分さん演じる白石先生に共感できるところがたくさんあったなぁ~。
舞台になった学校が、とてもステキな建物でした。

いつもなら、エンドロールが終わるまで立たない私ですが、
今回は、時間の都合上、
エンドロールが始まって間もなく、次のシアターに移動。
ギリギリ本編スタート直前に滑り込みました。

次は『プラチナデータ』♪
テレビCMを観て想像していた内容よりも、
ずっとずっとストーリーは深かった!!
いやぁ~!
二宮和也はスゴ~イ♡

この一言に尽きます。
原作、読もうと思いました!

ぜいたくな出演陣でした。
トレンディ―ドラマ世代に主役を演じた人たちがチラホラ。
その時代だったら、ギャラは相当かかるでしょうに(笑)。


映画はやっぱり映画館の大きいスクリーンで観るのがいいですね♪
スカパーが我が家にやってきてから、
映画館から足が遠のいていました。
これからは、月1ぐらいで映画館に足を運ぶことにしましょ(^^)
[PR]

# by k_kappy | 2013-04-12 23:03 | 日記

今年も行きました♪

韓国♪
今年も行ってきました(^^)v
昨年行ったことは、このブログには書けずに終わってしまいました(;_;)
今年は書きます!えらく長いです!

今年は3人旅でした。
昨年同様、アルファベット3文字の旅行会社にお世話になりました。
(2つありますな(笑)ご想像にお任せします)
ネットで初売りを狙い、2泊3日19,800円で行く予定でしたが、
3人でネットでがんばったものの、それはゲットできず(T_T)。
次にお安い2泊3日で20130円をゲットしました。
実際には、直行便を選んだため、これに1900円をプラスして22030円也。
いやはや。
国内旅行よりお安く海外に行けるんだなぁ~♪

旅行に行く前に、3人で集まって旅の計画を立てました。
各々のやりたいことや行きたい所を赤裸々に語ってみたところ、
今回の旅の目的は次のようになりました。

☆行きたい所:韓国風のカフェ
☆やりたいこと:極上エステ
☆買いたい物:化粧品、メガネ、洋服
☆食べたい物:レバ刺し、タッカンマリ、お粥、韓定食

この目的をすべて達成するべく、立てた行程はこんな感じ。
<1日目>
 ホテルチェックイン→明洞へ→めがね屋→露店&化粧品屋でお買い物→
 東大門へ→晩ゴハン(タッカンマリ)→東大門ファッションビル
<2日目>
 朝ゴハン(お粥)→ロッテアウトレットでお買い物→お昼ゴハン(韓定食)→三清洞へ→
 カフェ→明洞へ→お買い物→晩ゴハン(レバ刺し&焼肉)→極上エステ
<3日目>
 帰るだけ

さて、実際はどうだったかというと…

2月18日 月曜日
午後の飛行機で仁川空港へ。
機内食でちょっと遅いお昼ゴハン。
f0057453_1183214.jpg

数独に没頭しているうちに、仁川空港に到着。
小金井市で日本語を勉強したというガイドさんに連れられて、バス移動。
まず、ホテルに荷物を置いてチェックイン。
バスにまた乗り込んで、ロッテ免税店へ。
ロッテといえば、韓国の大企業。
免税店が入っている建物は本当に大きくて、ビルの入り口はクリスマスのよう。
f0057453_227982.jpg

ここで1時間、放たれます。
化粧品コーナーに行きましたが、あまり魅かれる物はなく、
ひと通りぐる~っと見て、1時間経過。
やっと自由行動♪

免税店に寄るのはお約束になっており、パスできないのであります(>_<)
しかしながら、ロッテ免税店だったのは、場所的にはとてもラッキーでした♪
私たちの行程では免税店の後は明洞に行く予定て、
ロッテ免税店からは歩いてすぐの場所なのでした。
自由行動になったのが19時過ぎ。
予定では、晩ゴハンはもうちょっと先でしたが、
さすがにお腹がすいて、小腹を満たすために屋台でひと休み。
f0057453_2214188.jpg

この屋台には昨年も来ました。
お客さんがいっぱいいて、トッポギがとっても美味しかったのです!
お店の人が、わざわざテーブルと椅子を出してくれたので、
寒かったけど、ちょっとゆっくりできました。

小腹を満たして元気になり、露店を物色しながら、
気になるお店があれば、のぞいてみました。
そして到着したのがめがね屋さん。
私は、昨年来た時にもめがねを買いました。
韓国はめがねが安いので、今年も買おうと決めていました。
めがね屋さんへ到着し、いろんなめがねを試してみました。
種類がありすぎて迷っていると、店員さんからどんな感じがいいかを日本語で訊かれ、
「今、かけているのとは違う感じで」とザックリしすぎるオーダーをしたところ、
店員さんは、1つに絞るには迷うほど、ステキなめがねを次々に私にかけてくれました。
最終的に決めためがねは、韓国で買ったにもかかわらず、デンマーク製でした(笑)。
日本のめがね屋さんと同じように、視力を測ってくれて、翌日に取りに来ることにしました。

お店を出て、また露店を物色しながら、化粧品屋さんへ。
露店は、靴下、カバン、ベルト、お菓子など、いろいろなお店が出ています。
途中で思わず目に留まり、食べたものがこちら。
f0057453_22301459.jpg

ジャガイモを皮むき器のようなものでクルクルとカットしたものを
棒に差して油で揚げたもの。
そこにチーズ味やちょっと辛めのパウダーがかかっています。
棒に差したソーセージにジャガイモをカットしたものが巻いてあるバージョンもありましたが、
美味しい晩ゴハンを食べるために、今回はチーズ味のジャガイモのみにしてみました。
ポテトチップスよりは柔らかく、フライドポテトよりはちょっと歯ごたえがある感じ。
美味しいけれど、少々食べにくい(^_^;)

このあたりで、既に21時を過ぎていましたが、人・人・人。
人をかき分けつつ、目標の化粧品屋さんへ。
今回の旅の目的を化粧品ゲットにしていたチングは、
なんと事前にネットで調べて、ブランド・品名を書いたメモ持参!
私は、特に買う気はなかったけれど、
「このお店のこれがいい!」と言われると、思わず前のめり(笑)。
お土産用のパックやら、自分用にシミに効く美白クリームやら、
かわいい容器に入ったマッサージピーリングクリームやら…。
お店に寄るごとに、荷物が増えていきました(^^;)

この日に寄るお店は網羅したので、タクシーで東大門へ移動。
韓国のタクシーはとっても安い!
基本料金は、日本の3分の1ぐらい。
明洞から東大門までは、ちょっと距離がありますが、気兼ねなくタクシーに乗れます。
しかも、タクシーの座席は革張りで、とっても乗り心地がいい♪
外の景色を見ながらしゃべっているうちに到着。

仙台で言うと壱弐参横丁の雰囲気に似た場所が「タッカンマリ横丁」と言われているエリア。
タッカンマリは、鶏一匹という意味。
いろんなお店がありましたが、勘で入ってみました。
飲み会をやっているグループがいたり、
親戚なのか、知り合い同士なのかはわかりませんが、
おじちゃん・おばちゃんたちのグループがいたり、
地元の人たちでとてもにぎわっているお店でした。
そのお店のメニューはタッカンマリだけ。
おばちゃんが鶏のぶつ切り、ジャガイモ、キノコなどが入った鍋を持ってきてくれました。
f0057453_22575562.jpg

それを火にかけて、グツグツ煮込みます。
f0057453_22582650.jpg

その間に、おばちゃんがタレを作ってくれました。
食べてみたら、鶏が柔らかくて美味しい!
スープだけ飲んでみると、さっぱりしているけれど、鶏のダシがしっかり出ていて美味しい!
最後はラーメンを入れて〆るらしいけれど、
鍋を完食したら、お腹がいっぱいで、それ以上は入りませんでした。
あのスープにご飯と溶き卵を入れておじやにしたら、美味しいだろうなぁ~♪

満腹になりながら、東大門のファッションビルへ。
その途中で、暗闇の中に銅像を発見!
f0057453_1231352.jpg

この方がどなたか分からないけれど(笑)、記念撮影。
次の日にネットで調べてみたら、チョン・テイルさんという方の銅像だと分かりました。
東大門で労働運動していた方で、
22歳(1970年)の時、理不尽さを訴えて焼身自殺をして亡くなったとのこと。
それが分かっていたら、もうちょっと礼儀正しい記念撮影したのに…(>_<)

チョン・テイルさんに別れを告げて歩いていると、問屋街に入りました。
帽子、ベルト、靴下、スカーフ、傘など、いろんな種類のお店がありました。
この辺りに着いたのは23時半ぐらいでしたが、
閉まっているお店の方が少ないぐらいでした。
いろんなお店を物色しながら、目的のファッションビルに到着♪

いくつかあるビルのうち、私たちが行ったのはドゥータ。
洋服が欲しいというチングの目的を達成するために、地下2階からスタート。
どのお店もオシャレ。
特に靴屋さんとかばん屋さんは、とってもステキなデザインのものが豊富。
しかも、お値打ち価格!
いいものは、やはりそれなりのお値段がしますが、
見た感じで値段を予想して値札を見ると、思ったより安いものがたくさんありました。
来年は、東大門で問屋街&ファッションビルを周って、靴とカバンをゲットした~い!

東大門のファッションビルは明け方の5時まで営業。
夜中でも、人がけっこういるんです!
現地ガイドさんが、「帰るまで寝ないで遊んでください!」と言うのに納得。

すっかり荷物が増えて、タクシーでホテルまで。
乗ったタクシーの運転手さんが本当に流暢な日本語を話していました。
自分で勉強して覚えたとのこと。
私もがんばって韓国語を覚えよう!

ホテルの部屋が、とても韓国らしいオンドル部屋でした。
写真を撮り忘れたので、ネットで探したものでご紹介。
f0057453_23332476.jpg

画像では分かりにくいと思いますが、
写っている布団の隣に、あと2枚、川の字に布団が敷かれていました。
真ん中の布団はは完全に両側の布団に重なっていて、この部屋に3人で寝るのはどうなの?と思い、
チェックインの時にガイドさんに訴えてみましたが、
残念ながら満室で、この部屋を使わざるを得ないことに(-_-)
真ん中の布団を既に敷いてある布団の足側に移動して、
どうにか気兼ねせずに寝られる環境を作りました。
この日の就寝時間は、確か夜中の2時をまわっていたかと(^^ゞ



2月19日 火曜日
確か、10時過ぎにホテルを出発。
前日、フロントの人にお粥屋さんが近くにあることを教えてもらっていたので、
そこを目指して、テクテクと。
ホテルから150メートルぐらい歩いた所にあると言われていたのに、
それらしきお店が見つからず。
通り過ぎたのかと思い、戻ってみても、やっぱり見つからず。
あきらめてロッテリアに入ろうとした時、
ふと目に入ったお店は食堂っぽかったので、ダメもとで入ってみると、ありました!
フロントの人が言ってたお店(^^)
こんなお粥を食べました。
f0057453_23462457.jpg

アワビらしき食感があり、野菜も入っていて、優しいお味でした。
お通しのキムチやカクテキを入れて食べると、味が変わって、また美味♪
このお店では、テイクアウトでのり巻きを売っていて、
私たちが食べている間に数人、のり巻きを買いに来ました。
私たちの他にも数組お客さんがいましたが、
そんなことはおかまいなしで、
りんごを食べながら仕込みをしているおばちゃんが忘れられません(笑)。

タクシーで向かったのは、ソウル駅にあるロッテアウトレット。
ここにZARAのアウトレットがあります。
お店に入ったとたん、暗黙の了解で自由行動(笑)。
私はあまり買う気はなく、
安くて気に入ったものがあればラッキーぐらいのテンションだったのですが…
「これ、絶対似合う!」と一着渡され、それが自分では選ばない感じだったもので、
そこからエンジンがかかってしまい…荷物が増えました(^^ゞ

次は、ロッテアウトレットの隣りにあるロッテマート。
日本でいうと、イオンみたいなスーパーマーケット。
昨年は、泊まったホテルの向かい側にスーパーがあって、
そこでずいぶん楽しませていただきました(^^)
今年もスーパーは寄りたいと思っていたので、ちょうどよかったです。
欲を言えば、ここももうちょっとゆっくりと見たかったぁ(;_;)
ここでも荷物が増え(^^ゞ、
レジの近くにあった大きなバッグを買って、それに詰め込みました。

ロッテマートで買ったヨーグルトドリンクを飲みながら、
f0057453_23593256.jpg

この後の作戦会議。
この時の時刻が14時半過ぎ。
朝ゴハンのお粥が思いのほか腹持ちがよくて(笑)、
お昼ゴハンに予定していた韓定食を夜にスライドし、
晩ゴハンに予定していたレバ刺し&焼肉を、レバ刺し&軽く何かに変更。
そして、極上エステを送迎付きのあかすりエステに変更。

次に向かったのは三清洞(サンチョンドン)のカフェ。
本屋さんに行った時に見つけた
『ソウルカフェ』という本に載っているカフェへ向かいました。

タクシーの運転手さんにがんばって韓国語で伝えてみたけれど、
おじちゃんには理解不能だったようで、
行きたいカフェの地図が載っているページを見せると、ナビに登録してました(笑)。
景福宮(キョンボックン)を通り過ぎて、狭い道の通りに入った所でタクシーが停車。
無事に着きました!
チャマシヌントゥルというお店♪
(リンク先は、この本の著者さんのブログです)
案内してもらった席は、とても落ち着ける席でした。
(著者さんのブログを後から見たら、「特等席」と書いてありました!)
席から見える中庭。
f0057453_0171079.jpg

頼んだお茶の名前は忘れましたが(^_^;)、消化を促す作用があったような…
f0057453_0185728.jpg

本にも載っていたカボチャの蒸し餅♪
f0057453_020495.jpg

モチモチしていて美味しかったぁ(^^)
お茶のポットが置きながら温められる優れもの。しかもハートでカワイイ♡
f0057453_0215623.jpg

とても日当たりのいい席だったので、ゆっくりまったり休憩できました。
帰りに席から見えた中庭をパチリ。
もう少し暖かくなると、この中庭もキレイだろうなぁ♪
f0057453_0252887.jpg

タクシーが拾える大通りまで歩いたら、気になるお店が次々と目に入ります。
来年は、このエリアを1日ゆっくり堪能した~い!

カフェでお茶とお菓子を食べたのですが、
次に向かったのは明洞の韓定食のお店(^_^;)
頼んだら、2人のおばちゃんがウヮーッと来て、ウヮーッとお皿を並べていきました。
f0057453_027522.jpg

それぞれにご飯とお味噌汁付きで、これを3人でいただきます。
この他に、焼酎(チャミスル)と海鮮チヂミを頼んでみました(^^)。

美味しくいただいた後は、お買い物♪
昨日に引き続き、化粧品屋さんを周ります。
ちょうどなくなりそうになっていた口紅とチークをゲット。
どのお店も、本当に日本語の流暢な店員さんがいて、全然困りません。
しかも、化粧品について、とても丁寧に説明してくれました。

全てのお買い物を終えて、レバ刺しを食べに行きました。
席に座って注文したら、「今日は入ってない。明日は入る」ですって~!
どうやら、牛の屠殺場が毎日開いているわけではないらしく、
屠殺した日じゃないと、レバ刺しはお店に出ないそう。
しかも、本来は予約制。
レバ刺しが好きで、日本では食べられなくなった今、
韓国なら食べられると楽しみにしていたチングはガッカリ(>_<)
荷物も足取りも重く、あかすりエステに備えて、一度ホテルへ。
晩ゴハンを食べたはずなのに小腹が空いて、
ホテルの隣にあるセブンイレブンへ。
このセブンイレブン、24時間営業ではなく、何時から開いているか定かではないけれど、
夜は、22時ぐらいには閉店でした。

22時。
あかすりエステのお迎えが来ました♪
どこを走っているのかさっぱりわからないと思いつつ、20分もしないうちに到着。
これまた日本語が流暢なおばちゃんにお店のシステムについて説明を受けて、
自分が受けるエステのメニューを決めます。
今回の旅の私の最大の反省点がここ。
おばちゃんの流暢な日本語の説明にすっかり信じ切ってしまい、
フルコースにしてみましたが、おばちゃんが言っているほど手応えはなく…
確かに、送迎付きは魅力的だけど、
旅行会社がすすめるエステは、もういいっ(>_<)
とボヤキながらホテルに戻ってきたら、既に夜中の1時過ぎ。
荷物を詰めて、おやすみなさい(-_-)zzz

2月20日 水曜日
6時15分にお迎えが来ました(-_-)
空港到着後の免税店と同じように、
パスできないお約束のお土産屋さんへ。
ここに寄らなければ、もうちょっと遅く出発できるのに…。
何度来ても、このお土産屋さんのシステムには脱帽。
一緒にバスに乗った人たちは同じテーブルに案内され、
数々のお土産品のプレゼンを聴かなければならないのです(^_^;)
救いなのは、温かいコーン茶と、キムチやチャンジャなどのお土産品の試食。
でも、キムチやチャンジャを食べたら、白いご飯が欲しくなります(笑)。
15分ぐらいのプレゼンの後、解放。
前日、ロッテマートで買ったものと同じものが、おどけでないお値段で売っている!
ひと通り、そんな確認をしているうちに、出発時間。
仁川空港まで爆睡。
すっかり増えた荷物を預けて身軽になって、免税店でお買い物♪
無事に飛行機に乗り込み、美味しく機内食をいただき、
また数独に没頭しているうちに、仙台空港に到着。
楽しい旅は終わったのでした。

今回で3回目の韓国でしたが、
1回目にちょっと観光をしたぐらいで、昨年、今年と観光はしていないのです(^^ゞ
今回の観光といえば、タクシーから見た景福宮ぐらい(^_^;)
次回は、観光らしいことをしたいなぁ。
他にも、行きたい所ややりたいことがまた見つかりました♪
今年中にもう1回行きたいなぁ(^^)
ダメなら、来年は確実に3泊4日だぁ!
[PR]

# by k_kappy | 2013-03-29 01:41 | 旅行

彼岸の入り

早くも3月下旬にさしかかろうとしています。
今日は、彼岸の入りだったそうで、
昨日、オンマから電話があり、一緒にアッパのお墓参りに行ってきました。

彼岸の入りと日曜日が重なったからか、
たくさんの人たちがお参りに来ていました。
我が家のお寺は、2年前の震災で津波の被害に遭いました。
ということは、お寺の周りにあった民家も被害に遭ったわけで。
マイクロバスでお墓参りに来ていた方々もいました。
確かかどうかは分からないけれど、お寺の周りに住んでいた方々が
仮設住宅に移られて、みなさんで来ていらっしゃったのではないかと。

今日は暖かくて、とてもいいお天気でした。
お日さまが燦々と降り注ぐ中、あらためてお墓を見てみると、
ところどころ、欠けていたり、傷ついていたりしていて、
今まで気づかなかったわけではないけれど、
なんだかとても痛々しい感じがしました。

震災から2年。
我が家の被害が軽かったのは、
このお墓が我が家の被害を全て受けてくれたからだと、今日、ふと思いました。


3月11日の日。
震災について思うことがあって、ブログを書こうと思いました。
だけど、結局、書かなかった。
今日、お墓参りに行ってきて、不思議なことに書こうと思いました。
これからできることは何だろう?
ムリをせず、「自分は何もしていない」という罪悪感を持つことなく、
私にできることは何だろう?
具体的にはまだ思いつかないけれど、

ムリをせず、罪悪感を持たずにできること

これが基準になると、今、書いていて思いました。


なんだか、「思いました」連発の、小学生の作文のような文章でした(笑)。
[PR]

# by k_kappy | 2013-03-17 22:16 | ひとりごと

気がついたら大晦日(^_^;)

今日で2012年も最後の日です。

タイトル通り、「気がついたら大晦日(^_^;)」って感じです。

すっかりこのブログの更新が滞りまして…
今年は、本当にいろんなことがありすぎて、
10大ニュースとか5大ニュースとかでまとまらないぐらいでした。

いいことは、自分にとっていい栄養になるし、自分の栄養にもなるでしょう。
一見、悪いと思えることも、
自分に何かを経験させるための、気づかせるための、
きっかけだったでしょう。

不惑の年を過ぎてもなお、ヒトは成長できるのだと、
しみじみ感じた1年でした。

来年は、もう少しこのブログも更新できるように、
仕事とプライベートの切り替えをしっかりできるようにしたいです。

今年も一年、本当にありがとうございました!
2013年も、よろしくお願いします
[PR]

# by k_kappy | 2012-12-31 20:20 | ひとりごと

「エンディングノート」&大切な人たちへの想い

今日は3部作!
しかも、2番目、3番目の話題は自分の感情を整理するためです(^_^;)
長くなります(笑)。
適当なところで、読み終えてくださいませ


1月26日のこと。
「エンディングノート」という映画の鑑賞会があったので、行ってきました。
この映画は、テレビの特集か何かで知っていて、
機会があったら、観たいと思っていた。

とはいえ、実は、
観たい半面、気分的に観ることができるかなという気持ちもありました。
たぶん、こういう機会がなければ、
自分で映画館に足を運んで観ることはしなかったかもしれません。

この映画は、ガン告知を受けたお父さんが
亡くなるまでにやりたいことや、自分がどういう風に送ってほしいかを
考え、実現していく様子を映像に残したもの。
娘さんがずっとカメラで追い続けていました。

娘さんは、どんな気持ちで、カメラをお父さんに向け続けていたんだろう?
辛くなかったのかな??
そんんたことを観ながら、ふと思いました。
でも、そこは親子。
しっかりとリスト化し、実現しているお父さん。
そんなお父さんに話しかけながらカメラを向ける娘さん。
やっぱり親子だなぁ~と思いました。

この映画を観た帰り道、こんなことを想いました。
1つひとつ、エンディングノートに書いたことを実現していくお父さんに対しての
「よかったね」という想い。

我がアボジは
「あれでよかったのだろうか」という自問自答。

私が、お父さんの立場だったら
「どうするだろうか」という問題提起。

「後悔しないように生きよう」と言ったり、聴いたりすることがあります。
当たり前だけど、このコトバは生きている人にしか言えない。
既に亡くなってしまった人から、このコトバを聴くことはできない。
けれど、この映画の中での、いろんな場面でのお父さんの姿から、
このコトバを聴いた気がしました。


さて。
何行か前に
『アボジはあれでよかったのだろうか』
と書きました。
この機会に、振り返ってみたいと思います。

振り返る前に(^^)
このブログでは、何度かお伝えしておりますが、
「アボジ」は韓国語で「お父さん」の意味で
「オモニ」は韓国語で「お母さん」の意味。
なにせ、韓国好きなもので、使える言葉は使おうと(^^)

では。振り返ることにしましょう。

アボジが亡くなったのは、1994年4月18日。
約4ヶ月前である、1993年の12月中旬、
転移性の肺がんで余命3ヶ月の診断を受けました。
「受けた」と言っても、本人には伝えていません。

健康診断の結果について、先生から伝えたいことがあるので、
オモニに来てほしい
という病院からの電話を私がとりました。
あんまりよくないことだろうとは思ったけれど、
まさか、こんな内容とは。
オモニから聴いた時には、ドラマみたいなことが現実に起こるんだと思いました。

昭和17年生まれのアボジは年代的にも仕事人間。
どうやって入院「させる」か。
これが、ひと苦労。
先生は、肺に関する別の病名をアボジに伝え、
検査入院ということで、どうにか入院。

その日のことで、今でも忘れられないこと。
アボジ・オモニ・私の3人でテレビを観ていました。
ちょうど、午後のワイドショーの時間帯で、
フジテレビのアナウンサーだった逸見正孝さんの
自分がガンであるということを発表する記者会見をやっていました。
何というタイミング。
オモニと私は、平静を装うのが本当に辛かった。
そして、他人事のように「かわいそうに」と言っているアボジに
何も言えなかったなぁ。

先生曰く、本人には告知はしないとのこと。
なぜならば、アボジの性格から、
告知をした場合、滅入ってしまって、余命が短くなる可能性があるから。
まだ数度しか会っていないのに、それを見抜いた先生はすごいなぁと思ったものでした。

とはいえ、検査入院という名の抗がん剤治療。
吐き気が伴い、髪の毛が抜けてくれば、
素人でも自分はガンではないか、ガンだ、と感じるはず。
ということは、告知はしないけれども、本人が気づくという可能性があるということ。

アボジが亡くなった後、何度か考えたことがあります。

「本人に告知した方がよかったのではないか」

結局は、本人に訊いてみなければわからないけれど、
「エンディングノート」を観た今は、
ベストな形で本人に伝わるんじゃないかと思うようになりました。
ということは、我がアボジにとっては、
先生が下した決断がベストだったということ。
面と向かって告知をされるより、
自分で気づいた方が受け入れやすかったんだ。
今、こうやって書きながら、スッキリしました(^^)

私は、アボジが亡くなったことは悲しいけれど、
彼は、一番働き盛りで人生を終えて良かったと思っています。
強がりでなく、そう思います。
たぶん、パソコンも携帯も使えないだろうし、
定年退職した後は、下手したら熟年離婚だったと思うから(笑)。
それに、
午前様で帰ってきた翌日に6時前に起きてゴルフへ行くとか、
週3~4日、「接待」という名のもとに国分町にいたとか
(とはいえ、お酒が弱いアボジは水割りに見えるウーロン茶で付き合っていたらしい(^_^;))
そんな毎日を突っ走った生活をしていれば、
51歳で亡くなったのも、今となってはうなずける(笑)。
しかも、「ガンは金持ちのなる病気だ」とのたまってました(爆笑)。

他にも数々の武勇伝ならぬ身内の恥をさらすエピソードはいろいろありますが、
亡くなったアボジの面目を保つためにも、この辺で止めておきます(笑)。


そして。
たぶん、「エンディングノート」のこととアボジのことは書こうと思っていたけれど、
2ヶ月経った今、書こうと思ったのには、このタイミングだったと思える出来事が
先週ありました。

私がOLになって初めての直属の上司が先週、亡くなりました。
金曜日に、その知らせを元同僚O氏から電話でもらいました。
Tさんという、その方は、本当にステキな方でした。

まだ分煙なんてない頃だったので、
事務所の自席でタバコをふかしながら、ソリティアをやってました。
耳にはイヤホン。
イヤホンからはサザンが流れてました。
これだけ聴くと、どこがステキな上司だと思うかもしれません。
私のOL時代をよく知る人は、お分かりかと思いますが、
そんな過ごし方をしても、仕事をおろそかにしているわけではないのです(^^)
経理担当だった私は、年度末になると決算処理に追われました。
伝票も帳簿も手書きだったので、
3月31日は夜9時ぐらいまでは仕事が当たり前でした。
そんな時、Tさんは、私と経理担当の上司が仕事が終わるまで、残っていてくれました。
サザンを聴き、ソリティアをややりながら(笑)。
それ以外で、たま~に残業している時にも、そうでした。
でも、
「お前たちのために残ってやってるんだ」
みたいな空気は全く出さない方でした。


そんなTさんが異動される時には、本当にさびしかったです。
その後、職場が楽しくなくなったのを今でも覚えてます。
でも、人の出会いはタイミングで、
その時期に一緒に仕事をした数人の方々で、
定期的に集まって飲み会をするようになりました。

たしか、3年前のその飲み会の時。
お店を決めるのに、Tさんが車椅子のため、
車椅子がOKなお店を探してほしいと言われました。
私はてっきり、退職直前に手術されて、人工透析をされているという話を聴いていたので、
体力が落ちていて、念のための車椅子なのだと思っていました。
その飲み会が終わり、ご家族が迎えに来たということで、
みんなで外まで見送りに行きました。
Tさんが車椅子から車に乗り移る時、
彼の片足が停まっている車に触れ、ズボンがその車を撫でたような状態なのが目に入りました。
笑顔で見送りながら、何が何だか分からず、
店に戻った私と元同僚O氏は、自分たちが見た光景を確認しながら、
号泣したのを覚えています。

その後、年に1度のペースで、同じお店で飲み会をしました。
昨年11月に私の退職祝い(?!)と称して集まった時には、
残ったもう片方の足も、壊死が始まっていて、
生きられるなら切ってくださいとお願いしたと話されていました。
会社を退職されて、お孫さんもでき、
Tさんにとっては、身体の不自由さよりも「生きる」ということを選んだのだと思いました。
そんな姿を見て、今まで以上にTさんをステキな方だなと思いました。

昨日、お通夜に行ってきました。
知らせを聴いてからは、ふとボーっとしている時に、
このことを考えていて、何とも言えない気持ちになっていました。
たぶん、このことを事実として受け止めたくなかったんだと思います。
お通夜に行って、受け止めざるを得ない状況になりました。
奥さまに声をかけていただいた時に、
今までフタをしていた感情が爆発して、ドッと涙が出てきました。

入退院を繰り返していて、
昨年の3月11日は入院中だったとのこと。
逆に、自宅にいなくてよかったと笑いながら話されていたのを思い出します。
いつも自然体で、
言いにくいことも、相手のためと思えばハッキリ言って、
人との縁を本当に大事にされていた方でした。

まだ、ちゃんと受け入れるには時間がかかるけれど、
お通夜から帰ってきて思っているのは、
天国で我がアボジと出逢って、一緒に楽しくお酒を飲んでるといいなぁ~ということ(^^)

たぶん、ときどき思い出話をしながら楽しく笑っているのが、
亡くなった方への一番の供養だと思うのです。

いつか、自分にとってのその日が来るまで、亡くなった方々の分も
楽しいこと
うれしいこと
悲しいこと
辛いこと
を経験して、
いろ~んなものを見て、
「後悔しないように生きる」1日、1日を過ごします♪


うん(^^)
やっぱり、このタイミングじゃないと書けなかった。
ここまで書いての結論です(笑)。

もし、ここまで読んでいただけた方がいたら、
本当にありがとうございましたm(__)m
[PR]

# by k_kappy | 2012-03-26 21:21 | ひとりごと

忘れた頃にやってくるもの

忘れた頃にやってくるものはなんでしょう?

いち…に…さん

答えは出ましたか?(笑)


この質問に対する今の私の答えは…

筋肉痛 と 疲れ


年齢を感じさせる答えになりました(苦笑)。

というのも、そんなことを感じた今日この頃だから。


ひな祭りの日のこと。
人生初の確定申告の締め切りまであと12日!
なのに、なぁ~んにもやっていない(滝汗)。
今日こそは!と思い立ち、パソコンに向かうこと数十時間。
ここを合わせたらおフロと思っているうちに、
「チューボーですよ!」が終わり、
いつの間にやらテレビショッピングの時間になり、
それさえも終わり、動かない画像しか放映されない時間になり…
気がついたら、
スズメさんたちが我が家のパラボラアンテナで「チュン♪チュン♪」

3月4日の明け方になっておりました。

ここまで来たら、できるところまで…と思い、
「サンデーモーニング」が終わり、
「笑っていいとも!増刊号」の途中で、やっとこさ睡眠(-_-)zzz

されど3時間ぐらいしか寝られず、
続きを粛々とやっていたら、
「世界遺産」が始まっておりました(笑)。

そんな2日間を過ごしたツケが先週、やってまいりました(T_T)
2日間、ドロのように眠り、
その後2日半、ちょっとずつ動き、また眠り…

いま、ブログを書こうと思えるぐらい復活してまいりました\(^^)/

関係各所のみなさまには、ご迷惑をおかけしましたm(__)m

ムリは禁物です。
(このフレーズ、何度か書いている気がする…)
それを痛感した数日でした。
OLさんの時のように、「有給休暇」というものはないわけで。
「カラダのコエを聴く」ことは本当に大切。
ツケがやって来る前に、お休み時間を設けたいと思います。

あ。
筋肉痛については、日々感じております(笑)。
翌日に筋肉痛になって、ホッとしている今日この頃でございます(^^ゞ

というわけで。
今日は、反省の弁を書かせていただきましたm(__)m
[PR]

# by k_kappy | 2012-03-19 22:46 | ひとりごと

4年に1度の日

たいへん、ごぶさたしております(^^;)
便りのないのは元気な証拠と言います。
その通り、このブログを更新しない間も、元気に楽しく過ごしておりました(^^)v

今日は、2月29日。
4年に1度の閏年にしかない日です。

空白の月を作らないために。
4年に1度の貴重な日に。
という理由で、久々に更新です♪

物の見方や感じ方は人それぞれ。
自分がどう見たか、どう感じたかによって、
自分の心持ちが変わります。
今日1日は、まさにそんな感じでした。

今日は、午後からお志事だったので、
午前中は、我が家でお仕事をしていました。
起きた時から、カラダがちょっと重いかなぁ~と感じていました。
その後も、しっくりくる表現が見つからないのですが、
落ち着かないというか…
いづいというか…

午後になり、お志事に出かけてみると、想定外の流れに!
けれども、無事に対応でき、
その後の予定も楽しくこなすことができました♪

で、今日の1日を振り返ると…
まさに「4年に1度の日だから♪」というひとことに集約されました(笑)。

2月29日ではあるけれど、
2月と3月の間の1日という捉え方もできます。
コズミック・ダイアリーによりますと、
今日は、「フナブ・ク」という時間を外した日なのだそう。
「時間を外した日」とは、毎年7/25にあたります。
前の年でもなく、次の年でもないという、不思議な1日。
今日2/29は、その「時間を外した日」の追加版のような1日。
ということは、2月でもなく、3月でもない1日という捉え方ができるかなぁと。

そんな1日だと捉えると、
今日起こったすべてのことが、
「4年に1度の日だからねぇ~♪」
で私は、腑に落ちました。


さて。
今まで、何度もこんなフレーズを書いた覚えがありますが、懲りずに書きます(笑)。

書きたいことはたくさんあるんです~!

備忘録的に今後、書きたいことを挙げておきます。
☆「エンディング・ノート」を観たこと
☆韓国旅行

ご期待くださいませ~?!
[PR]

# by k_kappy | 2012-02-29 23:47 | ひとりごと

年末年始のあんなことこんなこと

新しい年になりました。
遅ればせながら、今年もよろしくお願いしますm(__)m

どうしても、「明けましておめでとうございます」とは年賀状に書けませんでした。

2012年がスタートして14日。
年末年始はあっという間に過ぎていきました(^_^;)

12月30日
NLPを一緒に学んだ同期生のご夫婦が山形にいます。
「時間を忘れる空間」と言われるほど、居心地のいいショップをされています。

空間企画工房そら・いろショップ→http://www.ku-kansorairo.com/shop.html

いつもは高速バスで山形県庁前まで行って、
こちらのショップの奥さまに車で迎えに来てもらっているのですが、
今回は、ふと「レンタカーで行こう!」と思い立ちました。
そうしたら、
ついでに灯油も♪
とか、
ついでに使わなくなったテニスグッズを売りに行こ♪
とか、やりたいことが浮かんできました。

朝起きたら、雪が積もっていましたが、
レンタカーを借りて、一路山形へ。
高速代を浮かすために、国道48号線をひた走り、
雪に埋もれながら山形へ。
ナビって便利ですねぇ(^^)
ナビの言う通りに走っていたら、あっという間に到着♪

ここに来ると、いろいろと買ってしまうのです(^_^;)
今回もあれこれ買いました。
その中でも、面白いものをご紹介します!
f0057453_011785.jpg

「リトープス」という植物だそうです。

Yahoo!百科事典によりますと
 [学名:Lithops]
 ツルナ科リトープス属の総称。メセンブリアンテマムの仲間で、37種56変種と
 地方型180品種が発見されている。属名は、ギリシア語のlithos(石)とops(顔)の二語からなる。
 原産地は南アフリカ・ナミビアの極度に乾燥した地帯で、片麻(へんま)岩大地の南斜面岩床の割れ目や
 崩壊した礫砂(れきさ)に覆われた立地に埋もれて自生している。
 リトープスはこの礫砂に頂面の色彩と模様が酷似するため発見が困難であり、
 動物の食害からも擬態により身を守っている。

 植物体は極度の乾燥に耐えるため、一対の葉を高度に多肉化させ、雨期に水分を蓄え乾期に備えている。
 秋になると一対の葉の割れ目からつぼみを出し、開花結実する。花は白、黄色であるが、まれに赤色もあり、
 植物体よりも大きい。成長期は秋から春で、夏眠する。


とあります。

「リトープス増殖計画」というポップと一緒に、
いくつも植木鉢が並んでいました。
植物担当は、旦那さまの方で、育て方を訊いてみたら、
年に6回ぐらいしか水をやらなくていいとか。
どうしても、手をかけたくなってしまうところですが、
手をかければかけただけ、育たないかもしれない植物…。
いかに手をかけず、目をかけてあげられるか。
そして、この何とも言えない風貌が、今後とのように変化していくのか。
コツコツお伝えしていきたいと思います。


今年のお正月は、自分のアパートで迎えました。
f0057453_0251421.jpg

このリースは、RQ被災地女性支援センターで作られたものです。
仮設住宅で暮らしているお母さんたちが作ってくださったものです。
これを買うことで、売上の何割かがお母さんたちの手元に入ります。
これも1つの支援だと思います。
これから毎年、このリースを飾ることで、作ったお母さんたちのことを思い出します(^^)


1月2日
何を思ったか、年が明けてからおせちを作ってみました。
と言っても、こちらの2品↓
f0057453_0375335.jpg

伊達巻きは、まきすがなくて、ギザギザをつけることができませんでした。
作ってみると、何を材料にしているかが分かります。
そして、どれだけ手間がかかるのかが分かります。
売っている物よりも、甘さ控えめのあっさり味にできあがりました。


こんな年末年始を過ごして充電し、
今年も本格始動です!
すでに、ハイスピードで物事が動き始めております♪
ハイスピードではありますが、マイペースで行きたいです(^^)
[PR]

# by k_kappy | 2012-01-15 00:49 | 日記